君は純愛にふさわしい

kimi wa junai ni fusawashii

君は純愛にふさわしい
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神18
  • 萌×216
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
166
評価数
38
平均
4.4 / 5
神率
47.4%
著者
Luria 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイオメガバースコミックス
発売日
価格
¥659(税抜)  
ISBN
9784799747070

あらすじ

煩くて、慣れ慣れしくて、正直引いてた、あの横顔を見るまではーー
αが至上の世に辟易する津賀は、αながら品行方正に生きてきた。
だがある日、苦手なクラスメート・松前が
橋の上から川をぼんやり眺めている姿を目撃。
いつもは騒々しい彼の、らしくない横顔を見たらどうにも放っておけなくて!?
描き下ろしは番の誓いとトロトロエッチ

表題作君は純愛にふさわしい

津賀りゅうや,生真面目なα高校生
松前柚季,情緒不安定なΩ高校生

その他の収録作品

  • 描き下ろし

レビュー投稿数5

これ、めちゃくちゃ良いって!

最近は、オメガバースの苦手感が薄れまして。おかげで、良い作品に巡り逢う機会が増えました!

まず、関西弁のオメガバースが予想以上に良かったです。いつもの言葉も、関西弁だとより沁みると思いました。
Ωとしてα一家で生きている(生き抜いていると言える…)柚季がふわふわしているようで、心に重りを付けて居ることの意味。
どうにもならない性の為に生き方まで、否定されて、型にはめられているのは辛い。

なんで、性差で人を見るのか?同じ人なのに。
でも、柚季自体はその疑問すら持てない状況なんですよね。

余り関わりがなかった同級生の津賀(つがるん,と呼びます!)とふとした事で交流を持つんです。ほんと些細な出来事。
つがるんの家族が、温かいβ一家。でも、つがるんだけが突発性αなんですよね。
つがるん自身は、性差じゃなくて、人は同じと言う思考の持ち主です。だからこそ、柚季はΩという型に嵌めないつがるんに好意を抱くのですね。

タイトルにもなった、純愛。
人は同じ。性差で区別つけない。

柚季だから、つがるんだから惹かれるわけです。ヒートに苦しむ、柚季に当てられてもラットにならない。
『αなんやと思ってんねん ケダモノちゃうぞ』『普通やろ αがΩを食い物みたいにしていいわけない』これが、つがるんの柱になっている性差に対する率直な気持ち。
つ、つがるん~!めちゃくちゃかっこ良いじゃないか。
この言葉もしかり、まだまだつがるんのかっこ良い言葉が、あちらこちらに出てきます。
んも~柚季じゃなくても惚れちゃうよ…
柚季の兄に放った、言葉も良かった。兄との関係性に悩む柚季を間違いなく救う力のある言葉です。

2人がちゃんと未来を考えて、そこから番という選択を選ぶのが良かったです!
柚季も、陰がありつつ健気な可愛らしさ。

読んでみて良かった。締め付けられるようなときめきをありがとう!
Luria先生の次回作、楽しみにしています!

5

αもβもΩも同じ人間

帯には「ワケありメンヘラΩ」と書かれています。
メンヘラ具合はインタビュー記事にあるサンプルでご確認を。

品行方正α×メンヘラΩのCPで
種に過敏になる思春期らしさもあって良かったです。

特筆すべきはα攻めの種に対する考え方…!
攻め:津賀は「αだから~」と言われるのを嫌っています。
αとかβとかΩとか、関係ないでしょ。
みんな同じ人間でしょ。っていう感覚の持ち主。

β一家の突然変異で家庭内唯一のα。
明るくて優しい家族だけど「αだから~」と言われる度に疎外感を感じていたのですね。
種で物事を考えることを嫌悪している姿に好感が持てました。

受け:柚季は逆にα一家の中で唯一のΩ。
家庭内で浮いていて、兄からはストレスの捌け口にされ。
家に帰りたくないがために学校では愛想振りまいて体使って寝処を確保する。
どこにも居場所がない危なっかしさがありました。

だからこそ柚季は津賀の言葉に救われるし、
柚季が抱える孤独感を津賀は理解できる。

全く正反対タイプ(むしろ津賀は最初柚季を嫌ってた)
だった2人が少しずつ距離が縮まるのにジンワリします。

ていうか、津賀がとにかくカッコよくて!!!
柚季の発情にあてられても本能を押さえ込んで
保健室まで運ぶとことかどこの王子様やねん的な←

よく我慢できたねって褒められても
「…人間なんで」って答えたり、
柚季から家族の話を聞いた時に
「人間なんやから」
「おんなじ人間なんやから」って口にする。

種の差別を過剰に拗らせ気味なところが思春期っぽい。
それでいて柚季の発情に誘われ初めて繋がる時は
強烈に種の違いを実感してしまうとことは青苦くてですね。

オメガバースの心と体に矛盾が生じるとこは
やるせない気持ちで萌えるのは何故でしょうね(;//;)
その後に心と体が繋がったエッチシーンもすっごいよかったです!

