女好きのダメおやじ、健気なツンデレ男子に沼ります!?

ダメおじとマジ恋

dameoji to majikoi

ダメおじとマジ恋
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×23
  • 萌6
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
45
評価数
12
平均
3.8 / 5
神率
25%
著者
呵尾 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
イースト・プレス
レーベル
Splushコミックス
発売日
電子発売日
価格
¥680(税抜)  
ISBN
9784781619118

あらすじ

仕事以外はダメな女好きのおっさんデザイナー・伊賀。
その下で働く忍は彼に密かな想いを寄せていたが、ある晩、酔った伊賀に押し倒されてしまう。
相手はノンケで、しかも酔っ払い。きっと気の迷いのはず。
そう思っていたけれど…伊賀のある言葉がきっかけで、つい想いを告げてしまい――。

『だったらさ、付き合ってみる? 』
伊賀からの願ってもない提案で彼と付き合うことになった忍。
初めての“恋人らしい時間"に幸せを感じるが、過去のトラウマのせいで素直に甘えることができずにいて――。

きっとうまくいくはずなんてない。本当にそう?
ピュアキュン年の差ラブストーリー。

表題作ダメおじとマジ恋

伊賀,デザイナー
鴻上忍,アシスタント

レビュー投稿数4

かわいいハマらせ男子

だらふわなおじさんデザイナー・伊賀×おしゃれインテリ眼鏡アシ・忍。

忍が、金髪ベリショの忍が…かわいい。
真面目でツンデレで、猫っぽい感じなのに犬派だったり、酒癖が悪かったり、服の脱ぎ方がなんだかエッチで…、表紙の恥じらっている忍もかわいいのですが、中の忍はなんかもういろいろとくすぐられちゃうハマらせ男子です。

だからこそ、忍のことをあんな扱いをした中村には怒り心頭。
なので、ダメおじですけど忍が想いを寄せていた伊賀とゆっくり恋を育んで、幸せそうな姿が見られて安心しました。

「ち○こがもげればいいのに」
忍が伊賀に言った言葉ですが、私は中村、ドクズなあんたに言ってやりたい。いや、もうほんともげて。

そんな中村に伊賀が伊賀らしくガツンと言った言葉は素敵でしたし、おおらかな性格そのままなほんわかした包容力でいつまでも忍を包んであげて欲しいな、と思いました。

1

良くも悪くも無味無臭

下半身のだらしないノンケ包容力おじさん(そこまでおじさんではない)と過去にトラウマを持つ世話焼きゲイの青年という、有りそうで無さそうで意外とあったりする設定のボーイズ少女漫画。

率直に言ってしまえば「王道ラブコメ」です。

元々は一次創作として作者様が同人誌で描かれていたお話だそうで、なるほどなと。コマ割りや人物像なども比較的分かりやすく振り分けられており、メイン2人を食わない薄さで登場する「嫌な先輩」や「緩和剤としての他者」の在り方も、商業誌というよりは同人誌らしさが滲み出ているように思いました。

悪い意味ではなく、良い意味で淡白なイメージを持った作品。
下半身ゆるおじ×トラウマ持ちツンデレ、そもそも設定が好きですので贔屓目にはなってしまいますが、個人的に受けの忍くんのビジュアルが""愛""でした。作者様のフェチが詰め込まれていたようで、確かにパツキン短髪ピアスメガネ+真面目……って どんだけ好きを詰め込んだのか!って感じがします。でもそこが良い。書き手のフェチが可視化されたキャラクターを見るのは好きです。

ただ、上に書いた通り2人ともちょ……っと キャラクターとして独り立ちするにはインパクトが薄くて、特に攻めの伊賀さんのスパダリさや包容力が、受けの忍くんの持つトラウマと比べてしまうとやや厚みが少ないように感じてしまって。嫌味の無いイイ男なのは何となく分かるんだけど、無害すぎてアクが足りないな……って思ってしまいました。伊賀さん、確かに包容力は抜群にあると思うんだけど、スパダリというには少し要素が足りないかもしれない。
たここまで書いてて思ったけどたぶん、私は忍くんが好きなんだと思います。ベリショがすっごく刺さりました。

