深窓のオメガ王子と奴隷の王

shinsou no omega ouji to dorei no ou

深窓のオメガ王子と奴隷の王
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神14
  • 萌×217
  • 萌4
  • 中立3
  • しゅみじゃない6

13

レビュー数
11
得点
153
評価数
44
平均
3.7 / 5
神率
31.8%
著者
小林典雅 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
笠井あゆみ 
媒体
小説
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
発売日
価格
¥680(税抜)  
ISBN
9784403525049

あらすじ

コルトーの第二王子キリルは、国を救うため憎きダウラート王ロランに嫁ぐことになるが……?
兄の仇は運命の番!? オメガバース・ロマンス。

表題作深窓のオメガ王子と奴隷の王

ロラン,24歳,大国ダウラートの王,α
キリル・レアンドール,16歳コルトー公国第二王子Ω

その他の収録作品

  • あとがき
  • 恋の予感(書き下ろし)

レビュー投稿数11

不器用王×麗し王子

ファンタジー系オメガバースは初でした。
受の温室培養なほんわかした雰囲気と気高さが好きですし、攻の不器用だけれど愛情深い一途さが良かったです。笠井あゆみ先生の絵が本当にマッチしていた。
全体的にこうかな?って予測ができるストーリーなんですけれど、キャラの魅力や整然とした文章のせいか、飽きることなく読み進められました。
エッチシーンは、オメガバースなので身体だけが否応なくってスタートから、心身共に結ばれてからの甘い感じ。私は満足でした。笑

2

平和なオメガバース

小林典雅さんは作家買いしているので、小林先生のオメガバース、どんなのかしらって、書影も絵師様もノーチェックで予約してたので、開封してビックリ。
これ、予約してなかったら書店の店頭では見逃す。
でも、笠井先生のカバーイラストにしては珍しくガッツリ着衣していて、その辺の奥ゆかしさが小林作品らしさに通じているのかな。
オメガがただただ虐げられていたり、アルファが(アルファじゃなくても攻め全般が)傲慢だったりするのは、私もあんまり好きじゃないので、小林先生の世界設定はすごく安心できて楽しかったです。
最後のリオドルス救済のお話もすごくうれしかった。

3

不器用な2人

小林典雅先生のオメガバース、そして笠井あゆみ先生がイラストって知って楽しみにしてました。

今回はいつもの穏やかな溺愛攻めではなく、悪しき先王を倒して王位に付いた奴隷上がりで俺様な敵国の王ロランです。

受けのキリルは小さい時に城で重臣に狼藉を働かされそうになり、森の奥で大切に育てたられた箱入りのオメガの王子なのです。  

キリルの兄が和平交渉の際にロランを暗殺しようとした事から返り討ちに遭い、ロランが城に軍勢を引き連れて来た事により2人は出会います。
キリルはロランに出会い初めての発情を迎えるのです。「運命の番」であるから伴侶とし迎えるかわりに、属国ではなく同盟国にすると言われロランの治める国に向かいます。

道中から2人は体を繋げるのですがロランが不器用で口下手な上に、キリルも勝ち気で兄を殺されたと思っているので拗れまくるんです。

そしてキリルが子どもで箱入りで世間知らずなのがややこしくしてました。2人の相性は悪く無いしロランは無愛想ながら優しいのに、頑ななキリルに焦ったくなりました。それでいて勝手に誤解して、無意識に嫉妬したりしてました。

それでも最後に2人が気持ちを確かめ合ってからは、ロランは初めからキリルに夢中な溺愛攻めに変わってました。むしろ尻にしかれてました。やっぱり小林典雅先生らしい作品でした。

2

鬼畜な攻め様だと思ってたら

 小林先生自身も後書きでおっしゃってましたが、小林先生がオメガバース!?と最初はビックリでした。
なんだか、あんまりイメージじゃないんだけど…と思ったのですが、皆様のレビューを見て、あら、なんだか面白そうね、と購入させて頂きました。

 まずは受け様のキリル。
オメガではあるけど、両親にも王太子である兄にも愛されて大事にされてて、離宮で暮らしてるけど、優しい乳母と乳兄弟のリオドルスとのびやかに暮らして、成長していきます。
 
 攻め様のロランは、キリルの兄が和平交渉の場でむかってきた為にその場で殺してしまい、キリルからは兄の仇、と初対面が憎まれちゃってます。
なのに、キリルが運命の番だと理解して、そのまま伴侶として自国へ連れ帰ることに。

