都合のいい相手はもう嫌なんだ

最低なのに好きな人

saitei nanoni suki na hito

最低なのに好きな人
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×24
  • 萌5
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
3
得点
42
評価数
13
平均
3.4 / 5
神率
15.4%
著者
伊藤にゅうし 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA(エンターブレイン)
レーベル
B's‐LOVEY COMICS
発売日
価格
¥700(税抜)  
ISBN
9784047361973

あらすじ

ゲイの和谷は片想いしているクラスメイト・畠が彼女に振られたことを知る。
弱っている畠につけ込むように、身体で慰めてやると提案してしまう。
見返りが欲しかったわけではないのに、和谷との行為にハマっていく畠を見て、いつか自分を好きになってくれるかも…と淡い期待を持つようになる。
しかし畠は彼女とヨリを戻し、和谷に元の関係でいようと言ってきて

表題作最低なのに好きな人

畠,彼女のいる高校生
和谷,畠のクラスメイト

その他の収録作品

  • 描き下ろし

レビュー投稿数3

和谷くん…

男子高校生のお話。

和谷くんがゲイを自覚することから始まります。
そして前から気になるクラスメートの畠とあれやこれやで仲良くなって、果てには失恋を慰める&自分も初体験をしたいと言う建前で畠と寝ちゃうんです。
挙げ句、セフレみたいになってしまう。
和谷くんには、畠に対する期待も芽生えるし。
まあ、それからの2人の顛末なんです。

いや~タイトルに最低って有りますが、それは畠の事。
途中で、彼女とより戻すは、でも和谷くんとは友達でいよってさあ…
彼女と過ごせば上の空で、和谷くんが気になる。和谷くんは、畠を好きだけどズルズル会うことはしないし冷たく避ける。

で、和谷くんを追ってしまう畠は彼女にも気づかれる。

でも、なあ。高校生だしな…
好きだって言ってくれたら、まして彼女よりも和谷くんといることが心地好かったら。
この畠は、最低って言うよりも子供っぽいんだと思います。
高校くらいは、意外と考え方の成長に個人差が出てくる頃かと思います。畠の場合は、自分を好きになってくれて、まして自分も和谷くんをセックス込みで好きになっている。

なのに逃げられたら、そりゃ和谷くんを追っかけてしまうかと。友達にさえ妬いてしまう。
もちろん和谷くんには計算は全く無し。

この2人が経過と共に関係性が変化しているのが楽しかった!
一見、クズで最低に思える行動や心理の畠も、ちゃんと人を想うための成長が追い付いていなかったのかなぁと思います。

結果としては、和谷くんが押せ押せで迫る畠に折れて絆され、好きな気持ちを素直に出せたのが良かった。

2人が成長過程で、恋をして人間としてお勉強する…私は、結構、じくじく悩む高校生たちが可愛くて良かったですね…!

あと畠の元カノ、リカちゃん。この子も、実は頑張っているなぁと思いました。背伸びしながら成長するの大事ですからね!

2

それ言っちゃう?

失恋した畠につけ込んだ和谷も悪いけど、彼女と寄りを戻すからこれからも友達のままでって告げる畠の無神経さに腹が立ちました。

しかもどうして和谷に避けられているかが分からない。想像力が皆無なんです。

友人達に相談するまでは良いのです。でも相手は畠の事が好きだからじゃ無いか?と言われたからって、畠が和谷に言った言葉に絶句しました。
それ言ったらお終いでしょって思ってしまいました。
とても残酷でした。
無邪気で悪気が無いんです。そんな相手を好きになった和谷に同情しました。

そしてそんな無神経な畠の友人も元カノが聡かった。彼女なんて畠が和谷の事を好きなのを見抜いてましたから。

でも気になったのは彼女は熱っぽく自分を見つめて来る畠が良かっただけで、好きでは無かったから一回別れたし和谷に嫉妬もしないし、畠に未練がなかったのでは無いかと思いました。

だから遅かれ早かれ別れたと思います。畠はようやく和谷で好きだという感情がどういうものか知る事が出来たのではないでしょうか?

0

悪気がないほどタチが悪い

すごく面白くなりそうなストーリーなのに、全体的にちょっと惜しい感じがしました。


彼女持ちのクラスメイト・畠に片想いする和谷は、畠が振られたと知り、慰める名目で抱かれます。
その後も続く身体の関係に、期待する和谷。
しかし、畠はあっさり彼女とヨリを戻し、〝今まで通り友達として〟と告げてきて……というお話。

これ、和谷がものすごく切ない展開なのですが、そこまで感情移入できなかったんですよね。
和谷が畠の復縁を聞いて怒るんですよ。
いや、でもアンタただのセフレでしょ?っていうね。
鈍い畠も大概だけど、和谷の我が強すぎたかなーって。
振ったのに友達でいたいという男は最低だけど、この場合は畠は全く和谷の気持ちに気付いてないからね。

ただ、この後の畠の行動が意味不明過ぎるんですよ。
友達から、セフレは畠に気があったんじゃないかと言われ、和谷が自分を好きなら友達としてでも一緒にいたいはずという考えに至るって……アホなの?
「彼女がいるから恋人にはなれないけど、友達として傍にいたい」って……呆れるわ。
ここは怒っていいところ!
和谷が思いっきり突き放してくれたのでスッキリしました。
これがタイトルの所以ですよね。畠が無神経でアホなの。

結局、和谷に嫌いだと言われた畠は和谷が気になってしまい、またもや彼女と破局。
そして、自分の和谷への気持ちが恋だと気付いて……

まぁー、ふらふらと(笑)
そういう意味では、和谷は一途だったと思います。
ただ、どちらも中途半端なキャラであまり好きになれませんでした。
重たくなり過ぎないお話が好きな方にはいいと思います。


6

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う