僕の完璧な恋人

boku no kanpeki na koibito

僕の完璧な恋人
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神5
  • 萌×215
  • 萌7
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
8
得点
106
評価数
27
平均
3.9 / 5
神率
18.5%
著者
雨隠ギド 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
発売日
価格
¥670(税抜)  
ISBN
9784403667152

あらすじ

怪我で部活をやめ無気力に生きてきた大学生の春真は、
OBのハクに誘われ代行業のアルバイトを始める。
共にバイトをするうち妙な色気を持つハクのことが気になり始め?

表題作僕の完璧な恋人

虎姫春真・大学生
羽咋良一・代行業で働く春馬の大学のOB

その他の収録作品

  • 僕の完璧な休日
  • あとがき

レビュー投稿数8

No Title

一般作は読みましたがBLは初めて読みます、漫画が上手い人はBL描かせてもやっぱり良いです。
表紙は良さを引き出してません、小悪魔系が攻めをたぶらかす話に見える。

間違ってはいませんがボーッと見えて結構しっかり意見できるし、可愛いというよりは中年以降も綺麗に年取りそうな感じです。
虎姫はガタイの良いワンコ系、アスリートを断念した過去があります。

ハクは実際に完璧なのでなく理想を投影しやすい空白を持ってます。

1

気怠げな瞳に色気があるのは、現実世界でも同じことだから。

ハクのガチャピン目が周囲の人を惑わせてしまう。というのは分かる。凄い分かる。
私の知っている人の中にも居る。「何であんな男がモテるのか?」と言われる様な人の中に必ずと言って良い程、ガチャピン目は居る。その気怠げな瞳に色気を感じてしまうのだと思う。
ハクは幼馴染の良川(凄くいい人!)に言われて、その瞳を隠す様に時々サングラスをかける。
ところがそれはワンコ虎姫には効かない。虎姫には気怠げな瞳だけでは無くて、ハクの多分全てに惹かれてしまうのだ。

ハクのやっている通称「何でも屋」も、最近の世相を表していていい。
私は友人が赤の他人の結婚式に出るという、TVでしか見た事ない様なバイトをしているのを聞いた。新郎新婦の簡単なプロフィールを聞いて、友達は新婦の大学時代の友人として列席しているテイでお願いされたそうだ。「今日は来てくれてありがとうー。」と最後に言われたというのは、おそらく本心だろうと言っていた。それくらい切実なのだ。
その友人は、また請われては、別の人の友人のふりをしたり、家族のふりをしたり、している。
そしてそれは勿論、ハクと同様に「でも、生きがいじゃない。」と言っている。

流されていく事は悪い事じゃ無い。と私自身は思っている。ハクは茫洋としている様で。実はいわゆる「自分探し」をしてるんじゃ無いかと思うのだ。
本当の「生きがい」。本当の恋。本当の友達。
それが本当かどうかは簡単に自分で決めていい事なのに。
ハクはタイトルにある様に、「完璧な恋人」なんかじゃ無い。ある程度の事は器用に出来るかもしれないけれど、大分欠陥がある。危なっかしい恋人なのだ。
不器用なことと、器用な事は、表裏一体で。そんなところにも不思議なアイロニーがあって。何だか浮遊感を感じる物語でした。
決定的な事実、というのが色々ゆるーい気もするので、まぁ虎姫は頑張ってたかと思うけど、それでももぅちょいゴリゴリ頑張って欲しかった気もする。
だって。ハクにとって、初めての「特別」だからね。

1

目は口ほどに物を言わない

優しさと親切を相手に「恋」と勘違いされてしまう無意識な魔性受:ハクと真面目で優しい春真の優しいお話。
タイトルが絶妙なんですよね。
完璧な恋人ってどんな?って興味をひかれます。
いろんな優しさと好きが滲み出る心に残る名言がいっぱりありました!

これまで部活一辺倒で恋愛に免疫のなかった春真が不器用でも自分なりに奮闘してハクさんにぶつかる姿は心が暖まり応援したくなります。
勘違いされがちな自分の行動ゆえ他人と距離をおきがちなハクさんが春真との出会いによって新しい気持ちの発見をしていく過程も楽しい。

バイトだけじゃなく焼肉や映画や遊園地でデートを重ねていくうちに徐々に変わっていくふたりの気持ちの変化がじんわりしみます!
これまでの人たちみたいにハクさんの色気にアテられちゃうだけじゃない春真、頑張った!

仲良く隣に座っている場面がありますが、イチオシはタピオカ屋さんでバイトしていたときのキスシーン。
体格差のあるふたりがさりげなくおさまってて、すっごく好き!

