生意気男子×面倒見のいい年上リーマンのじれったい年の差ラブ!

コミック

  • SV、恋の進捗について。

SV、恋の進捗について。

SV koi no shinchoku ni tsuite

  • 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作SV、恋の進捗について。

安藤(20),強気なコンビニ店員
米村聡馬,面倒見のいいコンビニSV

その他の収録作品

  • 描き下ろし

あらすじ

「俺だって、あいつが可愛いと思ってんだよ」

コンビニの“SV(スーパーバイザー)”として店舗をまわる米村は、
10個以上年下の生意気なアルバイト・安藤と恋人未満の関係。
もうすぐ安藤が成人するのでその時は…と密かに覚悟を決める米村だったが、
多忙なためになかなか会う時間が作れない。
そんな中、新しいバイトの三津原にセクハラまがいのスキンシップを受けていて…!?


生意気な年下男子×面倒見はいいけど少しズルイ大人の
じれったい年の差ラブ!

作品情報

作品名
SV、恋の進捗について。
著者
中田アキラ 
媒体
漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA
レーベル
あすかコミックスCL-DX
発売日
ISBN
9784041084632
3.5

(79)

(13)

萌々

(30)

(26)

中立

(8)

趣味じゃない

(2)

レビュー数
15
得点
271
評価数
79
平均
3.5 / 5
神率
16.5%

レビュー投稿数15

米村の素の部分がよき

コンビニシリーズの米村メインのこちら。

いやいや、米村が素敵で❗
以前は、攻めだったのですよ。だけど、今作は、受けになっています~❗

でも、色気のある米村は男前受けとして素質があったというか。

年下の安藤のため、意外に、いや、必然的に受けにまわっていてすごいなあと思っちゃいました。
でも、まっすぐな安藤の気持に答えてあげたいと思うと、米村の性格だとそうなるのですね。
安藤だと、素で過ごせて安心出来るのでしょうね~❗

さて、当て馬として三津原が登場。なかなか、放っておけない事情を抱えていて。
SVとしても、米村の性格からも放置出来ない。難しいですよね。

安藤にも、三津原は絡んで来るし。
なかなか手強い。
ですが、そこは男前な米村❗️ちゃんと、重要度は間違えない。
安藤、良かったね、好きになった相手が米村でさあ。

さて、米村が受け練(❤️)に励み、安藤の20歳を待ち、念願の初えっち。

これから、安藤の成長も著しいでしょうし、体力もあるし、ふたりの時間を楽しみながら、米村にはお身体ご自愛頂きたいっ、と切に願います❤️

2

好きです

めっちゃ好きなやつ︎︎︎︎

0

※注※ スピンオフ続編です

表紙・帯・裏表紙。見た瞬間ビビビッときました。
大好物の匂いしかしない。GO!即レジ。

で。ワクワクと読み始めると。
あれ?あなたたち、何の話をしてるの…?
ついていけない…お願い、分かるように話して…。

ス ピ ン オ フ だ っ た 。
3 話 目 か ら ス タ ー ト の 続 編 だ っ た 。
。゚(゚´Д`゚)゚。

ーーーというわけで。
「店長、恋です。」の「米村シフト」の続編です。
安藤×米村のお話は前作に2話分収録されおり、今作の1話目は実質3話目に当たりますので要注意。あらすじのようなモノローグはあるけど話の流れが掴みにくいので前作を読んでからがオススメです。個人的には未読と既読では内容の印象もガラリと変わりました。


さてさて。
前作で曖昧な関係に収まった安藤と米村。1年たっても関係に大きな変化はなく、あるとすれば、米村の家で度々会うようになったこと。時折キスをする関係になったこと。

前作から1年経ち、米村の内側はジンワリと変化しています。
安藤がかわいくてかわいくて構いたい。
安藤のことを考えると会いたくなる。
米村の中では20歳になったら一線を越えようと考えていました。
しかしそのことを安藤は知るよしもなく…。

米村の仕事面では、担当している店のバイト店員・三津原に頭を悩ませていました。仕事は出来るけど問題点も多く、米村を見ると尻を撫でてきます。

そんなある日、安藤の20歳の誕生会の約束をしている日というタイミングで、
三津原のらしくない青ざめた顔を見てしまいます。
米村はほっとけなくて、安藤の誕生会をドタキャンしてしまいーーーと展開します。


前作未読で読んだ時は
米村は大人であるがゆえの臆病な部分もある包容力受けなのかと思いました。
けれど前作を読んでから読むと「米村ぁぁ成長しろよ!!」という点が多々;
肝心な部分をあえて外してなぁなぁで済ましている部分は相変わらずです(ФωФ;)