 こんな関係からのスタートなので、キリルはもちろん絶対心は明け渡すものか、と頑ななのですが、オメガバースで運命の番の2人なので、えちシーンはけっこうあるし、めっちゃトロトロです。
 うぶなんだけど、楚々としてるんだけど、エロいって素晴らしい。

 そしてまたロランがもう最初からなんだこいつ、という傲岸不遜な態度で、鬼畜な所業のあれやこれや。
口をひらけば、あざ笑うようなセリフの数々。
てめぇ、いい加減にしろや、と何度思ったことか。

 そんなロランが、キリルに対して兄を殺した事を詫びたのは、キリルに対して救いになっていてよかった。
頭ではロランだけが悪いわけじゃないって分かっていても、気持ちは納得できないものだものね。
やっとロランへの好意に対して素直になれる事ができてよかったねぇ。

 ロランをかばってキリルが怪我をするところは萌えまくりでした。
受け様が攻め様をかばって怪我をするってシチュエーション、大好物なんです。

 こっからは怒涛の溺愛攻め様ロランでございました。
いいぞー、そうこなくっちゃね。
不器用がすぎるだろ、ロラン。
そう思って読み返してみたけど、ちょいちょい不器用だねぇポイントあるけど、最初の頃のロランはやっぱり鬼畜だわ。

 その分を取り返して有り余るくらいの溺愛をキリルに捧げていってね。

 そうそう、挿絵が笠井先生っていうのも意外でございましたが、笠井先生の描く中世の騎士みたいなロランと深窓の王子キランがとっても美しかったです。

2

典雅流オメガバースはがっつり王道でした

今回は奴隷から成りあがった大国の王と隣国の第二王子のお話です。

暗殺未遂の代償として攻様に嫁いだ受様が攻様の番となるまでの本編と
受様の乳兄弟のその後を描いた短編を収録。

受様は通商で栄えるコルトー皇国の第二王子として生を受けます。しか
し5才になったある日、突然王宮の奥深くの森の別棟に連れていかれ、
乳母と乳兄弟の3人で暮らす事になります。

受様は父王に半泣きて許しを請いますが、乳母にこれは受様の身を守る
為に必要な事なのだと諭されます。納得は出来ずとも受様の世界は森の
陋屋とその周辺だけとなります。

国王と王妃である父と母も兄王子も日に1度は会いに来てくれ、老教授
が1日おきに家庭教師に来てくれるとはいえ軟禁の様な暮しをする事に
なったのは、受様がオメガ性だったからでした。

この世界の人間には男女という性のほかにアルファ、ベータ、オメガと
いう3つの性があり、受様は赤子の時のへその緒の血からオメガだとわ
かっていました。

オメガは身体が成熟すると月に1度良い香りを放ち、その時に伴侶と結
ばれる子を孕むのですが、受様は覚醒前の5才の時に、父王の信任が厚か
ったアルファの宰相に白昼堂々襲われかけたのです。その結果、件の宰相
は厳罰に処され、受様は森の陋屋に隔離されたのです。

受様は乳母と乳兄弟に守られ健やかに美しく育ちますが、16になっても
発情期が訪れず、未だに森の陋屋暮らしです。剣の稽古を終えた兄から、
父王の名代で国境の街に行くからしばらく会えないと言われた時も隣国と
の切迫した状況も、それが兄と最後の別れになるとも知らずにいました。

兄である皇太子が旅立ってから数日後、受様の生活は激変します。実は
皇太子は北の隣国ダウラートからの鉱山を有する街の即時返還と収益返
還を要求されていたのです。

コルドーとダウラートは過去何度もその街を巡って長く争ってきました。
受様の祖父の前王の代にコルトー領になってから争いは起きていませんが、
1年前にダウラートで悪政を強いていた前国王を側近の近衛隊が反旗を翻
して王位を剥奪し、元は奴隷だったという近衛隊の若き師団長が新国王と
なったという事は聞き知っていても、受様には遠い他国の話だったのです。

使者となった兄皇太子は会見の場で恭順を装いながらダウラート王を弑そ
うとして返り討ちにあい、その結果、王自らが10万の兵を率いてやってき
ていたのです。このダウラート王こそが今回の攻様です♪

謁見の間で父王に暗殺を謀った代償にコルトー全土を属国にする、拒否す
れば開戦という最後通牒を突きつけらた父王は、王妃を人質に自身が幽閉
となっても民のために降伏の覚悟を決め、秘かに受様を逃がそうと老教授
を陋屋に差し向けたのです。