画面構成やページごとの雰囲気、えっちなシーンも踏まえて総合的に見てもさらさらっと淡白です。タイトルの通り無味無臭、もうちょっと香って欲しかった!ってなる。でも、帯や煽りで言われている「溺愛」「ダメおじがツンデレ男子に沼ります」は正しくその通りです。描きたいもの、伝えたいものはハッキリしていて、それを伝える力のある書き手様なのだと思います。

素人が上からで申し訳ないのですが、伸び代の多さを感じました。
この作品が作者様のツボなのだとしたら、同じところにツボを持つ者としては、次回作も楽しみにせざるを得ません。

追記・この2人たぶんあまりバックの体位ではしないと思う。

4

シリアスとハートフルのバランスがいい

「ピュアキュン年の差ラブストーリー」、確かにその通りの内容でした。
ゲイの若い忍が、女にだらしない年上のさえない男・伊賀に報われない片想い。
なのにある晩酔った勢いで伊賀に押し倒されて、翌日相手は何も覚えてない…
不憫です。
忍が実はゲイだとわかる顛末もすごくイヤな感じ。取引先に初恋の元彼がいて、そいつがアウティングするんですよね…伊賀に向かってこいつホモだから気をつけろって。
忍のその時の表情は「絶望」に近くて、読んでて苦しくなった。
しかも自分の事を好きだと知った伊賀は、なんか軽い感じで「つき合ってみる?」なんて。
ここで私はなんかすごくイヤな予感がして、忍がつらい思いしちゃうんじゃ?とかビビって読んでましたが…
そのあと下半身ユルユルだった伊賀がちゃんと忍と向き合ってくれるのですよ。
忍の一途さにほだされ、という言い方もできるけど、伊賀の方も忍を本気で慈しむようになっていく。
ここでまたあのサイテー男・中村がごちゃごちゃと嫌がらせを言ってきて忍がまた絶望顔になっちゃう。
でも伊賀はきっぱり忍がいい、お前が好きだって言ってくれるんですよ…ここはウルっときました。
私の受けた印象は、シリアスのちハートフル、っていう感じかな…
伊賀さん、これからはもう忍一筋でお願いしますよ!
そして中村!お前は天罰喰らえ。

(作者様へ。私、忍くんの当初のビジュアルも好きですよ。)

2

過去も全部包んで

伊賀(攻め デザイナー)
忍(受け アシスタント)
先輩(忍の高校時代の先輩)

表紙の下がり眉で照れ顔君の気持ちよさそうな顔が見たくて購入しました。

あらすじ
ゲイの忍とノンケの伊賀はとあることがきっかけで付き合うことに。忍は過去のトラウマを乗り越えて幸せになれるのか。

伊賀はヤリチン下半身ゆる男から一転受け一筋のスパダリへと大変化を遂げます。
最初は仕事はできるけど酔って襲うしダメな人だ~と思ったもののころりと忍にやられてました。忍かわいいもんね分かる。何であんなにダメ男だったのでしょうか。そこは謎まま。忍を傷つけた先輩にも大人の包容力で余裕しゃくしゃくに対応「俺が忍を幸せにしちゃうし」は痺れました。

忍~!見た目は派手系でちょっと口が悪いのに繊細で傷つきやすい真面目くん、そして行為自体には慣れているギャップがよい。酔っちゃうと大胆になったりるするのも可愛かったです。
過去に弄ばれた人に再会とういのはよくあるパターンかもしれませんが、この再会あってこそ関係が一歩進むきっかけになりました。
でも忍を傷つけたことは許せないので先輩は3回くらい大後悔する出来事が起きてほしいです。

最後は一緒に住むことになった二人。見事にハッピーエンドです!
ふわふわ気分になりました。

プレイ
挿入 3(先輩との過去1含む)
修正 甘め白線(紙媒体)

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う