お悩み解決方法が「番」っていうのは
浅慮な気がしないでもない…。かな…。
おままごとみたいだし親の金あってこそだし…。
まずは自立してから考えようよ…。
(てこの感想は野暮なおばさんですね;)
番の重みが感じられなかったのはちょっと残念かな。

萌え寄り評価なところもありますが
モヤモヤを抱えた高校生の姿にキュンとしたので萌え×2です。

6

シリアスだけど方言が可愛い

ビッチなΩと硬派なαーー二人の初恋オメガバースです。

Ωの柚希がかなりメンヘラで、一人称は〝ゆず〟
高校生にもなって男の子で自分を名前呼びだし、
〝いやいや〟ばっかの駄々っ子だし、正直最初は引きました。
αの津賀もそんな柚希を苦手に思っていたのに、
ある日思い詰めた様子の柚希を見てから気になり始めます。
津賀はα至上主義の世の中に辟易していて、
バース性に振り回されないとても硬派で優しい男の子です。

お互いに惹かれ合うものの、柚希のヒートによって性を初めて強く意識した津賀は、そんな自分にイラついたりします。
柚希はαばかりの家庭の唯一のΩで、
親からは失望され兄からはストレス発散の道具にされ……
こんな家帰りたくなくなるのよく分かりますし、
とにかく兄が気持ち悪い(`・д・´)

αとΩそれぞれの葛藤がそれぞれの視点で描かれており、
読み出した時の印象よりずっとシリアスだと思いました。
津賀をドブ沼に引き摺り込みたくないと言う柚希に、
「性も他人も世界もそんなん関係なく柚希のことが気になる」
と伝える都賀からは、柚希をΩとしてじゃなく一人の人間として見てくれてるんだということが伝わってきました(;ω;)
最後まで真面目で硬派な津賀がとてもカッコ良かった!

兄を二人で撃退し、番になる約束をしてハッピーエンドです。
学生同士で不用意に番にならなかったところは好印象でした。

オメガバースの割にHは少な目かな。
柚希が友人宅を渡り歩いてましたが、モブとの絡みはなしです。
ヒートに当てられてのHもありましたが、
やっぱり両想いになってからのトロトロHが最高でした♡

紙本 修正は白抜き



6

良い攻めα

ストーリーがでろでろに濃いものや社会人ものを好む傾向にあって、作家買いか余程じゃないと高校生モノの新刊を買わないのですが、たまたま手に取ってみました。
口絵でかなり怯みましたが、結果、こういうのもたまには良いな〜と思ったので大変嬉しい驚き。口絵はなんなんでしょう…ちょっと違わないか?

王道オメガバースですが、津賀(攻め)のキャラがいい!極端に作った性格をしていないんです。これで例えば委員長とか、お金持ちとか、擦れすぎてるとか、ヤンキーとか要素もう一個乗っかってたら冷めてたと思う。このちょっと硬派な、β一家で真っ当に育ったαってところにグッとひかれました。母親と一緒に買い物できる津賀家の平和さが早々に描かれたところがかなり良かった。

関西弁もいいですね!作品の空気づくりに一役買っていると思う。標準語だったらもっとベタさが際立っちゃったと思う。

2人がくっついた後の甘々が特に好きです。とにかく津賀がいい。津賀ばかり絶賛して柚季には悪いけど、高校生にしてこの包容力。魅力的なキャラクターでした。

電子書籍ひかり
裏表紙有り
限定おまけ漫画1枚 表紙についてのメタっぽい可愛いネタ 神評価の方は是非

2

αもΩもおんなじ人間

"Ωだけが抑制するのはおかしい"αの津賀くん(攻)のこの言葉にやられました。凄く素敵なお話でした(*^▽^*)

自身がαである事が苦手だと思っていたのも、"Ωだけはおかしい"という考え方に通じるものがあるのかなと思いました。一家の中で自分だけがΩであり実兄に性的暴力を受けていた柚季(受)に対して、αとかΩとか関係なく"同じ人間だから平等なんだ"と話した部分、凄く素敵だなと思ったのと同時に、もしかしたら津賀くん自身がαであることでの優遇や差別を嫌っているのかなと思っていたら、描き下ろしで、自分がαであることが苦手なことや、αな兄に対して(多分)βの妹が劣等感を抱いたりと、αにはαの悩みがあり、それは他人から見たら贅沢にも思えるようなことでも、決してそうではない事が伝わり、心理描写が丁寧で素敵でした。

物語は、死のうとしていた柚季を津賀くんが助けた事で、2人の関わりが次第に深くなり、惹かれ合いますがすれ違って傷ついて、それでも一途さをお互いが貫き通して結ばれるハピエンです!!

津賀くんの言葉、考え方、凄く素敵です!ぜひ!

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う