ダブルウルフ

double wolves

ダブルウルフ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神68
  • 萌×268
  • 萌24
  • 中立8
  • しゅみじゃない6

--

レビュー数
17
得点
692
評価数
174
平均
4.1 / 5
神率
39.1%
著者
中田アキラ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス Qpaコレクション
発売日
価格
¥660(税抜)  
ISBN
9784801963245

あらすじ

高校の卒業式、「ある発言」のはずみでキスをした、親友同士の黒谷と白丘。
現在も同じ大学に通うふたりは友だちという肩書きのままで、
頻繁にキスこそするものの、それ以上の進展はまるでナシなキスフレ状態。
いちいち無邪気で人懐こい白丘が可愛すぎて絶賛ムラムラ蓄積中!

そんななか、白丘狙いの女子が出現、ロックオンされる様子にむしゃくしゃしていると、
逆に白丘が「誰か恋人を作ってくれないと、黒谷にキス以上のことしちまうかも」
なんて、本人が爆弾を落としてきて……ってお前、まさか俺を抱きたいの! ?


懐かれ系愛されイケメン攻×煽り上手なクール系男前受
見た目のわりに〝ウルフ〟なふたりの不器用なラブライフ!

表題作ダブルウルフ

白丘勝 大学生
黒谷智也 大学生,白丘を秘かに狙っている

同時収録作品another wolf(描き下ろし)

カズ 黒谷の幼馴染
孝史 カズの友人

その他の収録作品

  • after wolf(描き下ろし)
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数17

こう来たか!

読み始め、黒谷が攻めだと思いました。
白丘の可愛さと黒谷の男らしいカッコ良さは
そういうCPだと思った方も多かったのでは…
でもその男らしい黒谷が男らしく白丘を受け入れるのは
さすがです。プライドが許さね〜とか、ぜってえやだ!
とか言うかと思いきや、白丘の気持ちを1番に考えて
自分が受けに…でも、これが意外に気持ち良くて…

高校生の頃から惹かれ合っていた2人が
友人や女の子や、家族…
生きていく上で関わるいろんな人を通して
自分達の気持ちや生き方を考えたり
他の気持ちや考えを受け入れたりしながら
成長していくストーリー。
相手のことを思う気持ちがさすがBLていう感じです。

ストーリーもさることながら
私は中田先生の描写が大好きです。
いつも思うのですが、人物はもちろんのこと
背景などのひとつひとつがとても丁寧に描かれていて
その場の雰囲気などかすごく分かりやすく
空気感をつかみやすいのです。
そして主人公達がカッコ可愛いのです。
今回の主人公の黒谷と白丘の2人もカッコいいのに
どこか可愛いのです。
それが、ちょっとした表情であったり
ぼそっと呟く台詞であったり様々ですが
中田先生の作品への細かい愛情が伝わって来ます。

一度最後まで読んだ後、細かい背景もよく見て二度目を読むととてもよくわかります。
部屋の中の家具とか襖の柄とか
2人の洋服の柄なんかもとても細かいですよ。
これも、漫画を楽しむ1つだと思って読んでます。

次回作もかなり期待しています。

4

両片思い、テンポ良し!

これはよい両片思い!

中田アキラさん、過去作も読んできましたが、線が色っぽくお上手になっていてまず驚きました!

もともとプロットがしっかりしていた方なのですが、絵の力でより説得力が増したというか、、


とにかく二人がそれぞれちゃんと魅力的なオトコのコで、そのうえでお互いに惹かれてゆく、ストレートでどこかコミカルな関係にもだえます、、!

そして、まったくの蛇足ですが、いまちょうど某名作アニメBを楽しみに観ているところでしたので、、ボスキャラかと思いきやじつはヒロインな白髪美形とピュアで素直な黒髪男子の組み合わせに無駄に重ね合わせてしまいそうに。BGMはfound&lostで!

2

男の色気炸裂!!

ジャケの感じとタイトルで
攻めを奪い合うのかな!?と思ってしまいましたが
ワンコ攻めでしたね…。
それでも中田さんだからかそんなにがっかりしませんでしたww
ワンコ攻めも大好きなので。
白丘はちょっとヘタレかと思いきや行為中は雄みがいいですねぇ。
黒谷があまりにもセクシーだからがっついてしまうのは当然かも!

