淫乱と忠犬

inran tochuken

淫乱と忠犬
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×23
  • 萌1
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
23
評価数
8
平均
3.3 / 5
神率
12.5%
著者
縁々 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
GUSH COMICS
発売日
価格
¥670(税抜)  
ISBN
9784796413428

あらすじ

――警察官の元木には困った上司がいる。
上司の粟島は、キャリア組で仕事はできるが捜査のためなら
ハニートラップを仕掛けることも厭わない。
自由奔放な粟島に真面目な部下の元木は心配しながら世話を焼いてばかり。
そんな矢先、事件の証拠を押さえるため
粟島はお客の振りをしてハプニングバーに潜入してしまい……!?

表題作淫乱と忠犬

元木,刑事
粟島,警視正,警視総監のご子息

その他の収録作品

  • 描き下ろし(描き下ろし)

レビュー投稿数1

我儘お坊ちゃん感が見え隠れ

警視総監の息子でキャリア組の粟島警視と、その粟島のそばに常にいる世話係のような元木警部。

現場で働く所轄の刑事になりたかったであろう元木を、自分が気に入ってそばに置くせいでキャリアとなりどんどん出世して現場から遠のいていってしまうことを申し訳なく思っている・・・・のに、手を放してあげない粟島が意外にも健気風で表に出さないけど元木の事めっちゃ気に入ってるやん!ってなっちゃいました♪
お詫びとばかりに勝手な行動をして捜査をかき回すのはちょっとよくわからなかったけど(笑)

3話では、「態度ではわかりづらいけど実は粟島ってめっちゃ元木の事好きだったのね!?」感満載でした。

序盤は、二人の「昔なんかあった」感はあるけど分からないまま話は進んでいってますが、4話目の「#0」で二人の出会いと元木が粟島の犬(世話係)になったきっかけが入っていました。

元木の忠犬っぷりはカッコよかったですが、粟島が自由奔放というか自分勝手な所が見え隠れして若干私には萌えづらかったです。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う