しかし受様は1人だけ逃げ出す事を良しとせず、降伏しかなくても母の代
わりに自分が敵国の人質になる決意をして王宮に戻ります。そして攻様に
自分を母の代わりに人質として欲しいと嘆願するのです。

丈高く精悍な体つきの攻様を前にした受様は、恭順を示さねばと判ってい
ても兄の敵への敵意を隠し切れません。受様を見た父王は驚きますが、攻
様に恭順を示すと、意外にも攻様は暗殺が皇太子の一存であり、受様を連
れ帰る事を条件に講和をやり直しても良いと言い出すのです。

兄の咎を弟が贖うというならば婚姻による領土安堵を約束してもいい。
稚児趣味はないが、受様はどうやら運命の番らしい

受様は攻様の言葉を即刻断りたいと思いますが、父王の眼差しに葛藤と憂
慮と諦念が見え、攻様に従う決意をします。

受様と攻様は本当に「運命の番」なのか!?
そして攻様に嫁いだ受様を待ち受ける未来とは!?

典雅先生の初オメガバースは王道な路線で大国の王に政略結婚で嫁ぐ第二
王子の王宮オメガバースになります♪

典雅先生のお話はちょっとした勘違いや思い込みから、1人で勝手にドツボ
にハマってぐるぐるする受様のアタフタがとっても面白くて大好きなので
すが、イラストが笠井先生な事もあって、珍しくシリアス路線なのかな!?
と思って読み始めました。

兄の敵である敵国のアルファ王に強引に嫁がされる純粋培養なオメガ王子と
いうシリアス路線のままに初夜も強引&エロエロに流れ、コレがどうやって
ハピエンになるんだ!? とハラハラでしたが、脇キャラの元王子や乳兄弟が
実にいいタイミングで絡んできていてワクワクもつのります。

受様が攻様に嫁ぐ事になった背景と理由が政治的なモノなので、最初はけっ
こう攻様が強引で受様が痛々しいシーンがありますが、受様が攻様に慣れる
というか、心を開いていくとちょとづつ、受様のぐるぐるが楽しいコメディ
チックな展開になっていきます。

受様は家族と家族同然の乳母と乳兄弟と老教師としか接せずに育ちかなりな
「箱入り」です。対する攻様は前々ダウラート王の血を引きながらも、王宮
策謀で他国に売られて奴隷の地位から己の力の身で騎士として身をたて前王
の近衛とまでなった人物です。

攻様は配慮ができてもそれをいちいち口にしない上に、受様に対すると気持
ちと欲が先走ってしまって、受様の乳兄弟に嫉妬していてもソレを別の形で
受様にぶつけるので、受様は攻様の嫉妬にも自分が大切に思われていること
にも気づけません。

受様視点なのでそのあたりの攻様の気持ちは表に出てはいませんが、翼棟に
住む敗戦国の元王子を介在にする事で、受様視点では見えにくい攻様の本当
の姿が徐々に見えてきます。

受様が攻様の見方を変えた事で2人の関係性が変化し、受様の変化によって
攻様もまた変わっていって、互いに心を通わすラブラブ路線に変化しいって
受様の父親に約束したコルトーの世継ぎ問題解消までする幕引きが実にお見
事でした♪

オメガバースとしてはホントに王道で捻りや独自設定もないので、オメガバ
ース初心者さんにも読みやすいと思います。

1

典雅先生×笠井先生

典雅先生のお話に笠井先生の挿絵と聞いて、どんなお話なんだ?しかもオメガバースですと?!とかなり驚愕した本。王道オメガバースですし、ツユだく寄り。オメガバース自体が得意ではないので萌にしましたが、ところどころ典雅先生らしさを感じたお話でした。本編200P超+あとがき+サブキャラ救済SS5P。

コルトー公国の第二王子で、オメガのキリル。5歳の頃に、あまりの美貌に我を失った重臣がキリルを襲ったことから、表向きは病気療養中とし、森奥深くの小屋でひっそりと育てられています。ある日、隣国ダウラートとのいざこざで皇太子が死に、国家存亡の危機に直面し・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
リオドルス(受けの乳母の子)、コンノート(皇太子)、アラリック(攻めの側近)、リンツェット(長髪超絶美人、ダウラートに人質として来ている王子)ぐらいでしょうか。アラリックの挿絵を見たかった・・・

