私立帝城学園-四逸-2

shiritsu teijo gakuen

私立帝城学園-四逸-2
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神17
  • 萌×211
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

48

レビュー数
7
得点
141
評価数
32
平均
4.4 / 5
神率
53.1%
著者
夏下冬 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ふゅーじょんぷろだくと
レーベル
ポーバックスTHE OMEGAVERSE PROJECT COMICS
発売日
価格
¥750(税抜)  
ISBN
9784865896114

あらすじ

" 初恋の人を追った先は、
α(アルファ)が君臨する全寮制の名門校。"


四逸(しいつ)と呼ばれる特別な4人の学生。
全生徒が彼らに憧れ、いつかその地位につきたいと願う。



大好きな人みたいな、ヒーローになりたかった。

元恋人の那治(なち)を支えたくて帝城学園に入った春太(はるたか)。
しかしそこは地位を持ったα(アルファ)が集い、自らの力を誇示する場所だった。
Ω(オメガ)である春太は上手く学園に馴染めず、那治を支えるどころか自分のことすらままならないでいた。
そんな彼に目を掛ける学園の権力者・四逸(しいつ)の一人、葵木(あおき)。
何かにつけては面倒を見てくれる葵木に春太は少しずつ信頼を寄せていく。


αの集団の中で懸命に自分の恋とアイデンティティを探してもがくΩ。

表題作私立帝城学園-四逸-2

永南那治,α,高校1年生
一条春太,Ω,高校1年生

同時収録作品私立帝城学園-四逸- 番外編ー辻編②

椿 幸高,四逸「運動」代表
辻,高校1年,春太と同室

その他の収録作品

  • 番外編ーお子様はα

レビュー投稿数7

徹底された世界観とピュアな男子を楽しむ本

1巻からずっと待ってて、ようやく2巻です!

某魔法学校で有名な物語の世界観のようなお話です。学校といっても世間からは隔絶されたような、おとぎ話の世界から飛び出してきたようなお坊ちゃん学校で、それを完璧な世界観で形作る徹底的なビジュアルに圧倒されます。

制服や校舎などが徹底的に作り込まれていて、その洗練された世界観にはただただ脱帽です。作者様がいろんな文献を調べられて、制服の解説なども細かく設定されています。古典的なのにスタイリッシュで、とにかくオシャレ。それに、学校のシステムや部活、カフェメニューまでも非常に細かく設定されていて、解説ページが設けられているのですがそれを読むのもとても楽しいです。

2巻では春太の乗馬から予期せぬ形で葵木先輩と一夜を過ごすシーン。毛布を取って後ろから、『失礼』と言って春太を抱き締める葵木先輩にドキドキ。もちろん、体温を保つ為とはいえ、葵木先輩はどんな気持ちで春太をぎゅっとしたのか…。葵木先輩はミステリアスで、まだ気持ちが全然読めないから、今後がどうなるのか気になりすぎます。

私はできれば春太は葵木先輩とうまくいってほしいなー(那治ごめん…)と思っていて、登場人物の中でも葵木先輩が1番好きなので、この二人のやりとりがあるとかなり萌えます。

那治のお兄さんが登場し、春太と那治とお兄さんの過去の思い出が明らかになる。那治にもお兄さんにもいろいろしがらみや大変なことがある様子…。そして、お兄さんはなぜ、蓮宮とあんな懇意にしているのか…?蓮宮はなんで那治にちょっかい出してるのか…?まだまだいろいろと謎が多いです。(私の理解不足かもしれませんが)

蓮宮って何か理由があってグラサンしていると思っているのだけど、1巻でほんの少し見えた横顔から、グラサンの下はかなりのイケメンが隠されているのでは!?と勝手に妄想しています(笑)

しかも蓮宮はわざとあんな道化役をやっているのかな、とも思うし…きっと何かあるのではと、またまた妄想は膨らむばかりです。

最後、那治の部屋でヒートになり、那治と!?ついに!?葵木先輩は…!?←え(笑)

という、めっちゃくちゃその後が気になる形で2巻は終わり。もう、今から3巻が待ち遠しいです!