黒谷……お前さんはなぜそんなに色っぽいんだい…??
キレイ!かっこいい!!でも内面はめっちゃ漢!!!
襟ぐり空きすぎのトップスがまた似合うし目に毒で
白丘をはじめとする男女問わずで他の人の目をひくのもわかる。
ガタイもいいしすごく良い香りがしそうです…。
いるだけでムラムラしそうww

主導権を握っていると思っていたのに
どんどん攻めらしくなってきた白丘を可愛いと思うあたり
黒谷もホント惚れちゃってるね!
求められたら嬉しいもんね。

黒谷のちょっとぶっとんだ家族と白丘の父子関係、
やっぱり何かしらの問題があったりしますが
そんなに深刻じゃなくてホッとしました。
家族の理解があるかないかで幸せ度は格段に違うだろうから。
とはいえそんなにうまくいかないのが現実でしょうけど…。

当て馬の幼馴染のカズが、
なんとも能天気な男だと思いましたが憎めないタイプで
書き下ろしの『ANOTHER WOLF』で更に好感度UP!!
ええ~……いいヤツじゃん……。
ただのおバカさんでは無かったのでカズに謝りたいです。

中田さん作品の中ではえっち増量な気がします!
あぁ…白丘の義父さんがノンケだっていうのが非常に勿体ない…。
あんな地味めの中年が男の部下に…とかいいのになぁ!!
一人で勝手に心残りですwww

7

恋人も家族も友人も愛おしい

両片思いのキスフレが恋人になり、家族も巻き込んで仲良くなっていくお話です。
黒谷(受)が白丘(攻)に攻めを譲った理由が、白丘を童貞だと思っていたからっていうのが、黒谷の愛を感じました(^^)ちなみに童貞ではありませんでした笑!
義父との関係がギクシャクしていて遠慮しがちだった白丘と、喧嘩ばかりだけど言いたいことが言い合える黒谷と父の関係は、まるで正反対ですが、互いの良さを感じることが出来ます(*´꒳`*)お互いを家族に紹介する2人、素敵な関係ですよね!羨ましいなぁ(^^)

義父との関係性とも関連していますが、白丘は性格的に少し遠慮しがちで、そこを理解している黒谷が思いやりがあって、2人の関係も、義父との関係も、少しずつですが変化していきます。男らしい白丘になっていくので、絶対惚れちゃいますよ(//∇//)
逆に黒谷は、あなたこんなエロエロちゃんで今まで女抱いていたんかいってぐらいに笑、メス度が増していきます♪ฅ(^ω^ฅ) ♪ 色っぽいんですよねー!!好きだなぁ(*´ω`*)裸にエプロン姿がヤラしいーー(〃ω〃)

当て馬的存在は、黒谷の幼馴染のカズ[攻]です。カズは黒谷に迫りますが、男らしく白丘が静止します!カズ実はめっちゃイイ人なので、幸せになって欲しいなって思っていたら…カズに想いを寄せる人が!友人の孝史[受]にせまられて、カズは孝史と向き合い、これから愛を育んでいくと宣言じみた発言をします(^^)スピンオフなどで描いて欲しいなぁ♫

電子版で購入したのですが、互いの寝顔を愛おしく思う2人が微笑ましく思えました(*´꒳`*)

すごく面白くて萌えました(((o(*゚▽゚*)o)))

3

眼福作品です。

素晴らしい!
恋人同士の甘エロがテンコ盛りです。
同級生同士の両片思いものですが早い段階でくっつくので、早々に恋人同士になった二人の甘エロがいっぱい。
攻め受けどっちもイケメンで、どちらもいい身体をしていて、それが中田さんの綺麗な絵で描かれているのでもう眼福。
中田さんの絵ってほんと綺麗ですよね〜。

そして受けが男前ですっっっごく良かった〜。
受けは首まわりが広く開いた服が多いんだけど、肩幅が広くて、襟から覗くガッチリとした鎖骨や肩のラインがほんと綺麗でウットリ。
私は攻め受けで体格差がなく同身長で受けもしっかり男らしいという作品に萌えるので、この作品はドンピシャでした。
攻めと同じくらいいい身体の男が受けって最高ですよね。

そして二人が仲良くなった頃の攻めは(当時高1)小柄で目も大きくてころころ変わる表情がかわいい仔犬系ぽかったのに、高校卒業する頃はしっかりとした成犬になり、大学生になった今はピュアでかわいいところは残しつつも受けを抱く時は雄全開、おまけに受けの反応を観察しながらもっと攻めちゃう♡という成長が見られたので、そこもとーってもおいしかった。

