大きくなったら僕を番にしてくれる?

ぼくは道くんのΩになりたい

boku wa michikun no omega ni naritai

ぼくは道くんのΩになりたい
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神12
  • 萌×218
  • 萌10
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
8
得点
164
評価数
42
平均
4 / 5
神率
28.6%
著者
リトルエヌ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
三交社
レーベル
Charles Comics
発売日
価格
¥670(税抜)  
ISBN
9784815500597

あらすじ

小学生の亮には、毎週日曜日に遊んでくれる道くんという高校生のお友達がいる。
周りのαの人たちとは違い、地味で全然αに見えない道くんだけど、亮にとっては特別な存在で…。
年の差もあるしΩかも分からないし、道くんはこの気持ちに応えてくれる…?

地味で冴えないα×Ωになりたい一途な年下幼なじみの、約10年に渡るキュンキュンかわいいラブストーリー♡

表題作ぼくは道くんのΩになりたい

遊佐道昭,α,高校生→社会人(ゲーム制作)
篠津亮,Ω,小学生→大学生

その他の収録作品

  • パパズ エンカウント(描き下ろし)
  • あとがき(描き下ろし)
  • ふるえる夜のおでん(描き下ろし)
  • 土曜日の決戦
  • ユリアさんと凛ちゃん
  • 亮くん(10才)の価値観

レビュー投稿数8

ヤキモチ焼く小学生が可愛い

なんとも可愛いらしい作品でした。小学生の亮君が高校生の道君との初恋を見事に実らせるまでのお話です。
αなのに地味でα恐怖症の道君。両親共にβで自分もβだと思っていたので中学時代はゲーム三昧でαだという事は周りには言っていません。
片や番カップルの仲良し両親の末っ子の亮君はαの父と兄とΩ姉がいます。
きっかけは不明ですが道君とは日曜日にゲームをする仲で亮君は道君が大好きで、自分がΩだったら番になって欲しいとお願いします。
道君は亮君は大事なゲーム仲間だし、地味な自分には番どころか彼女も出来ないからとあっさりOKを出してしまいます。
そんな時いつも亮君から道君の話を聞いているお兄さんとお姉さんとその番相手から家にお呼ばれに預かります。
α恐怖症の道君はビビリながらも、もしかして将来番になるかもしれないからと、真面目なので亮君ちに行くのです。
道君が真面目で小学生の亮君にも真摯に向き合っているので、いやらしい事なんて全然ありません。
亮君が中学生になってΩと分かった時にもキスだけです。
大学の同級生のΩの友達に番になってと迫られても、俺と番になりたいって言ってる奴が居るからと断ります。
αらしからぬαなのです。
高校生になった亮君が初めてのお泊りに来た時に発情期が来た時も我慢します。
亮君の両親に挨拶が済んでない事もありますが、本能のままに抱いて酷い目に合わせたくないからと、焦ったくなるくらい真面目です。
男だから抱いてくれないのかと不安になる亮君に、発情期が終わってから大事に抱きたかったと…。
両親にも挨拶して晴れて番になる2人。こんなに順番を踏んでるカップルは他のオメガバースには無いと思います。
同級生がΩだと分かった時にショックを受ける姿を見て、初めてΩ性について実感するくらいに亮君ちはおおらかでコミュ力が強いです。
会社務めをしている道君をお迎えに行って、道君の後輩に嫁と紹介されて嬉しそうな亮君を見ると、長い初恋が実って良かったと思います。
そして何だかんだ言って道君も童貞を捧げるくらいには亮君のことが大好きなんです。
地味なαの道君とイケメンに育ったΩの亮君。
全然痛々しく無い、小学生時代の可愛い亮君も堪能出来る新しいタイプのオメガバース作品でした。

3

優しいオメガバース

アンソロジーで1話を読んでからずっときになっていました。
10年越しのおまけに年の差大な二人の恋は最高に可愛くて優しかったです。

ーーーーーーー感想とネタバレーーーーーーー
攻めはαっぽくないαの道。受けはΩになりたい亮。
二人は日曜日に一緒に遊ぶ仲。この関係性が可愛くてたまりませんでした。

萌えポイントは”Ωになりたい”と願う亮の可愛さ。
彼は兄弟が番を既に持っていて、良い環境で育っていたためΩになることに負の感情がありません。
おまけに道の事が大好きなので、彼の番になりたいためにΩであることを願います。ここらへんめちゃくちゃ可愛いんですよね...

