β→Ω性別変異

神様はちょっとだけいじわる

kamisama wa chottodake ijiwaru

神様はちょっとだけいじわる
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神8
  • 萌×21
  • 萌16
  • 中立5
  • しゅみじゃない2

253

レビュー数
8
得点
97
評価数
32
平均
3.3 / 5
神率
25%
著者
稔ねんこ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
オーバーラップ
レーベル
リキューレコミックス
発売日
価格
¥690(税抜)  ¥745(税込)
ISBN
9784865545166

あらすじ

『僕は将来、直くんといっしょになれるって信じてるよ』

平凡なβの直は、ある日昔引っ越した幼なじみのα・凪と再会する。
綺麗で完璧で王子様のようなαの凪は、成長しても昔交わした“約束"を大切に覚えていた。
愛おしく抱きしめられ、思わずときめいてしまう直。
ところが久々の再会を懐かしむ中、直の身体になぜか『βに起こるはずのない発情』が起きる。
それは第二の性別が数万分の一の確率で変異した兆候だった――…

大型新人、待望のデビューコミックス

表題作神様はちょっとだけいじわる

暁世 凪 α,サラリーマン
直 β→Ω,大学生

その他の収録作品

  • Dear, my lover(描きおろし)
  • カバー下:イラスト

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数8

サラッと読み終えてしまった

絵はふんわり優しげなかんじがとても可愛らしいんです。

でも…ときめき要素も真新しさも何もなかった…。

幼少期に出会い友達になった二人。
大切な人、大切な思い出としてずっと心の真ん中に置いていた攻めの気持ちは分かるんです。

だけども受けは流されるままあのハピエンに行き着いたように見えてしまう感動の薄さ。
早送りかな、と思うくらいには早足というか心を揺らしてくれるような感情の起伏や大した見せ場がなかったと思います。
そもそも攻めのことを覚えていない時点でな…何か事情があったとかではなく単純に忘れてるだけ。

オメガに変異したせいではあるがただ攻めと体の関係を持ち続けたところに現われた可愛い女の子が攻めの番になる人だと思い込み勝手に傷付き距離を置いたところでモブに襲われかけたところを攻めが助け誤解も解け子ども時代の思い出もよみがえってきた、俺も好き!→ハッピーエンド(ここまで一息)
ってこれはもう少しストーリーに捻りというかオリジナリティなスパイスもたせてほしかったぞ。

そもそも昔のことをよく思い出せてもいないのに肉体が欲するまま攻めを求めてなし崩しに一緒にいたようにしか見えなかった。
そして過去を思い出したからこそ今の君も愛しい、好き!って直結しますかね?

攻めの長い片想いが成就したからこそ受けの方はいい加減に見えてしまい萌えられませんでした。

0

色々中途半端



ベータがオメガに変転とか、幼馴染とか、アルファ至上主義の両親とか、オメガが嫌いとか、要素は面白いと思うのですが活かしきれてなかったように感じました。



<あらすじ>
大学生でベータの直(受け)は最近眠ってばかりで体調が思わしくありません。
そんな時、幼馴染でアルファの凪(攻め)が引っ越してきて、よくわからないうちに関係を持ってしまいます。
それからも、部屋で会う度にずるずるとそんな関係が続き・・・
体調が悪いのも相変わらずな直は、友人達からの指摘で調べてみると何故かベータからオメガに変転していました。



せっかくオメガバースなのに、普通に幼馴染が再開してうっかり関係持ってしまいそのままずるずる‥な話とたいして違いがなかったように思います。

ベータから変転するのは運命のつがいが関係してるのではみたいなことがはじめの説明で書いてあったのに話の中では特に話題にもならなかったし、凪はアルファ至上主義の両親に育てられ、過去に匂いでオメガに誘われてからオメガが嫌いになってたのに、直からオメガの匂いがしてる中抱きたくなかったとかいいながら、そのあとは気にならなくなったとその話はなかったかのようだし、何個もフラグ立てておきながら全部流して終わってしまった感じでした。
中途半端にするくらいなら、盛りすぎな感じの設定を減らしてもう少し突っ込んだ話にした方がよかったのではと感じました。