もちろんエロだけではなく、お互いの家族との確執も絡めて描かれるのだけど、どっちの親も子を思えばこそ…みたいな人たちなので決して重くなくサラリと読めますし、当て馬らしき幼馴染も出てきたりはするけど、悪い人達は出てこないので二人の甘々な世界をぶっ壊されずに最後まで読めます。


2

かわいい。

かわいい流され系攻め×クールな男前受け。クールな黒谷が密かに白丘に片思い。慎重に距離を縮めようと画策していた時に白丘狙いの女子の気配。基本押されたら断れない性格の白丘が女子に押し切られたら堪らないと焦る黒谷だが…。

両片思いがかわいい。お互い相手のたまに見せる表情をかわいい!と思っていてそんな君らが私はめっちゃかわいいよっ!と終始ニヤけてしまった。色仕掛けしてくる女子にハッキリきっぱり白丘が居るから女はもう抱かない!と言い切る黒谷オトコマエ過ぎる。そんな風に漢なのに抱かれている時はめちゃくちゃ蕩けてエロさ全開、ギャップ萌えでシぬわーー。白丘も普段はかわいいのにいたしてる最中の雄の顔がそそる。兎に角、かわいい彼らのイチャイチャ甘々を堪能できる至福の一冊。

2

おすすめポイントが絞れません。

高校のクラスメイトとして出会った黒谷と白丘。
仲良くなり、一緒に過ごしているうちに黒谷は白丘を好きになるけれど、関係を壊したくないから告白はできない。高校の卒業式の日に初めてキスしてから、白丘とキスフレのような仲になっているのに。
黒谷にとっては、告白できないもう一つの理由のほうが大きいようにも感じます。
断れない性格の白丘に告白すればきっと受け入れてもらえる。だけど、それは流されただけで、そうやって受け入れられても嬉しくない。だから自分から告白はできないし、したくない。
そんな状況を変えるきっかけを作ったのは意外にもその白丘で、だけどその後は黒谷がリードしていて、だけどいざ身体を繋げる段になると攻めているのは白丘で、という目まぐるしい受け攻め転換(リバではない)が面白いです。
これは全編を通して感じました。
どちらか一方が攻める、受けるではない。その辺りが「ダブルウルフ」というタイトルにも通じるかな、と。

黒谷も白丘も二人とも可愛いんですけどね!かっこいいけど可愛いんですけどね!
二人とも女の子にもてるかっこいいイケメンでありながら、お互いに対してだけ可愛い面を見せてしまう、可愛くなってしまうところがとても可愛いです。
タイトルは「ダブルウルフ」なのに(笑)
いわゆるウルフな面は二人きりの時間に白丘が存分に発揮してくれています!それを喜ぶ黒谷もある意味ウルフなのかもしれません。

純愛という言葉が当てはまる二人だと思います。
そんな二人の純愛、恋愛模様に、それぞれの家庭の事情が違和感なくとても自然に加えられていて、その事情は黒谷と白丘が二人一緒にいる今を必然たらしめているように感じました。
お互いにお互いが隣にいてくれて一緒に過ごしてくれていてよかったと思える。
そしてそのことを家庭の事情の中心とも言える家族が肯定してくれた。
黒谷には白丘がいることで、白丘には黒谷がいることで、二人ともいい家族に恵まれているのだと気付けた。
黒谷のお父さんも白丘のお父さんもいいですね!仲良くなれそうで何よりです!(笑)

ピュアさとエロさのバランスがとてもいいです!
きゅんきゅんしていたら、エロい場面はしっかりエロくて分量も満足。どちらの場面でもにやけるので常ににやけています(笑)
かっこいい雄の顔を見せる白丘とそんな白丘にどんどん溺れさせられていく黒谷を是非ご堪能ください。

2

イケメン2人が色っぽくて眼福だった

こんなにエッチいなんて思ってなかった。攻め受けは逆だと思ってたし、でも黒谷が凄く色っぽいので受で良かった。お互いに大好きなのが分かるし、2人が近づくキッカケになった家庭環境も、それ程深刻ではなくて、どっちの父親も良い人で意気投合してたのが笑えた。クラス会で黒谷に絡んで来た女子がビッチすぎてちょいイラついたが、白丘大好きな黒谷が即答であしらうのが気持ち良かった。他人に気を遣い過ぎな白丘も最後はしっかりして来たし、この2人は何があっても大丈夫だと思った。

1

エロい受けオブザイヤー


絵:9/10

繊細でとても綺麗な絵でした。濡れ場の受け、黒谷くんの顔がこの上ないほどエロくて、たぶんこれを超えるエロい受けがいる漫画はないな、と思いました。
ただ、黒谷くんの受け顔で目をつぶってるシーンが若干微妙だったので1点だけ減らしています。えっちかったので全体的には大満足ですが!