めでたくおつきあいまでこぎつけた途端にハクさんの元同僚の当て馬さん登場。
展開的にもひと味加わって面白い~。

ハクさんの過去を知って、ショックをうける春真を見たハクさんが涙を流す場面必見←
ふんわり表情から感情が抜け落ちたような「虚」を
ハッキリ落涙って描き方じゃなく魅せるのが上手い~!切なさが伝わる~。

最終話から描きおろしの甘々っぷりが可愛い~!!

醒めた感じのちょいクズ風味なハクさんの元同僚の当て馬さん。めっちゃ気になる~!
ハクさんとならお互い干渉せず傷つけずうまくいくって言っていたけど並行線は交わらないんですよね…誰かに振り回される幸せもあるってことをどこかで思い知らされてほしい。

春真のお母さんと妹が春真を気遣う優しさもほっこりしました。
ストレートな物言いの妹ちゃんが良いな~。

あと、あさりと豚肉とジャガイモのポルトガル料理のレシピ知りたい~!
意外な食材の組み合わせで美味しそう~!

5

わんこ攻可愛かった

楽しみにしていた先生の新刊!
今回のお話もよかったです~っ

ギド先生の作品で私が今まで読んでいた物語は
少し不思議な設定だったり
人外との恋だったりしたんですが…
今回は設定は通常なんですが人物が不思議でした(特に受)

振り回され系年下大学生(わんこ)×不思議なテンポの天然人たらし(ふわふわ)
二人がの恋は一筋縄ではいかない感じ。

攻が悩んだり空まわったりするんですが、それがとてもわんこで可愛らしい。
Hは最後の方に少しだけさらっとあります。

そこに至るまでの攻の振り回されをお楽しみください←

2

優しさって難しい

ああー…。帯のフレーズからして好き。
“色っぽくてかわいい年上の友だちにむらむらしたらダメですか……?”
この、年下攻めがあれこれ考えておたおたしちゃうの好きなんですよ…。
色々未経験だから自信がなくて、更に誠実なタイプは可愛い度がめっちゃ高いです。
春真は背格好もいいしモテそうなんですけどねぇ。
最初、ハクさんの掴みどころのなさが凄い!
覇気は無いけどそれが落ち着いて見せてる感じだし
本人はその気がなくても、優しくされたら好きになっちゃうのはごく自然なことのような気がしました。
それを被害者ぶるのはどうかと思いますが。
相手を傷つけたくないというのは時には優しさじゃないんですよね。
それはハクさんが悪いとは言い難いけど、はっきりとした意思表示は必要。
寝てみないとわからないこともあるとは言いますが
優しさの延長ならそれは違うような…。
だから春真の感覚はとても健全だと思いました。
ハクさんがただ押しに流されるのではなくて
しっかり向き合ってくれるきっかけになって良かった。
恋人ならお互いが特別でなくちゃね。
デートにこだわる春真もホント可愛かった。
子どもじみてるって思う人もいるかもしれないけど、私は好ましかったです。
傷ついても一緒にいたいと思うことこそが恋人同士ですもんね。
春真が思っていたよりもずっと、ハクさんが春真を想ってくれていて嬉しい!!
完璧さを定義付けるなら、一般的には春真はそうじゃないけど
ハクさんにとっての完璧ならそれが一番大事ですね。

ちなみに、最中に要望を出してくれるハクさん、
春真はありがたかっただろうな~ww

3

ミステリアス、不安でいっぱいになるわ

表題作に描き下ろしの一冊です。

見るからに可愛いゆるふわな黒髪受けに惹かれて購入したんですが、
掴みどころのないミステリアス感はいいとして、
無自覚ながら罪作りな優しさには不安でいっぱいになってしまった。

大学生の春馬が飲み会で知り合ったOBのハク。
優しさを勘違いされ男女関係なく惚れられて、
押しの弱さも相まってトラブルに巻き込まれてきたハク。
そんな話を耳にして自称被害者達からも直接話を聞いているにも拘らず、
ハクに惹かれ好きになってしまう春馬ですが、気持ちを知ったハクから付き合おうかと持ち掛けてくる。

春馬も勿論主人公ですが、この作品はハクが初めて恋に落ちて特別を知るんですよね。
春馬を好きになって、優しさの特別を知っていく。
読んでて私はかなりモヤモヤしてしまったんですが、
勘違いさせる優しさだけでなく、押しが弱くて断れない内容の度が過ぎている。

春馬がド正論でバッサリ斬ってましたが、
以前、男女に惚れられたハクは3人で付き合うことになり、3P話まで出てくるって?!
それって優しいとか関係なくないか?
不器用だとか相手を思ってだとか、色々考え方はあるとは思いますが、
恋をする前のハクは、好きだからこそ不安でいっぱいになってしまう相手です。

