星の丘プレミアムマンション203号室

hoshi no oka premium mansion203goushitsu

星の丘プレミアムマンション203号室
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神10
  • 萌×213
  • 萌10
  • 中立4
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
9
得点
136
評価数
38
平均
3.7 / 5
神率
26.3%
著者
会川フゥ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
コアマガジン
レーベル
drapコミックスDX
発売日
価格
¥685(税抜)  
ISBN
9784866533063

あらすじ

何不自由のない生活を送っていた輝の暮らしは、父親の会社の倒産で一変。
“星の丘プレミアムマンション”とは名ばかりの、ボロアパート住まいを余儀なくされる。
おまけに、隣人の王子ひかるは、生活能力のない変人発明オタクだった!!
絶対に関わりたくないタイプだと思っていたハズが、いつのまにか王子のペースに巻き込まれていき!?

表題作星の丘プレミアムマンション203号室

王子ひかる 大学生・変人発明オタク
一之江 輝 大学生・元お金持ちお坊ちゃま

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • カバー下イラスト

レビュー投稿数9

コントみたいな偶発ラブ♡

大学生同士のお隣さんもの。

裕福な家庭の生まれで苦労知らずの一之江輝。父親の会社が倒産したため、それまで住んでいた高級マンションからオンボロアパートに引っ越すことになって、人生未体験ゾーンを開拓していくお話。

キラキラな勝組だった主人公がいきなり底辺に蹴り落とされたのに、なんでこんなに明るくて前向きで、おまけにラブまで掴み取っちゃうような奇跡のBLになるのだ!やっぱり、受けがいつもストーリーを盛り上げてくれるのかもなぁと思います。会川先生の受けが大好きです♡

まずなんたってカップリングがいいんですよね。輝もひかるも全く属性が異なるタイプなんだけど、会話で少しずつフィーリングが噛み合っていく感じが読んでて伝わってくるっていうか、なんかコイツ信用できるかも、っていうのの積み重ねが恋に繋がっていくような感じが萌えるんです。

そして群像劇とまではいかなくとも、メイン二人の交友関係が良識的で好ましい人たちばかり。ボロアパートの住人で何かと輝の力になってくれる篠崎さんとか、輝のバイト先のオーナー、隣室のひかるが所属する発明サークルのピュアな部員たち、もともと輝が仲良くしていたセレブ友達も空気を読んでくれて深追いせずに去ってくれたりとか…笑

あと、輝のお父さんもちゃんと仕事見つけるし、お母さんが家探しをしてくれて引っ越しのご挨拶まで送ってきたり…っていう、顔出しは無いけど家族の存在感があたたかい。

仲良しで唯一無二な感じのカップリングにいつも羨ましくなるけど、彼ら自身が好人物だから周りも協力的なのかな?と、今作を読んでしみじみ思いました。

ちょっと元気をもらいたい時にぜひ!

4

コメディによって際立つ胸キュンが最高

発明オタクの攻めと、元お坊ちゃんの受け。
一見すると凸凹していそうな組み合わせですが、これがもうガッチリとはまっています。

まずキャラが良いです。これ!と言った悪役もおらずみんな優しく、攻めも変人ではありますが優しくて時に男らしく、受けはなんだかんだ素直で世話焼き。お互いがお互いのこういう所に惹かれたんだなあというのがしっかり伝わってきます。
全体的な作品の空気があたたかいです。コマ割りも自然で漫画としても非常に読みやすく、表情の変化や動きでコマが大胆に分けられるのも素敵です。

また、コメディ的な雰囲気でありながら、ここぞという所はしっかりキュンキュンさせてきます。
特に、ハッテン場と知らず潜入した映画館で、攻めが慌てながらも受けを抱き寄せるシーンが好きです。
どさくさに紛れたシーンではあるんですが、その時のことについて受けが思い出してはモヤモヤ考える一連の流れが、大好きな人にはもうたまらないと思います。

Hシーンも長くはありませんが、書き下ろしで受けが事後に言った「ドSメガネ」これがもう良すぎる。また攻めがそれに無自覚なのもいいです。
絵に描いたようなドSではなく、ふと垣間見る一面がナチュラルにSなのが無理ない設定で最高です。

読後のほっこりを味わいたい方、カップリングに惹かれた方、コテコテのBLよりも少しコメディ要素があってドタバタしつつキュン…とする感じが読みたい方は必読です。

3

日常系+BL

謎の中毒性で、読了後何回も読み返しています。
こちらの作者さまの作品はこれが初読みですが、ちょっと青年(少年?)漫画風の作画ですね、篠崎さんのキャラとか。
私は好きな感じでした。

不自由なく裕福に育ってきた一之江が、父親の会社の倒産によってボロアパートへの引っ越しを余儀なくされ、隣人となった王子(名前です)と交流を深めていくお話です。
ただの隣人だった王子が特別な存在になっていく様が日常系のちょっとギャグ風味なストーリーに絡んでくるのがたまりません。

セリフの無いページが結構あるのですが(初キスのシーン)、まるまる3ページ、無言で。
気がつくと、息を止めて読んでいました!

