トラウマを持つ大学生×大切な人を亡くした研究員の、ハートフル・ラブストーリー

木々は春

kigi wa haru

木々は春
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神9
  • 萌×24
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
4
得点
73
評価数
18
平均
4.1 / 5
神率
50%
著者
中陸なか 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ホーム社
レーベル
アイズコミックス.Bloom
発売日
価格
¥750(税抜)  
ISBN
9784834264593

あらすじ

イケメン大学生・由木のバイト先に一人でよく訪れる常連客・木庭。
ある日、「僕、男の人がすきなんですよ」という木庭の言葉を聞いた由木は、自分も同じゲイだから、と彼を食事に誘う。
しかし由木が"本当のこと"を言っていないと木庭に見抜かれてしまい…?
トラウマを持つ大学生と、大切な人を亡くした研究員が丁寧に恋を紡いでいく。
雪が溶けて木々が芽吹くような、ハートフル・ラブストーリー。

表題作木々は春

由木裕稀・イケメン大学生
木庭悠・樹木研究員

その他の収録作品

  • 描き下ろし

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数4

忘れて前に進むだけがハピエンじゃない

【たゆたう種子】スピンオフ

前作でガッツリ絡んでた先生・・・というか先生が話を回していたといっても過言ではない重要人物が満を持して主人公!
しかし、前作でスピンオフを熱望した人は多いと思いますがそれと同じくらい、先生の中の「小林」の存在のデカさに心囚われた方も多かったはず。
そんな小林を忘れて次の恋に進むのはちょっと寂しい・・・なんて思ってしまって、買ったはいいがなかなか読めず約一か月積んでいました。。。

いざ読んでみれば・・・♡
先生の中の小林の存在感は否定もせず消しもせず、しかし先生の中の罪悪感は少しだけ軽くして未来への扉をそっと開けた素敵な作品でした。
はっきり大学生の由木とくっついて綺麗なハッピーエンドという感じではなく、小林を忘れられない先生を丸っと受け入れて愛し続ける由木。という終わり方にホッコリ癒されました。
しかし、描き下ろしや特典描き下ろしでは幸せそうな未来もちゃんと描かれてて嬉しかったです。

0

丁寧で上質な作品です。

「たゆたう種子」のスピンオフ作品です。
この作品を契機に本編も読んだ感じなんですが、なんで早く読まなかったんだろうと後悔。
画がすごく好みで、脇も含めてキャラに愛着が湧く丁寧な描写、どちらも厚みのある作品でした。

本編主人公のピュアな天然受け葉純が可愛くて、
この作品では変わらない天然ぶりと成長したスーツ姿の葉純に激萌えですが、
根井は話題だけなんて…顔見たかったよ~。

本作は研究員になった木庭先生のその後、セクシャルに悩むイケメン大学生由木とのお話です。
元カレの死を引きずる受けとトラウマ持ちの攻めという、
けっこうデリケートな題材で、もっと深刻になってもおかしくない感じなんですが、
何故かほのぼのテンションで細かい笑いが散りばめられていて、
気づけば優しい気持ちになって癒されているという、不思議な作品でした。

男が好きなのか女が好きなのか解らない由木。
DK時代に親友に告られて、恋愛感情でないまま抱かれようとして出来ずに関係が拗れ、
その後は彼女とエッチしようとしても出来ず、
国宝級のイケメンと周囲に揶揄されながら、深刻な悩みを抱えていた状態。
タチならイケるかもしれないと、木庭がネコだと知りゲイだと言って近づいた由木に、
ウソだと知っても悩みを聞いて優しく対応してくれた木庭を、本当に好きになっていく。

そんな由木の想いに淡々と応えていく木庭に、読んでいると違和感が…。
やっぱり元カレを忘れられないと立ち止まると、どこかホッとしている自分がいる。
傷を引きずったまま進んでもイイことはないからね。
だからこそ、元カレの死は自分に原因があるとずっと責め続けている木庭が、
過去と向き合っていく由木と共に、気持ちを整理して一緒に一歩踏み出そうとする場面にジンとくる。

どうやったら思い出になるのかは人それぞれですが、
否が応でも時間と共に周囲はどんどん変わっていくという現実、
一人取り残される悲しさはありながらも、どこか救われている気持ちの方が強いのかも…
せつなさはもちろん、温かさを感じさせる繊細な描写が素晴らしいラストでした。