**好きだったところ

捻り無しオメガバース。受けさんがうぶうぶ&幼めで、兄の仇!と攻めさんキライモード全開なので、運命の番と告げられようが全く反応しないんです。それを見た攻めさんも鬼畜よりな対応をなさって、前半はつゆダクなんだけど甘い感じがしないです。

だんだん会話が成立するようになってきた時に事件が起きて無事解決、ハッピーエンド!というお話です。後半の方に少しクスっと笑う箇所が見られるのですが、基本コメディではないです。なので、普段典雅先生のご本を読んでおられる方は「え?間違えて買った?」と思われるのではないでしょうか?私はどこで笑うのか?と待ち続けていたら、「あら終わっちゃった・・」という印象でした。「恋襲ね」のテイストに似てるかなと個人的には思います。

ちょっといつもと違う典雅先生ですが、秀吉と茶々の関係に興味があったそうで、今回オメガバースでトライしたとのこと。最後のSSでサブキャラ救済もあって、私は「おお、こういう典雅先生もそういえばあったな」と新鮮な感じでした。

3

シリアスからコメディに変わる

今回ばかりは挿絵も笠井さんだし、本当にシリアス路線で行くのか?とも最初は思いましたが、やはり最後は典雅節。素直で素っ頓狂で早とちりの性格の可愛い受けに最後は尻に敷かれる鬼畜だったはずの奴隷王の攻め。時代や生まれる場所は違っても典雅ワールドの住民は愉快な人達で通常運転でした。

でも今回はオメガバースということでかなり早い段階で受けが純潔を奪われ、エロ度はいつもの典雅作品より濃いめでした。笠井さんの色っぽい挿絵の影響も大きい。あとがきでも触れられてたけどΩがあまり虐げられすぎていないのも新鮮で良かったです。典雅さんの作風であまり悲壮すぎるのは見たくない。けど意外と過去にも陰間ものとか小姓ものとかも書いてらっしゃるんですよね。

サブキャラも笠井さんの美しい挿絵で見られたのは眼福でした。リンツェット綺麗だったし、リオドルスの救済作も短いけどジーンとくるいいお話でした。

3

思ったよりずっと典雅節でした

私、典雅さんが大好きなんです。
だから今作のタイトルを知った時、驚愕しました。
おまけにイラストが『耽美の女王』笠井画伯と来れば「何かやらかしてくれるのだろう」と、期待に胸を躍らせるじゃありませんか!

最初にもう書いてしまいますが、あれですよ。
典雅さんの異色作と言うか、シリアスで不穏な始まりなのにあれよあれよという間に何故かコメディ寄りになってしまって、支配されるはずの受けさんが攻め2人を手玉に取って(?)幸せに暮らすという『恋襲ね』。
今作はあのお話の系譜だと思います。
途中から転調するのです。
その転調ぶりが可笑しいんです、このお話。

隣国に攻め入られた結果、やむなく婚姻しなければならなくなったオメガの王子キリルが主人公です。このキリル、記憶もない幼い頃に宮中で乱暴されかけたため、まるで『眠れる森の王女』の様に、乳母と乳兄弟との3人だけで森の奥深くに隠されて育ちました。
でも、典雅さんの主人公ですからね、饒舌です。
くるくると考えては、思ったことを口に出します。
それがね、とても素直で可愛らしい。

一緒に育った乳兄弟のリオドルスが、こんな可愛いキリルに想いを寄せないはずがありません。冒頭にちょっとばかりの『秘密の行為』があるんですが、
「アンドレ、キター!」と思いましたよ。
でも、今回はこのアンドレ攻めにはキリルの心は動かないのですよ。

方や今回の攻め様、ロランは当初、キリルを侮蔑した様な振る舞いなんです。
『変態っぽくなってしまうほどの溺愛』が典雅節の骨頂なので「あら、典雅さんっぽくない」と思ったのね。
いやー、騙されるところでしたよ。
実はロランも尽くす男『アンドレ』でした。
不器用で解りづらいアンドレなのね。

キリルがロランに惹かれて行く様子はぜひ本を手に取っていただいて堪能ください。
私がこのお話の醍醐味だと思ったのは『アンドレ』がバレてからのロランの変貌なんですよ。
もう、バカ。
バカとしか言いようがない(褒めてます)。
この終盤の転調ぶりが、ニヤニヤが止まらずに楽しめました。

結局、2人のすれ違いは育った環境の違いの所為なんですね。
そして『戦の結果』や『運命の番』という、外からの力で結ばれたことに対するわだかまり故に、きちんと言葉を交わさなかったことがそれに追い打ちをかけている。
私が典雅さんの物語をとても好きな理由は「愛を育むのはコミュニケーションだ」というメッセージがいつもその根底に流れているからなんです。
今回もとてもそれを感じらる様なお話で、大変よろしい読後感です。
ああ、やっぱり典雅さん、大好きです!

