真冬さんはどうしようもない

mahuyusan ha doushiyouo nai

真冬さんはどうしようもない
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1
平均
4 / 5
神率
0%
著者
かがちはかおる 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
ayapii 
媒体
小説
出版社
いるかネットブックス
レーベル
bijou
電子発売日
価格
ISBN

あらすじ

社内恋愛はやめようと誓ったはずなのに、元上司・吉村遼平と不倫している高崎真冬。
取引先の営業・西河原達己にも迫られていて、彼に惹かれつつも吉村との不倫を清算する勇気はない。
恋愛下手で流されやすく、どうしようもないけれど愛おしい。
そんな真冬が本当の恋愛を手に入れるまでの物語。

レビュー投稿数1

心理描写が楽しかった

読後評価はそんなに悪くないのに、知名度が低くて読者が少ないのか、
作品にレビューが付かない作家さん。
Twitterには、「細々書いて・・」・・著者のボヤキが気になっちゃう。

表紙が可愛い一冊を選んで読みました。
70頁。
元上司・吉村遼平と不倫している高崎真冬
流され易い・変化を好まない性格の真冬が、不倫を清算して、新しい恋を始める物語。

ありふれたテーマの小説を選んじゃった。
気になった「花は咲かずに散るばかり」を選べばよかったかな?と、冒頭読み始めでやや後悔。

心理描写が丁寧で上手だと思います。現実味ある描写、リアル。
でも丁寧な描写が仇になって、前半の導入部分に頁数を使い過ぎて、
後半の転から結に掛けてが駆け足になり、話が突然終わってしまう感を受けました。
せめてその後を少し匂わせる文が欲しかったかな。

「小説家になろう」出身の作家だそうですが、ID削除済みで、跡もない。当時のファンは消えてしまったのかな?
名と作品を売る場が商用本紹介コーナーとtw+HPだけ。
・・出版社の意向なんだろうけど、これって販促効果を考えると負ではないの?既存のファンが後を追えない形になっている。

HPは、作品紹介を淡々と貼って本屋サイトにリンク。
作者の想い入れというか、オシの部分を一文でも添えてあれば興味を惹くのに、欲が低いなーと思いました。

文章力、表現力とか、力量に不満無い作品なのに、知名度が低いままって、勿体ない。
 売れるまでは、利益より名を売ることを優先、とにかく数多く書く。
 書くものは、読み手に合わせない。
 書きたいものを書いて、作品を好む読者が付くまでひたすら書く。・・と、身内の作家が言ってました。
・・でもこれも、基礎の運転資金が無いと継続できない。
作家や物を作る生業は、ファンが増えないと食っていけない、人気稼業って苦労が多い仕事ですね。

1

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う