最初はハクに魅せられるんですが、
後半は年下ワンコの春馬の真っすぐさが有難いと感じました。

はき違えた優しさは人を傷つけると、ハクがやっと気づけたことが大事。
教えてくれたワンコをちゃんと特別扱いしてあげてね。

評価が難しいなぁ、テーマは解るんですが、ハクを可愛いと思えなかったのでモヤモヤが萌え減り。
それでも、春馬萌えです。

3

不器用な男たちの少しずつ進む恋に萌える

作家買い。

雨隠さんらしい、飄々とした受けさんにワンコな攻め、のCPのお話でした。
が、この二人がすっごく可愛いの。どちらにも共通しているのは「不器用」だということ。不器用すぎて、表面だけをうまく繕うことができない。でもそれは、彼らがすべてのものに対して誠実であろうとしているからで、すごく好感度の高い二人なのです。

今作品はBL作品にしてはやや珍しい、と言っていいでしょう。攻めさん視点のお話です。
主人公は大学生の春真。
彼はとある飲み会で一人の男に声をかけられます。

君 素敵な身体だね

と。

そのセリフの内容にびっくりする春真だけれど、その声をかけてきた男性・ハクさんにバイトしないかと持ち掛けられ、約束を反故にするわけにはいかないとハクさんと再会するが―。

代行業で働くハクさんと一緒に仕事を始める春真だけれど、そっけないながらも誠実で優しい一面を持つハクさんに少しずつ惹かれていって。

と、ストーリーとしては凄く王道というかよくあるパターンのお話です。
が、そこに彼らの魅力が加わることで一気に萌え作品になってしまう。これぞ雨隠マジックか。

春真の手が、肩より上に上がらないこと。
ダダ洩れの色香を放つハクさん、というミステリアスな男性。

その二人のやり取りを通して、彼らの過去や、内面が透けて見えてくる。
痛い展開になることもなく、終始優しい空気感にあふれた作品ですが、優しいだけでなく、男同士の恋愛に対しての葛藤もあり、さらに「ハク」という男性がミステリアスゆえかややシリアスな雰囲気も漂う。そのバランスが非常に秀逸です。

人とかかわることが苦手で接し方がわからなかったハクさんが、春真と出会い、恋をして、人つぃて育っていく過程に激萌えしました。

4

理想的じゃなくてもいい!

なんかキュンキュンした〜
個人的に攻めがすごく良かったです!

ギド先生の新刊は、年下わんこ攻め×掴み所のない不思議青年
メランコリック……というより、振り回され系です^^;


バイトで知り合った大学OBのハクと大学生の春真。
〝男も女も食っちゃうらしい〟と噂のハクを意識しまくりの春真でしたが、ハクからは友達になってくれないかと言われてしまいーー…⁉︎

ハクは誰にでも優しくて思わせぶりな男です。
ハクと居ると楽しく、ずっと友達でいたいと思う反面、
優しくされると辛い春真……

ーー…気がないなら優しくししないで 好きになっちゃうから

ハクに惹かれていく春真は真っ直ぐで一生懸命なわんこです^^
怪我をするまでは部活一筋で、
恋愛初心者の彼女(氏)いない歴年齢の真面目な青年。
春真のことが好きかも……という流され体質のハルと、
お試しでお付き合いすることになるのですが、
春真の振り回されラブはここから始まるのです(^◇^;)

両想いでいい感じの二人はデートをし、
いよいよDT卒業か!と思ったら、
興奮し過ぎた春真が誤射して自己嫌悪したり(笑)

相手の経験値や元交際相手が気になる春真ですが、
ハクの恋愛経験はちょっと普通じゃないんですよね。
男女2人に告白されたら、じゃあ3人でーーみたいな。
誰も傷つけたくないから誰も選べない……

「セックスまで優しさの延長でしちゃったら
              恋人ってなんなんだよ!」

本当にね……
それでもハクの優しさは嘘じゃないし、
誰よりもハクの優しさを大切にしたいと思う春真。
春真がすごくいい子なんですよ!
読んでるこっちが絆されちゃうくらい。

ハクが理想の恋人じゃなくてもいい、
好きだから自分が変わりたい!という春真にグッときました。
そんな春真の気持ちに向き合い、
逃げなかったハクも変わったんだと思います。

Hの知識をネットで調べてやっとDT卒業(祝)
性感帯探しをする描き下ろしも可愛かったです。

誰にでも優しかったハクが覚えた〝特別扱い〟
これを知ったら春真うれしくて泣くだろうな^^



3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う