三津原が嫌~な当て馬でグイグイ絡んでくるけれど、
米村ははっきり拒絶するわけでもなく適当にあしらいながら放置しているのですね。
もーね、完全に眼中にないからどうでもいいのはわかるけどモヤッとする( ˘•ω•˘ ).。oஇ
安藤のためにもハッキリさせてくれ!と何度思ったことか…;

で。三津原ですよ。
安藤と米村の関係を知った上で、安藤にケンカふっかけて牽制してくるのですね。
安藤にとっては弱いところと突かれた状態。
加えて米村からはいまだにハッキリした言葉は貰えておらず、言い返せなくて…(;ω;)

も~~~米村さんよ~~~~;
なにやってんの~~~も〜〜!
なぁなぁで過去に失敗してるのになぜ動かない!?
安藤を不安にさせちゃダメだよヽ(;▽;)ノ

ーーーてなるのですが!
ここからがめっちゃ萌えた!!

今度こそ安藤は離れてくかも。
もうこの関係は終わりかも。
そう考えたら怖くなってきて震える手にグッときた!!!
そうこうしてようやく、気持ちを言葉にしてなかったのに気付くのですね。
三津原を振るときのセリフには安藤への愛情がみられてウルッとくる(;///;)

ちゃんと言葉で思ってることを伝えた後は萌え転がったーッ!!!
安藤の嬉しそうな反応にキュンキュンする(∩´///`∩)
ようやく念願叶ったんだもんね、良かったね!

仲直りエッチをしながらの会話にジワッときます(;///;)
今までなぁなぁで済ませてきた米村が胸の内を言葉にしてるッ!
「綿」じゃなくなった米村カッコよきです!!!

あとエッチの最中の安藤ですよ。
ギューッと力任せに体にしがみつくのが可愛くて可愛くて。
年下攻めのポテンシャル高くてめっちゃ好き。

描き下ろしは後日談のイチャイチャ♡
東野×西山のイチャイチャも見られました♪
ラストページで穏やかに笑う米原の表情がとても良きです。
安藤を甘やかすことができて幸せなんだろうな~(∩´///`∩)

10

今回のテーマは、脱!綿‼︎

『店長、恋です』のスピンオフ作品です。
前作でカップルになった西山と東野も登場しますので、読んでおいた方が楽しめると思います。

東野×西山の当て馬だった米村ですが、前作の読み切りで安藤と友だち以上恋人未満…といった関係になっています。
綿のようにふわっとした米村…いい意味ではなく、ハッキリしないという意味で…
今回は当て馬・三津原に対しても綿対応を見せます。
とにかく、ハッキリしないのが米村の特徴といえるでしょう。

米村の安藤への気持ちは確実に変化しており、安藤のことが可愛くて甘やかしたくて仕方ないくらいには好きになっております。
今はキス止まりの2人だけど、米村は安藤が成人してから一線を超えたいと考えています。
しかし、そこはふんわり綿男子の米村は口にしません。

安藤はまだ子どもですからね…真っ直ぐで素直だし、直接的な言葉が欲しい気持ちはよく分かります。
バイトの三津原が米村に粉をかけてきており、さらに三津原には家庭の事情もあり放って置けない米村。
拗れていく安藤と米村だけど、ギリギリのところで米村は三津原をハッキリ振り、安藤の元へ向かいます。

安藤は三津原の家庭の事情も理解し、2人は仲直りHに…
この時の米村が、カッコよくて色っぽくて素敵でした!
もう綿男子じゃない米村だからこそ、これからはもっと信じ合える関係になれると思います。
それにしても、髪下ろしてる米村に萌えです。

そして、今回の当て馬・三津原も相当な苦労人なので是非幸せにしてあげて欲しいです。
次のスピンオフは、三津原で決まりですね!

3

米村さんの破壊力たるや、、、、

今作はコンビニSV米村と、バイトの安藤くんとのお話。いやー、米村さんの色気がすんごい、本当にすんごい。前作の際もちょっとずるい大人のいい男ってポジションだなと思っていたのですが、今回メインのストーリーとなり米村さんの人となりを垣間見ることができるともうノックアウト寸前でした。
まずね、普段仕事でビシッと髪型作ってる人が髪下ろして無防備になった時の破壊力たるや、大好物です。あと、まさかの安藤は自分を抱きたがってると分かり自分で受け入れる準備をしちゃうとことかね、え、尊い、、、ですよ。本当に。数々のBL読んできましたが私の中で米村さん推しかなり上位です。

1

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP