鈴木ツタ先生インタビュー

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

鈴木ツタ先生インタビュー 運命が交差する異国ロマンス♥ド美形一途貴族×小国の堅物政治家 コミックス『BARBARITIES IV』

2022/01/08 17:00

本気の恋に翻弄される様にキュン♥問題発生で思惑が動き出す最終巻!!

 


BL作家インタビュー「801 AUTHORS 108」第2947回
鈴木ツタ/リブレ/ビーボーイコミックス
コミックス『BARBARITIES IV』1月8日発売
サイン本プレゼントあり! 詳しくはインタビュー後に!

 

STORY
昔々、どこか遠い異国の物語。無実の罪で囚われたジョエルの身代わりになったアダム。サイモンの昏い野望がロラインを飲み込む時、それぞれの思惑が動き出す。陰謀と政治。恋と罠。動乱の中、二人の運命が交差する。アダムとジョエルの恋物語、ついに終幕。

 

――作品紹介をお願いします
BARBARITIES(バーバリティース)』4巻です。こちらで最終巻となります。貴族BLってなんとなくみんなが「こういうの」と想像できると思うのですが、実際にはあんまり読んだことないな……? と思ったので描きはじめたお話でした。想像上の貴族BLあるあるを描きたかったのですが、結局作風には勝てず、様子のおかしい漫画になりました。

――主人公たちはどんな攻×受ですか?
他国から出向してきたド美形奔放貴族(アダム)×小国の堅物政治家(ジョエル)です。年下攻めです。



――当て馬や重要な脇役は?
隣国の元奴隷×次期国王や、舞台である小国の少年王と隣国の王子など、いろいろ出てきます。私の周辺だと、アダムの従者ポールが妙に人気です。

――今作のこだわりはどのあたりでしょう?
4巻だけの話ではないのですが、攻が見物客が見ている中変な格好でオークションにかけられたり、攻が見物客が見ているなか変な格好でオークションにかけられたり、攻が見物客が見ているなかボロボロで城の壁の上に立たされたりなど、「面倒だ……絶対に描きたくない……!」と瞬間的に構えてしまう物事をひたすら描いてきました。


――苦労した点、また楽しかった点など聞かせてください
「絶対に描きたくない」と思っていた私の苦労などに気付かず、読者のみなさんに世界観に入り込んでもらえたら嬉しいです。そして楽しんでもらえたらメッチャ嬉しいです。


――今作にまつわる裏話はありますか?
ストーリーは最初から決まっていたことがほぼなかったので、途中「作品名が野蛮人だし、架空とはいえ時代設定は中世だし、いっぱい人が処刑されてしかるべきなんだろうけどなかなか人が死なないな」と悩みました。どこかの地点で「これBL漫画だったわ」と開き直りました。

――執筆中の思い出に残る日常エピソードなどうかがえますでしょうか
イタリアに旅行に行って、トスカーナのモンタルチーノで城壁を見物して、「あっここだ! ここで公開処刑しよう!」とひらめいてしまい、ひたすら写真を撮りました。楽しい旅行が仕事になってしまった瞬間です。4巻の作中に登場しております。


――今、何かハマっていることは?
最近枯れております。金継ぎが趣味ですが、意外とお皿が割れないので、近所の仲のいいお蕎麦屋さんのお皿を直させてもらったりしています。


――発売に関して今のお気持ちはいかがでしょう?
発売前ブルーと言うのでしょうか、いつになっても不安でいっぱいです。

――ちるちるユーザーにメッセージをどうぞ!
3巻まで長らく単行本が出ずお待たせしていた『BARBARITIES』ですが、「次は何年後なんだ」と思っていて、4巻刊行が思ったより早くて驚いた方もいるかと思います。私も驚いております。どうかあなたに楽しんでいただけますように!


株式会社リブレ ビーボーイ編集部 担当編集より
今回の新刊は鈴木ツタ先生初の貴族BL漫画。そんな作品の舞台はどこか遠い異国の物語として描かれています。
貴族BLからイメージするお話とは異なり、陰謀・野望・策略・友情、コメディ(笑)、そしてそんな骨太な世界観をものともせず、1巻からずっとハラハラドキドキの緊張がとまらない恋愛が主軸になっている、新感覚のBLマンガです。

特にいままで奔放に生きてきた、誰もが好きにならずにいられないアダム(攻)が、恋が苦手な堅物政治家に本気で一途な恋をして翻弄される様は、可愛くて、かっこよくて、強くて、そしてカッコ悪いとこも含めて、全てが魅力的です。読んだ人から彼のファンになる事間違いなしです(笑)。
そんな彼が愛する政治家のジョエル(受)も、ただの堅物ではなく、アダムが恋することも必然と思わせる、恐ろしく魅力的なキャラです。
『月刊MAGAZINE BE×BOY』で7年間の連載を終え、ショートの描き下ろしも携えたツタ先生渾身の最終巻『BARBARITIES IV』。
ぜひ1巻から纏めてお読み頂けましたら嬉しい限りです。よろしくお願いいたします!

 

コミックス『BARBARITIES IV


ちるちるユーザーサイン本プレゼント

 

発売を記念して、サイン本をちるちるユーザーにプレゼント! 以下のボタンよりご応募ください!

サイン本プレゼント応募

 

(C)鈴木ツタ/リブレ

関連作家・声優

関連外部サイト

コメント1

投稿順|最新順

匿名1番さん(1/1)

1巻からの表紙、同じアングルで中世ファッションショーみたいに素敵な衣装ばかりです。

PAGE TOP