椿と辻くんのその後もありで楽しめましたが、やっぱり、お子様はαの2回目が載ってて、かなり嬉しかったです。隆臣、ほんと最高(笑)過保護っぷりが増し増しで、一昌と隆臣の続編もやってほしいなーって思いました。

2

今最も続きが気になるBL

タイトルの通り今最も続きが気になるBL。

那治を追ってαが君臨する全寮制の名門校に入ったΩの春太。
元恋人の那治を支えたくて奮闘するものの空回り気味。
そんな春太を何かと気にして面倒を見てくれる学園の権力者・四逸の一人、葵木。
三角関係なのか?と思っていたけど、何やら蓮宮も真意がわからん動きしていて......
ここで終わるの!?ていうところで次巻に続くのでこの先どうなるか非常に気になる。
どうなんですか!!どっちなんですか!?

椿と秋彦の話もよかった(〃ω〃)
こちらも今後続くのかな?

1

恋とは

1巻から続けて2巻のレビューです。
優しくて頼りになる葵木に信頼を寄せていく春太。
ハンカチ(笑)のお礼にと、葵木に似合いそうな万年筆のインクを渡すシーンの葵木の表情が!たまらないですね…?!
これはきゅんとしちゃうなあ…
憧れと恋愛について語る2人がまた良い雰囲気。

1巻では春太が那治に対しての未練が描かれていたものの、その背景は分からなかったのですよね。
今作では那治の兄を含め、2人の出会いのシーンが描かれています。
この子供時代のエピソードと、本音が分からずにいた那治の感情が見えてくる事によって、乗馬シーンで「葵木先輩とくっついちゃえばいいのに!」と思ってしまっていた気持ちがすごーーく!ぐらつきました。
え〜!ここで続くなの…?!と、続きがとても気になるところで終わってしまいました…つ、続きが気になる…
前作よりも人間関係が濃く描かれていて面白くなって来ました。
葵木も那治もどちらも違うタイプで、個人的には葵木とくっついて欲しい気もするし、健気な那治と幸せになって欲しい気もして…
こんなに魅力的なキャラクターを描いてしまう夏下冬先生がすごい。
次巻への期待が更に高まる2巻でした。
蓮宮も謎の多い人物で気になります。

あとですね、番外編の辻くんがめちゃめちゃ可愛くて!
そして、椿がなかなかに意外なキャラクターだった事にこう来るかー!と驚き。予想外でした。
この2人の今後ももっと読みたい。

各話の合間に挟まれる設定の数々も面白いのですが、同好会・愛好会・サークルの一覧のクセが強すぎて笑いました。
エリート学院の生徒達…なんですよね…?(笑)

1

今後に期待!

久しぶりの続巻です。1巻の時の期待を裏切らない!
Ωである春太は幼馴染兼元彼の那治(α)に涙を見せてしまったことへの羞恥心に駆られているところから始まります。春太が困った所で出てくるのが四逸の一人である葵木。さすが葵木先輩!春太の心に寄り添うところが男らしくて頼れる!

葵木先輩に誘われて乗馬合宿に参加することに、、
もうこの時点で何か起こる予感がしますね(笑)
案の定イベント発生!二人で乗馬の途中で雨が降り転倒。春太が気が付いた時には全身裸状態。目の前には自分と同じ裸の葵木が!?二人で毛布一枚温めあっているシーンはニヤケが止まりません。

私自身春太は葵木先輩とくっついて欲しいですが、那治と春太の小学生の時の物語を読むと那治も家にとらわれていてかわいそうな子なんだなと感じます。別れたくなかったのに家を捨てることのできない自分自身も嫌でどうしたらいいのか分からないという心情が読み取るほど繊細にキャラを描かれていてすごいなと感じました。