キャラクター:10/10

最初に買って本を開いたときびっくりしたのが、「黒い方が黒谷じゃないの!?」ってことです。黒い方が白丘で、白い方が黒谷です。そしてわたしはその妄想をまんまと信じて攻め受けが逆だと勘違いしたまま買いました。みんなは気をつけるんだぞ☆
黒谷:経験人数多めの陽キャ。非常におモテになる。白丘くんが好き。
白丘:経験人数1人。まぁまぁおモテになる。わんこ。黒谷くんが気になってる。
って感じで、白丘×黒谷です。わたしはてっきり白丘くん受けの前提で買ったんですが、大満足だったので気にしなかったことにします。
お互いがお互いを想ってる気持ちもすごく伝わってきて、永遠に爆発しろって思いました(冗談です)

ストーリー:4/10

ストーリーなどない!!!(断言)
最初の付き合ったころあたりはまだストーリー性あった気はしますが、それ以降ほぼセックスor強姦未遂のオンパレードなので(あとで数えたら未遂と他キャラ含めて濡れ場10個ありました。抜いても8個)、ストーリー性は期待しない方がいいです。

濡れ場:10/10

まぁさすがにこの項目設けますよね…
最初見たときあまりにもエロすぎたため「これまさか18禁BL本なんじゃ…?」と思って表紙を端から端まで見ましたが何もなく、というかそもそもメジャーな某熊系の書店さんが18禁BL本なんか子どもに見える位置に置くわけないので、まぁ18禁じゃないんですけど、腐女子なりたての18歳未満の子にはあんまり選んでほしくないなーと思いました。

ですがとてもエロいので読む価値は充分にあります!!!
シチュエーションはオーソドックスなものが多いのですが、とにかく黒谷くんの顔がエロいのと、白丘くんがビジュアルと性格に反してガツガツ系で、濡れ場中の顔が完全なるド攻め様でひえ〜〜〜ってなります。黒谷くんマジえっちぃ。たぶん2018年エロい受けオブザイヤーに堂々と輝くと思います。
あと、本編では脇役だった人たちの話も入ってます。えっちぃです。この2人の本も出て欲しい…!

総合:34/40(前のに合わせると24/30)

とにかくエロい本なので万人にお勧めできる本ではありませんが、「あ〜〜〜美少年たちのエロ本読みて〜〜〜」って思ってる方にはおすすめの本です!!!ぜひ買って、エロい受けオブザイヤーの凄さを感じてください。

1

友情も愛情もエロも。

絵柄が綺麗で内容も非常に読みやすかった。1冊丸ごと一つのお話です。

高1で知り合って、仲の良い友人で。でも卒業式の日に経験豊富な黒谷がキスもまだという白丘にファーストキスをさせてあげて、という経緯あり。
黒谷は白丘に興味を持っていた。でもその後は進展もなく…
…という冒頭……と思いきや、思いっきり「キスフレ」になってるじゃないですか!
その後は大した葛藤もなくサクッと両思いが判明し、すぐベッドイン的な。
ここでも攻め攻め攻防などなく、白丘がDTだと思っていた黒谷がアッサリ受けます。
ここからは、各話ごとになんだかんだありつつも両思いの2人のラブエロ展開に。
同窓会で女子に絡まれたり。
黒谷に見合い話が湧いたり。
その流れで黒谷家にカムアウトしたり。
黒谷パパと白丘父(義父)が、全然タイプが違うのに意気投合したり。
その流れで、今度は白丘がカムアウトしたり。
…と、結構ワチャワチャしてます。
もちろん各話にHあり。完全攻め受け固定で、白丘はちょっとワンコな男前攻め、黒谷は包容力ある男前で色っぽい受け、だと思う。2人は性格もいいし、2人のバランスもいいし、後味よく読めました。

「AFTER WOLF」
白丘リクエストによる、「黒谷裸エプロン」〜!しかもフリルっぽいメイドっぽいエプロン。
サービスエピソードだけど、私はイマイチでした…

「ANOTHER WOLF」
当て馬のカズのエピソード。
中学の頃からの友達の孝史は、実はカズに本気で…カズの寝込みを襲う!孝史の涙を浮かべた表情はナカナカ!でした。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