良いなと思ったのは道の優しい心。
たとえ友人が発情期のまま迫ってきても、理性的に言葉を紡ぎ決して手を出すことはありません。
αっぽくないけれど、こういうところはαのような気がしました。
でも優しすぎて、亮がΩだとわかったあとも、なかなか一歩を踏み込まなかったりとマイナスに働くこともあります。

亮の兄弟の番たちの関係も気になりまして、とくに姉カップルの百合具合はたまりませんでした。BLでないのが悔やまれます...

そして優しいオメガバースだけれども、Ωの少し暗いところも描写されているのが良いなと思いました。
明るいだけではないバース性について触れ、亮の考えが少し変化するところもポイントだと思います。

10年越しのオメガバース。満足できる終わり方でした。描き下ろしが多いので、それをみるためにも読むことをおすすめします。

1

落ち着いて読めるオメガバース


とても落ち着いて読めるオメガバースでした。

オメガバースものが好きなので、だいたいのオメガバース作品は読んでいましたが、この作品ほど安心して読めるオメガバースはないんじゃないかなと思います。

物語に山あり谷あり、最終的にハッピーエンド!!みたいなものも好みですが、今回の、特に大きな事件とかそういうのがなくて、安心して読めるお話も好みです。


幼い頃から、遊んでくれる年上のαの道くんが好きな亮くんが本当に可愛い。

亮くんは、道くんと番になりたいからΩになりたいとずっと思っている子です。
そんな亮くんを見ていたので、この世界ではΩに対してマイナスなイメージがないのかな?と、思ったりしましたが、それは亮くんの周りにいるΩの人たちが幸せそうに見えたから、なのかな?

道くんと番になりたいと、迫られているうちに絆されている道くん(笑)

αらしくないαということに、少々コンプレックスがあるような道くんだけど、とても優しくて紳士的(ヘタレなだけ?)な人です。
でも、私はそんな道くんが好きだよ!!笑


そんな二人が番になるまでを、心穏やかに読めて素敵なお話でした。

1

出会えたことを神に感謝するって言うくらい好きな人と恋をする事とは。

地味でややコミュ障でヘタレ、っていう設定の、隠れ(?)αの道くんがオットコマエ‼︎なんですよね♡
とっても好感度高し。そんな道くんに小学生の頃から 好きで 好きで、一途に「番になりたい。」と想い続けている亮。そんな二人のピュアっピュアな、所謂「永すぎた春」のお話。

自分に懐いている小学生に邪な気持ちを持つこと無く、フツーに遊んでやり、まだ性別検査も行われていないからと、「番になりたい。」と言い続けるのをいなすでも無く、真摯に受け止める道くん。
主に亮くんの家族に温かく見守られ、成長した二人の恋が成就するまでがとても丁寧に描かれています。
途中、大学の友達に発情期が来て、友達として好きだから番って欲しいとお願いされた道くんですが、亮くんのお姉さんの番 ユリアさんに言われたことを例えに出して。「出会えたことを神に感謝するって言うくらい すげえ幸せそうで。」だからそういう人と結ばれるべきだと説得するんですよね。
「いいかな、っていう理由で俺を選んじゃダメだと思う。」それを聞いた友達、ユノはますます道くんを好きになっちゃうわけですが。いや、これは男前過ぎる‼︎惚れてまうやろー‼︎
そういう道くんだからこそ。好きにならずにいられないんですよね。
まだほんの子供の亮くんが、自分のお姉さんにヤキモチを妬く様子も可愛い。
Ωになれれば、αの道くんの番になれると願い続けて来た亮くんだけど。
オメガ性とは関係なく、亮くんを愛しているということをきちんと告げる道くんの男前さ。
彼は所謂 華やかなαとは一線を画すタイプかもしれないけれど、それでもその男前さはやっぱりαだよね!と、きゅんきゅん♡させてもくれるのです。