6

これって攻めザマァなのかな?

傲慢な攻め×強気な思い込み受けによるオメガバースです。

傲慢で嫌な奴ーーと思わせる攻め・ロラン(α)は、
実は究極のツンデレです!
受けのキリル(Ω)とは運命の番なのですが、
キリルを「箱入り」「男娼」「稚児」などと侮蔑のように思われる言葉を投げかけてきます。
その上、毎晩のようにキリルが意識を失うまで抱き潰すという所業の数々……
なんなんだ( ✧Д✧) !と思うわけなのですが、
このツンは後のデレを増幅させるための材料に過ぎないのです(笑)

人質のようにロランに嫁いだキリルは兄を殺したロランを憎んでおり、こちらもツンツン^^;
いわば、ツンデレ×ツンデレです!
ストーリーとしてはシリアスで切ないのに、
ロランの心の声が可笑しくて笑ってしまいました。
キリルの体調を気にかけるロランに対し、
〝森で暮らしてましたから健脚には自信がありますが〟
馬に乗ったことがあるかと聞かれれば、
〝乗馬は得意です、空想では〟
〝山羊に跨って速攻で落ちたことならあるんですが〟
などと、心の中で叫んでいる(笑)
キリルのこんな面白い心の声も、
本作の楽しみの中の一つかなと思います^^

後半は、お互いにコミュニケーションを深め、
キリルもロランへの愛を自覚していきます。
両想いになった後のロランはデッレデレ(^◇^;)
文章からだけでも、強面を崩して目尻を下げているのが分かる!
無口で硬派なロランどこいった?と言いたいほど甘々でした♡
前半のツンがここで効いてきます。

ラストは番となり、子を身篭ってハッピーエンド。
お腹の子に仮の名として『キラン』と付けてしまうほどラブラブで、もはや付け入る隙なしです。

キリルに出会った当時の悪行を責められシュンとして、
ロランは将来的に尻に敷かれそうな気がします( ̄▽ ̄;)
本作は、ある意味〝攻めザマァ〟なのかもしれません!


9

この受け、色んな意味で最強だと思う・・・!

兄を殺した仇が運命の番と言う、帯の通りのドラマチック・オメガバースになります。
典雅先生でオメガバースで挿し絵が笠井先生って「何事!?」となったけど。
いや~、良かった!
めちゃくちゃ良かった!!

典雅先生と言うとギャグにラブコメと言うイメージなんですけど、今回はややシリアス寄りなんですよね。
主人公は、仇に人質同然に嫁がなくてならない王子ですし、攻めは傲慢で俺様でと、かなり無体なんですよね。
だからこそ!

二人がスレ違いを乗り越えて、いつしか心を通わせるようになるのに、めちゃくちゃ萌え転がっちゃうんですよ。
また、この流れがめちゃくちゃ上手いんですよ!!

ちなみに、主人公の境遇と言うのはかなり気の毒なものですが、基本的に打たれ強くてわりと図太いキャラです。
そのせいか、そこまで痛くて切ない印象では無いのでご安心を。

ザックリした内容です。
オメガである為に、森の奥でひっそり育てられたコルトー公国の第二王子・キリル。
16歳になったある日、大国ダウラートとの間で領土争いが起こり、講和を装ってダウラート王暗殺を目論んだ兄が討たれてしまうんですね。
そこで、国を守る為に人質となるべくダウラート王・ロランと対面したキリルは、何故か初めての発情期を迎えてしまいー・・・と言うものです。

で、ロランから同盟の条件として、運命の番であろうキリルを伴侶として寄越すように要望されと言う流れ。

と、こちら、大筋だけみると、かなりシリアスなんですよね。
実際、序盤は結構なシリアス展開なんですよね。
ロランは最初から「稚児趣味は無いが、運命の番のようだ」てな感じで傲慢な態度。
しかも、初めて会ったその日に、「何も隠し持ってないか検分する」とか言って目の前で裸にさせ、更に「口の中や尿道、肛門も確かめさせて貰う」と無垢なキリルの身体を拓く。
で、そこから毎晩毎晩、キリルが気を失うまで激しい責め苦。
えーと、かの名作「恋襲ね」がかなりのエロエロっぷりだったりするんですけど、負けず劣らずエロエロなんですよ。
身体検査に始まり、わざわざ乳兄弟に情事の声を聞かせ、射精管理に潮吹きにと言った感じで。
いや、典雅先生、飛ばしてるー!