ミモザ使いが印象的で、それぞれに意味合いを持たせているんですが、
木庭のミモザの思い出話が一番好きです。
ミモザの中に元カレとの青春の思い出が詰まったままでいて欲しい。

この作品だけでも充分楽しめますが、是非「たゆたう種子」も見て貰いたい。
本当にキャラ作りがステキな作家さんです。

※シーモア:修正は白抜きです。

0

伐られてもまた花を咲かせる草花の強靭さのように

女性とも男性とも距離を測りかねている大学生・由木。
そんな由木のバイト先の常連客として「たゆたう種子」の木庭先生が登場。
ある日木庭が同席者に「僕男の人が好きなんですよ」と言ったのを聞き、由木は衝動のままに木庭を食事に誘ってしまう。
「俺もゲイなんです」
そんな言葉で、驚く木庭に食い下がる。だけど…

そうは言ったけれど由木はゲイではないんですよね。だけど女性とは実際ダメで、かといって男性ならいいわけではない。そしてその事で自分で傷ついて萎縮してしまっている。
男と、男役でやってみたい、でも近い関係の人間とはしたくない…
そんな由木に対して木庭は静かに話を聞いてくれる。だから由木も心を開いていく。
そんな話なわけですが、非常に繊細というかセンシティブというか、由木が性に対してうまくいかない理由や、母親との確執、一方木庭の方の抱えている過去、それらはかなり重くて苦しくて。
若い由木は明確に木庭と出会ってから世界/性との関わりが変化していきます。同時に偶然ながら母親の抱えていた大きな苦しみも知って、囚われから抜け出す一歩を踏み出す。
一方、木庭は由木に慕われて逆に過去から抜け出せない自分を思い知ってしまう…
しかし、木庭もそんな過去から赦されるんですよね。
長い冬が和らいで2人に春がくる、とは陳腐な言い回しかも知れないけど、お互いの心に巣くっていた苦しさはそれとして、木々・草花の強靭さのように2人が過ごしていくのでしょうね。

木庭は自分をおじさんと卑下するけれど、全然おじさんに見えない…「たゆたう〜」から何年後?逆に若くなってるような気すら。

4

冬があるから春が来る

表紙を彩るミモザが作中にもたくさん出てきます。
ミモザの花言葉は、友情・密かな愛・真実の愛……など。
どの言葉がこの作品に当て嵌まるのか?
それは、読み手次第だと思います。

性に悩むイケメン大学生・由木と博士研究員・木庭の
心がじんわり暖かくなるかハートフル・ラブストーリーです。


大学生の由木は過去の恋愛で傷付き心を閉ざし、
自分の性的指向にも疑問を抱いています。
ある日、バイト先でゲイを公言する木庭に出会い……

「俺もゲイなんです」

……と木庭に伝え距離を詰めていく由木ですが、
実は由木はゲイを自覚しているわけではありません。

由木は女の子と付き合っても勃たず、
男友だちと付き合っても出来なかった(受)
そんな自分にコンプレックスを持つ由木は、
大きなトラウマを抱えていることに気付いていません。

木庭は優しく、相手を慮ることができます。
だけど、大切な人を失った過去をずっと引きずっているのです。

ギズを負った2人が少しずつ心を通わせていき、
一時は付き合うところまで進展します。

いざ、Hに挑もうとするもトラウマが蘇る由木と、
やはり過去の恋人を忘れられない木庭……
交わりそうで交わらず離れていく2人が切ない(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

トラウマと向かい合う由木と、
過去から許される木庭。

〝何かが100%誰か一人のせいということはない〟

……これは、作中に出てくる言葉です。
何が・誰が悪いということはなく、いろいろな要因が重なって
悲しみも喜びも起こるのだと思うのです。

2人が誰かを、自分を、責めることなく生きていって欲しい。
剪定しても翌春咲き誇る強いミモザのように、
折れても傷ついても咲き続けて欲しいと思える2人でした。

白黒つかない関係のままの2人ですが、
これからに希望を持たせる素敵なラストだったと思います。

由木はゲイというわけではなくトラウマに囚われていただけで、
木庭を好きになったのは木庭だったからなのでしょうね。





3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