読み返すたびに、あーこれいいかも→めっちゃいい!と印象が良くなる不思議…。この感覚はあまり経験がありません。

作者買いをする作家さんリストにまた一人、会川フゥさんが追加されました♡

2

環境変化の効用かしら!

じわじわ効く。

一之江輝くんは、裕福な家庭で育った大学生です。ある日、父親の会社が倒産しちゃって恵まれた環境から、一気に「星の丘プレミアムマンション」という、ちょっとおんぼろなアパートに越してくる…

そこで王子ひかるくんと出会うわけですが、何分違いすぎる環境にいた二人。特に一之江輝くんは、なかなか慣れない生活に苦労します!


でもね~お坊ちゃまだった割に一之江くんは、環境に馴染んで行くんです。意外にお料理出来るし、掃除も出来るし。良い子っ!

お隣の王子ひかるくんは、家族と縁薄い、なかなか苦労人です。でもね、好きなことには一生懸命。
でも生活能力低いんだわ…

アパートの壁は、王子ひかるくんの発明で崩壊!穴開いちゃった!まあここから心も実際の距離も近づいて行くんですよ!

人間、取り巻く環境が変わった時離れていく人達もいます。でも、それがきっかけで新しい関係性が生まれたり。本来の自分らしさとか、違う良さが発揮出来たりするんだよなぁ。

二人はじっくり、近づいて、互いが大切な存在とわかるんです。

もう二人が可愛くて…じわじわ効きますね!

キスして友人じゃないとわかって、意外に早くえっちします!一之江くんが受けです!意外なことに王子ひかるくん、いーいカラダしてるの❤
ちょっとギャップ有ってよろしい!
ちゃんと自覚してからのえっち良いです!

描きおろしは、慣れてきた頃のえっち!感じ過ぎちゃう一之江くん可愛いんだよ!

6

ある意味プレミアム

父親が社長で何不自由なく過ごしてきた輝と
母親が病弱で親戚の家に預けられて過ごしてきたひかる。

ある日、輝の父親の会社が倒産してしまい
【星の丘プレミアムマンション】という名称は
洒落ているボロアパートに引っ越した先のお隣さんが
同じ大学に通うひかるで。

育った環境も真逆なら容姿も家事スキルも
バイトスキルも正反対なのに名前が一緒のひかると輝。

ひかるの開けた壁の穴でコミュニケーションを
とり、ふたりで支え合いながら何気ない日常を
過ごすうちにおのずと近づいていく距離感や空気感が
微笑ましかったです。
周りの人達も温かくてほのぼのします。

辛い時やしんどい時に見返りなく側に居てくれる
ひかるの存在の大きさに気付き、
気持ちを確かめるために何度もキスをするシーンは
きゅんとしました〜。
それからごく自然に肌を重ねて迎えた朝の食卓の
くすぐったさといったらもう…!
ひかるのイイ身体はずるいし…!

そこまでの流れがとても丁寧だったのでラストが
少し駆け足に感じてしまいましたが、
描き下ろしでその後のふたりのいちゃこらが
見られたのでよかったです。

5

手作りプラネタリウムがスゴイ!

ひかる…同じ名前の正反対な二人が、お互いを補い合いながら関係を深め成長していく。
なんだかほのぼの感も漂う、テンポのいいコメディです。
アパート住人の情報通パーマのおばちゃんは出オチ?と思いきや、実はパーマのおじさん><
王子の所属する発明サークルメンバーも個性豊かでした。

父の会社倒産で環境が激変した、元お金持ちリア充大学生の一之江輝。
引っ越した先は、プレミアムマンションという名ばかりのボロアパートで、
環境の変化を受け入れる余裕もない状態のなか、
発明オタク大学生の隣人、王子ひかるの発明失敗で、薄い壁に空いた穴から交流が始まる。

一之江はお坊ちゃまですが、生活力のある世話焼き男子。なのにバイトが上手くいかずクビばかり。
王子は発明オタクで生活力がなく、一之江に世話される状態ですが、バイトは掛け持ちの苦労人。

空いた壁穴には布一枚だけで、毎日一緒に食事をとり、隣人というより同居に近い状態。
一之江は環境も変わり、付き合う人も変わっていく辛い現実の中で、
王子の今までの不遇な環境を知り、前向きな姿勢で一生懸命がんばっている王子との関わりが、
新しい環境での自分を支えている事に気付いていきます。
心細さを支えてくれた王子の存在で近づいた二人の距離が、なぜか王子に避けられすれ違って…。

以前、違う世界でキラキラ輝いてみえた一之江に、王子は憧れを抱いていたんですが、
一緒に過ごすことで、恵まれた環境ではなく、一之江の人柄で輝いていたと気付き好きになっていた。

やっぱり、気持ちが通じ合って近づいていくドキドキ感はいいですね><
王子は現場のバイトで鍛えられているので、実は脱いだらスゴイんです!
メガネを外せば切れ長の男前…あ~~~ギャップ萌え。一之江の男前な受け感も良かった!