0

あ、覚えてないんだ…

再会ものですが、片方は覚えていない。

よく”事情”があって記憶がないなどはありますが
この作品は直が「普通にただ覚えていない」というのが
なんとも・・・。
凪は引っ越した後もずっと直を想い続けて直の元に戻って来るけど
直はさっぱり覚えていないのがちょっと寂しかったです。
直の親は感激する程戻ってきたのを喜んでいるのに、
この温度差に初っ端テンション下がっちゃいました。

でも、凪の一途さには胸キュンでした。
初めての相手だったΩや、α至上主義な両親の影響で
Ωに対していい感情を抱いていない凪が
βだと思っていた直からΩの匂いがして戸惑うシーンは
そわそわしちゃいました♪

0

惹かれ合うのは 属性だからか 恋なのか

"α"として特別扱いされていた過去、
Ωの匂いにカラダが反応してしまった過去、だからΩが苦手な事、
"Ωだったから誘われて抱いてしまった"と誤解をさせて好意を寄せる人を傷つけてしまった事、
傷ついて傷つけて悩むαの凪くん。

忘れかけていた大切な過去、
思い出の中ででしか会えていなかった人との再会と、βからΩへの性別変異、
自分がΩだから無意識にαを誘い、αの人生を悪い方向に導いてしまったという後悔、
受け止めきれない現実と恋の狭間で悩むΩの直。

すれ違う2人の思いが、過去を絡めながら、家族や戦友の力を借りて、一つになります。感動のハピエンです。αでもβでもΩでも、2人の気持ちは変わらなかったはずですが、きっかけや後押しを性別変異がしてくれたのかなと思うと、運命の番と出会って体質が変化することも悪くないなと思えました。悩んで迷って傷つくキャラが大好きなので、一筋縄ではいかぬ作品で面白かったです。
凪の戦友 日和ちゃんもすごく魅力的でした!!

凪くん、直、お幸せに( ^ω^ )

0

帯あおりすぎ注意

思ったほど性別転換での事件性はなかったです。
幼馴染ものって感じでした。

帯でβ→Ωへの性別転換をあおってるものだから
期待しすぎてしまいました。

ただ、幼馴染オメガバースもの、でも十分です。
デビュー作ということですが、絵柄がとてもいいですし、子供の書き分けもとっても上手で
野暮ったいβ君の感じとかすごい上手だなって思います。

α性でいいやつがいない作品なので、唯一の攻めαがなんかすごいいい子にみえる
ギャップがありますw
いや、きっといい子なんですけど、取り立ててそこまで。。。っていう感じです。
素朴な受けくんが天使に見えます。

これからの作品が楽しみです。

0

流されオメガバース

再会もので、突然変異という設定はありますが、王道路線だと思います。
扱われている題材にしては、重くなくあっさりめで読めました。

ーーーーーーー感想とネタバレーーーーーーー
受けの体質変化が主軸になりつつ、攻めの感情がところどころに入り込んできて話は進んでくる形です。

とくに受けの流され体質なところの描写が多かったですね。
本人の自覚がないところで、Ωへ変化していたら、身体も気持ちもついていかなくて、”よくわからない”と思考を放棄するのも理解できます。
流されなので会うたびえっちしてしまうところは、互いに恋人という認識でないので、すれ違いに発展していきます。

最初から攻めの好感度はカンストなので、受けの気持ちがそこへ追いつくことでハッピーエンドを迎えます。ワンコ攻めではないのですが、ワンコ感がありました。

最後はらぶらぶでとても甘い雰囲気を味わうことができます。
ところどころに、2人の幼い頃の描写があるのもポイントですね。とてもかわいかったです。

1

期待し過ぎた

電子版で読みました。軽いライトな感じ?
再開して直がΩに突然変異しちゃってた為か、すぐにセックスしちゃってます。会うたびしてます。
絵は綺麗というより可愛いです。
凪は子どもの頃から直が好きですが、どちらかといえば直は体質変化に気がついてなかったので流されている感じです。
周りからの指摘で自分でもおかしいと思い、市販薬?で検査してました。
凪を好きだと気付きますが、勝手に凪には相手がいると勘違いします。
最後に凪の婚約者だというαの女性が出てきますが、α至上主義の両親に反抗する同士のような存在らしいです。

サクッと読めました。
それだけでした。

1

んー、、笑

話が飛び飛びな感じがして読み切った感は、しないけど絵は上手いし、良きだと思う!

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