後半春太が那治への想いが憧れだと気付き、そのことについて那治も気づいていていた。気まずい状態での春太の発情期。 

展開が早すぎて頭が追い付かない(笑)
春太を押し倒したときに那治が春太の写真が入っているペンダクトを肌身離さず持ち歩いているのだと気付いた時どれだけ春太を想っているのか感じ取れ切なくなりました(´;ω;`)

同時収録では「奥様はα」の番外編と四逸の一人である椿先輩(α)と春太と同室の(Ω)辻くんの話です


奥様はαでは二人の子供(昌臣)が出てきます。子供同士で鼻をくっつけているシーンは可愛すぎです!ちーちゃんと昌臣の二人のお話で漫画一冊作れる感じはしました。ぜひ読みたい(笑)

椿先輩と辻君の話は1巻の続編です。なかなか椿先輩はやり手だなと感じさせられます。辻くんはちょろすぎ(笑)
二人のセックスシーンもありオマケとは感じさせられないくらいのボリューム

夏下先生の作品自体すべて面白いので読んでみて下さい!

2

憧れは恋では無いと思うの?

冒頭は10代にして、達観してる感がスマート過ぎる‼︎ 四逸のメンバー葵木先輩とまさかの肌を合わせてしまう春太。
いにしえより数あるラブストーリー的な。
突然の雨。2人きりの山小屋の夜。寒さをしのぐ為に濡れた服を脱ぎ捨てて裸で温め合う。
きゃー!春太ピンチ⁈と、思いきや、鋼の理性、葵木先輩は何も興奮する事なく。
春太がドギマギしただけで、夜は明ける。
うーん。葵木先輩は、春太を好ましく思ってる筈なんだけどね。

そして、そんな2人と那治との三角関係はさて置き。那治の兄、那都の登場で、物語は春太、那治、那都の子供の頃へと遡る。
比較的自由に伸び伸びと育った春太とは違い、議員の息子である那治たち兄弟は厳しく教育されていた。
おそらく勉強の為に、長男の那都は得意のピアノを弾く事を禁じられ、窮屈な思いをしていて。
そんな那都のピアノの調べを那治と聴いている時間が大好きだった春太。
3人の時間を守ろうと子供の非力さで奮闘する春太が、那治が愛おしくて。これは泣けます。
幼馴染だけのそれは大切な想い出。
そんな感傷に耽っていると、四逸の会長・蓮宮に「お前が永南に抱いている感情は、恋じゃなくて、憧れだと思うなぁ。」などと指摘される。
本当に?春太は自問自答する。ずっと那治を好きだったこの気持ちは恋ではないのか。
うーん。蓮宮は那治狙いだから、引っ掻き回したいだけな気もするんだけど。
揺れる春太は信頼する葵木先輩に相談する。
「恋愛であろうと、憧れであろうと。相手に抱いた気持ちが嘘になるわけじゃない。どちらでも、その気持ちは大事なものだ…。」
春太は那治に会い、自分の気持ちを告げる。那治の方から春太を振った事にしているものの。やはり那治は春太が好きなのだ。むしろ、那治の方の気持ちは恋として。
ここでウッカリ忘れそうになってたけれども。本作がオメガバースだった事を思い出す。
那治に押し倒された拍子に春太は突然ヒートになる。興奮して息が荒くなる那治。いつもの紳士な穏やかさとは違い、獰猛さを湛えた那治に怖れながら身体は濡れて行く。春太、ヤラレちゃうの⁈ というところで次巻へ。
葵木先輩と那治の間で揺れるんだろうか?葵木先輩は、春太を恋人にしたいと思うようになるのか?うーん。葵木先輩は素敵なんだけど。私は今のところ 那治 × 春太 を推したいなぁ。
那治は一度家の為にと春太を捨てようとしたんだけど、その想いは捨て切れなくて、春太の写真をロケットに仕舞い、肌身離さず身に付けている。ちょっと健気なところもあるのだ。
可愛いじゃないか。
蓮宮先輩は嫌いじゃ無いけど、那治にはフラれて欲しい。無理かなぁ。
また、那治の母親がスイスで療養中など気になるところ。登場人物も増える一方なので、どんな風に物語が展開されていくのかとっても気になります。