と、こんな感じで抱き人形のように扱われと、ロランに対して憤りを募らせるキリル。
更に、ダウラートには同じような美しい人質達が多く居てと、自分はその中の一人でしかないと思い込むんですね。

繰り返しになりますが、これ、普通ならかなり痛い印象だと思うんですよ。
が、そこは典雅先生。
このストーリーで、実際の印象としてはそこまで重くなかったりします。
と言うか、結構笑えるし可愛くてキュンとしちゃう場面も多いと言うか。

そもそもキリルですが、森の奥で、乳母と乳兄弟であるリオと言う限られた人の中のみで育ちと、かなりの箱入りだったりします。
ただ、国王夫妻や兄王子は定期的に訪れて可愛がりと、すごく愛されて育った幸せな子なんですよ。
だから、箱入りだけど打たれ強いし、精神的にも強い。
図太いとも言うか。
えーと、かなり強気ですし、基本的にポジティブなんですよね。
ロランに「病弱で箱入り育ちらしいから~」とか言われれば、内心で「病弱じゃないし、森で暮らしてたから健脚には自信がありますが?」みたいな。
また、「馬の扱いに慣れてるか?」と聞かれれば、「「乗馬は得意です。空想では」と言うべきか「もちろん乗れます」と答えて初挑戦でも巧みに乗りこなせる奇跡を願うか・・・」なんてやってる。
一応シリアスなのに、こんな感じでちょくちょくプッとくるエピソードが入ってるんですよ。
えーとこう、傲慢な攻めにやられっぱなしじゃ無い所が、雰囲気を明るくしてくれると共に、キリルの魅力にもなってると思うんですけど。

対して、攻めとなるロラン。
しつこく傲慢と書きましたが、実は彼は彼で、少しずつ見えてくる本当の姿が魅力的でして。
奴隷上がりの残虐な王と言う噂が先に来てるんですけど、それは先代のダウラート王の話。
ロランですが、その残虐な王を弊して、圧政に苦しんでいる国民を救った英雄なんですよね。
実は。
また、彼のバックボーンと言うのはかなり過酷なもので、孤独な人生を歩んできた人物だとも分かる。
共に過ごすうちに、ロランのそんな本当の姿を少しずつ知り、キリルの気持ちに変化が起きて行くー。

や、最初の「憎むべき仇」から、少しずつ少しずつキリルの中に親近感が芽生え、そんな彼の変化により、二人の関係があたたかいものになって行く。
いやね、愛も無く嫁がされ、一生許せないと思った相手を、これからは共に生きて行く伴侶だと心から思えるようになるかも・・・。
と、キリルが思うシーンが素敵で。
ロランを知れば知るほど、憎み続ける事は難しくなってしまったんですよね。
本当は、もう許したかったんですよね。
いやもう、祖国を遠く離れた場所でと激動の運命をたどった主人公が、こうしてやっと安らぎを覚えるのに、グッと来ちゃんですよ。

この後ですが、もう一波乱あります。
で、このエピソードにより、ようやく誤解が解け、心が通じあう二人。
えーと、ここまでのロランの傲慢な態度ですが、実は・・・と最大級の萌えが来ます。
ちょっ!?
ロラン、どんだけ不器用なの!?
内心と言ってる事の解離が凄まじすぎるんだけど!
てか、そんなの分かるかーーーい!と。
いやもう、小学生かい!!
また、ここでキリルがズケズケと、これまでの酷い態度を突きつけて責めるのにもニヤニヤしちゃって。
ロランがやり込められてタジタジで、ボソボソと謝るのにも笑いが止まらんがな!と。
攻めザマァとしちゃ生ぬるいけど、とりあえず最高だよ!

ちなみに、二人が結ばれた後はめちゃくちゃ甘いです。
終盤でキリルに妊娠が発覚しますが、お腹の子供に「キリルからとって『リルリル』と呼ぶか。『キリキリ』ではあまり可愛くないからな(キリッ」とかってロランがやってるのにも爆笑しましたよ。

5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う