父の仕事が決まったことで、急に生活が改善され引っ越しすることになる一之江が、
最終的には王子との生活と、環境に甘えずに自立することを選ぶ成長をみせる!
こうして大人の階段を上っていくんですね…。

序盤に一之江の不満が爆発して、窓から夜景も見えない!と八つ当たりで王子にグチり、
手作りプラネタリウムをプレゼントされるんですが、
ボロ部屋の中でもキレイな、キラキラ描写がほんとうにステキです!
一之江が新しい生活に向き合う、前向きな気持ちになれたことがよく解る、とてもステキな場面でした。

描き下ろしのあまイチャ、声が大きいと王子に指摘されて、スゴク恥ずかしがる一之江ですが、
やっぱり声が出てしまい、王子に口を塞がれる…
事後、一之江からドSメガネ呼ばわりされても、無自覚なSの王子がなんだか爽やかに見える><

※シーモア購入:修正なし。局部のみえない描写で、手や表情などのエロ萌えがよかったです。

4

ほんわか貧乏生活

親が金持ちで何不自由ない生活から父親の会社倒産により一変。
今まで仲良かった類友とは疎遠になり、住んでいたマンションも住めなくなり
母親が準備した「星の丘プレミアムマンション」に引っ越すことに。
着いてみたらマンションとは名ばかりのボロアパート。
今まで経験したことない、他の住人と関わったり人生初のバイトをしたり。
でも、輝の元々の人柄もあり、住人には歓迎され、バイト先オーナーにも可愛がられるので
全然暗くもなく表紙イメージ通りのほんわかストーリーでした。

BのLに関しては、
私の好きなシチュ『ボロアパートでお互いの部屋の間の壁に穴が開く』という
パターンが拝めて幸せでした♪

4

地味めだけどギャップが素敵

冒頭からリア充パリピかぁ…と思ったら
父の会社が倒産してまさかの大転落って気の毒ながらも
一応ちゃんと引越しの挨拶したり自炊出来たり偉いなぁと感心してしまいました。
陰でこそこそ言う奴らもいれば、声をかけてくれる良い友人もいて
こういうところで人間性が顕著に表れるよね…。
ボロアパートの隣人・王子、発明はすっとんでますし
物音がうるさいのはかなり迷惑ですけども
ごくごく常識人で、「夜景が見えない」と言った輝の為にプラネタリウムのようなもの作ってあげるなんてホント優しい!
前から気になってたからそうするのも不思議はないですが
それ以外でもただの隣人以上の思いやりをくれてじーん…。
輝が一番しんどい時に傍にいられた人物が王子で本当に良かった。

なんといっても、王子が輝を抱く時に男丸出しにしてきたところにときめきました!
いつもは穏やかなのにズルイ(両手で顔を覆う)
あとは発明サークルの仲間たちがみんな眼鏡で結構人なつっこいのでとても和みました。
萌ですが萌×2寄りです。

1

2人なら。ボロアパートもプレミアム

ほのぼのとしみじみといい話でした。

星の丘プレミアムマンション…って。
どんなセレブな億ションかと思いきや。超ボロいアパートなのね。
主人公の一之江は父親が社長さんでこれまでは贅沢な暮らしをしてきた。だけど会社が倒産していきなり転落しちゃうわけ。
それでこのボロアパートに引っ越してきてすごいカルチャーショックを受けるわけだけど、隣に住んでいた同じ大学の男子・王子ひかると知り合って…っていうお話。
まあBLですから。2人が恋人になるわけだけど。
今までの生活だったら絶対に接点のなかった2人が、っていうその流れがね、この作品のキモ。
主人公の一之江は元金持ちのお坊ちゃん。だけど、彼は「金持ち病」的なものはなくて隣人の王子や彼のオタクな友人たちを下に見たりはしない。
それに彼の両親も倒産した後は次に向かって行動してるし、要は登場人物みんないい人なんですよね。だから読後感も爽やか。
また、一之江はもちろん王子の方もゲイ設定無いんだけど、自然にお互い好きになってあまり葛藤は無い。そこは作品によってはえ〜?と感じる時もあるけれど、本作の場合はほのぼのしくて、21世紀の空気感はコレかという気にさせられる。
そんな感じなので私的にはHシーンは無くてもイケたかな〜と感じたけど…
特に描き下ろしでの王子はオスみが漂ってて、ちょっとドキドキした。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う