番外編は1巻に続き、「奥様はα」の2人と彼らの息子・昌臣による、
「お子様はα」第2話。
前作は、本編のエロ度の少なさを補う様に、隆臣と一昌のエッロエロラブラブエッチだったのが、今回はエチ無し。帝城学園附属の幼児教室に通わせるべく帝城のパーティへ出掛ける親子。幼ない昌臣にはお気に入りの友達が居るらしく。パパである隆臣はもはや我が子を嫁に出す気持ちになりガクブル。

描き下ろしはもちろん春太のルームメイト辻くん編。
四逸メンバーになるという野望を持って椿先輩に近付く辻くんだったが。その腹黒さはいつしか影を潜め、本気で椿先輩を好きになってしまう。
一度は辻くんを跳ねつけた椿先輩だったが…。
堕とされたのは実は辻くんの方。さすが四逸メンバーなだけあって。先輩の方が一枚も二枚も上手なのでした、というお話。今回はこの2人のエチでエロ度補完しています。

その他、帝城学園の部活動や、お上品だけど男子校らしいガッツリめの寮のおすすめメニュー。豪奢な四逸メンバーの屋敷一部公開、帝城学園グッズなど。夏下先生が楽しんで描かれている細やかな設定が盛り沢山。

3

"考える"は成長であり、子供でいられた日は戻らない

。゚(゚´Д`゚)゚。

この状態でまた1年も待機ですか…(涙)
那治×春太といえばそうですけどハッキリしてないですよね?
個人的には葵木か那治かだけでも早くハッキリ知りたい(;ω;)ウウウ
ああ…でも3人の関係をじっくり丁寧に読みたいジレンマ(;ω;)ウウウ

春太と那治
春太と葵木
那治と蓮宮
ますます切ない方向へ行っていますね。
1巻は春太の涙にギューッと痛くなったんですが、
2巻は那治の淋しさが感じられてキューッてくる。
(そんで蓮宮の何考えてるのかわからない感じが私は苦手だ)

三角関係ならぬ四角関係みが更に帯びてきて
春太と那治の過去も明らかになって
はぁ…シンドイ…シンドイ…(;///;)
息絶え絶えで読みました。

本編のストーリー展開はゆっくりだった印象です。
辻編は……着地点があったものの…(´⊙ω⊙`)!?
「奥様はα」の番外編は+゚。*癒やし*。゚+でした。


『大好きな人みたいな、ヒーローになりたかった』(裏表紙より)

自分の中のアイデンティティが崩れ始め、
那治への想いに悩み、自分を見失いそうになる春太。
蓮宮から"その恋は勘違い"と指摘されて……。

那治の兄が登場し、
春太と那治が仲良くなるキッカケとなる過去も明かされていく展開です。


なんかね、恋ってなんだろうなって。
そういう淋しさが妙につきまとって悲しい。
1巻冒頭のように何も疑わず真っ直ぐに那治を見ている春太はもういない。
それが少し大人になるってことかもしれないし、成長なのかもしれない。

那治への恋心がホントに恋だったのか、
憧れの勘違いだったのか。
揺れる春太を見ているのはとても切なかったです。
なにも疑わずやってきた土台が崩れていく不安定さが心許なくて。

その揺らぎを、春太は那治に打ち明けます。

その言葉を聞いたときの那治の静かな微笑み。
"わかっていた"と受け容れる淋しげな眼差しが見ていて痛いのですよ。

春太と那治が出会うきっかけとなった過去などで
那治がいかにツラい立場なのか切々と感じ、
せめて春太だけは那治の横にいてあげて欲しい…!!!と祈ってしまいました。

ホント、春太だけは…春太だけはさ……(泣)