亮くんのお兄さんが 容姿端麗、優秀な弁護士という テンプレ的なαなんだけど、その番である柊真くんは発情期じゃない時はエチをしないと言い切っていて。ツンデレが過ぎる彼の物言いはちょっとだけ不穏だったりするので、彼らのスピンオフはぜひ読んでみたい。
時に辛辣だったりするけども、彼なりに亮くんを大切に思っているのも分かっていて。
篠津家の末っ子は ものすごーく愛されているというのが良く分かる。
また、この家はいずれもα × Ω カップルの家なんだけど、どういうわけか、男 × 男。女 × 女。という、男女性別で言えば 皆 同性婚なのだ。そして社会もその面では開かれているという少し進んだ世界観。オメガバースはもちろんファンタジーだけど、それ以上に大切な心の在り処を描いてもいる。
優しい物語でした。絵はちょっぴり雑かもしれないけれど、それも味があると思います。
亮くんのプルプルなんて、可愛くて。ポップカラーの表紙も好きです♡

0

健気な恋心

幼き子が、近所のお兄さんを、
友達としての好意から 種を意識する"好き"に変わり、健気に思いながら成長する姿にキュンキュンしました。

好きな人の番になりたい、だからΩでありますように…
αの高校生 道くん(攻)への、亮(受)の、小学生という幼いながらの健気な願い、可愛いです!
種の決定の時期になっても、友人 イガちゃんが"Ω"との判定に怯える様子を見て"僕のなりたかったΩという性は 一般的にはこういうものだということを知った"と考えつつも、それでもΩへの揺るがぬ願いに、本気を感じました。

理性を失わずに番いたいと思う道くんにも好感が持てました。

αだから、Ωだから、という種が先行して惹かれ合うわけではなく、
好きな人がαだから、番になりたいから、Ωになりたい、 という感情…恋する楽しみと、考えざるを得ない種への戸惑いの両方が伝わり、オメガバースの面白さを感じました。

1

暗くないΩ

Ωバースものって暗いお話が多いのであんまり好きじゃないんですがこれはちょっと違ってました。大好きな近所のお兄ちゃんと番になりたいからΩになりたい!ってずっと思い続ける少年のお話。最初の方はまだ主人公亮が小学生なのでどちらかと言うとショタの方で地雷がある人もいるかもしれません。でも、安心してください、さすがに小学生、中学生には手を出しません。
エッチな場面はそんなにありませんし、小学校高学年から高校生になり、発情期を迎える辺りまでの日常的な二人の何気ない毎日を丁寧に描いています。エッチにいたるまでの過程を重視する方にはおすすめできる一冊です。

1

琴香

私もです〜!
オメガバース を少し避けて他部分もあったのですが、こんなに温かいオメガバース に出会えて良かったなぁなんて思ったり。二人をみるとほんわかした気分になれます。
レビューが素敵だったのでグットさせて頂きました(*´꒳`*)

ショタっ子!超きゃわわ♡

毎週末一緒にゲームをして遊んでいる高校生の道くん(α)と小学生の亮。
「道くんには自分以外友だちがいない」と思っていた亮が、道くんが学校の友人と遊んでいるところを目撃して恋を自覚!

「大きくなったら僕を番にして」
発情期はおろか、性別検査もまだの小学生からの告白に
【亮がΩだったら番になる・亮の性別がわかるまでは他の人と番にならない】
と約束する道くん。・・・優しい♡
チョイチョイ何度も「亮がΩじゃなかったら自分はただのヤバい奴」だと実感してる道くんが可愛かったです♪

亮の家族がなかなかに濃いキャラが揃ってましたね!
あとがきにスピンオフ予定があると書いてあったので楽しみですが、
個人的には亮の兄の番の柊馬のお話だったらいいなぁ♡

0

オメガバース小学生版

隣のお兄さん、道くんが大好きな小学生、亮のお話。とにかくタイトル通りで、ひたすら道くんが好きでアタックし続けます。
亮の家は、父、兄、オメガの姉の番さんと、優秀なアルファ揃いですが、まだ性別の分からない亮は、道くんと番いになるために、オメガだったらいいなあ、と思っている。
一方の道くんは、ベータ家に生まれたアルファで、優等生ではなくゲーム(作る方の)オタク。ちょっとテンプレアルファからは外れている。

そんな二人の、ほのぼのしたやりとり。
逆にいうと、それだけで終わっているような。なかなか手を出してくれない道くんにやきもきするも、すれ違いはそれくらいで、後は好き好き、しょうがないなぁ、みたいな感じで終わります。
背景もあっさりしてて、ちょっと物足りなかった。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う