2巻は過去や那治兄の登場もあって葵木の出番は少なめ…かな?
けれど葵木は発する言葉1つ1つが印象的で、
春太の悩みをスッと軽くしてくれているっていうのが…。

いや、葵木ルートなら萌えなんですよ。
でも私は那治が可哀想って思えてしまって複雑になる。
でも葵木は人間性が魅力的で朴念仁な男が恋するところもみたい。

あああ悩ましい。
この作品は罪や。
どっちルート入っても切ないし辛いし幸せだし。
ああシンドイ。えーここで!?というところで次巻を待て!状態なので更にツラい。

ヒートを起こしてようやく本音が出る那治の不器用さ。
誰か那治を救ってあげて!!!と願いました。
(蓮宮は立ち位置が信用出来ないので任せたくない)
(うちの娘はやらん!的な)
(でも蓮宮が救ってくれたら感動する)

那治×春太ルート、何%かは可能性はまだある気もするけど、2巻の春太の気付きでゼロになったのかな。解釈次第でいろんな読み取りが出来るのが面白さでありシンドさですね(;∀;)

◆辻編
続きめっちゃ楽しみにしていました!
これね、ネタバレなしで読んで欲しい。

なので感想が上手く書けないけど、
椿に萌えるかと思ったら、それ以上に辻に萌えてしまった。
まさか辻が…(∩´///`∩)泣き顔可愛いぞ!
愛は………あると信じたい。

◆お子様はα
お遊戯会でタキシード着用はさすが帝城学園!
ダンスを踊るパパたちがカッコいいです…!
親バカの夫婦バランスも良き(﹡´◡`﹡ )

評価は神寄りです。今はジレンマが大きい。

3

どこに落ち着くのか?先はまだ長い……

一年振りに出た続巻。
ワクワクしながら読みました。
相変わらず作り込まれた世界観と、ブレないキャラが素晴らしいです!
複雑な人間関係なのに、少ない台詞で上手く読み取らせてくれる。
台詞のないページもあったりして、サクサク読めちゃいます。

ただ、本編のページ数が少なかった。
また、いいところで終わるのよ^^;
本編は5話だけ。
あとは、『奥様はα』の番外編が10Pと、描き下ろしがたっぷりあります。
で、この描き下ろしが一番面白かった‼︎


メインストーリーは、那治と春太の出会い編。
那治の兄まで登場し、まだキャラ増やすかって感じです……

子どもの頃の春太は、今と同じ様に純粋で真っ直ぐ。
那治も利発的な兄思いの少年で、春太とは自然に仲良くなっていきます。
ずっと那治は春太のヒーローで、いまだにかっこ悪い自分を那治には見せたくない。
1巻で弱い所を見せてしまった春太は、那治とはギクシャク。

でも、それって恋?と、春太の気持ちに疑問を投げかけるのは、
四逸の一人・博州。
恋か憧れか?
那治への想いを盲信してきた春太は、初めて自分の気持ちに向き合います。

もしかして、那治は春太が那治を想う以上に春太の事が好きなのかも知れません。
どうしても諦め切れないのは、きっと那治の方……
那治を前にして、初めてのヒートを起こす春太。
この時に考えるのって、誰のことなんだろう?
那治?葵木?

今回、葵木との関係に大きな進展はないけど、2人で遭難した時はドキドキしました♡
葵木のバックハグにキュンキュン。
「失礼」って、紳士すぎるわ^^
この2人の関係がどうなっていくのかまだ読めなくて、そこに興味が持っていかれます。

『お子様はα』は、癒し担当ストーリーですね。
過保護な隆臣に笑いました!

描き下ろしは、辻編②
前回に引き続き、辻と四逸・椿のお話です。
いやー、参った。
いい話かと思ったら、大きなオチがありました。
四逸、かなり曲者揃いですね……
いやいや、怖い怖い。
椿と辻だけHアリです。


続きが楽しみですが、また一年後かな……
のんびり待ちますよ〜

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う