雪花の檻に囚われ

sekka no ori ni toraware

雪花の檻に囚われ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
18
評価数
5
平均
3.6 / 5
神率
0%
著者
真崎ひかる 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
あおぎり尊 
媒体
小説
出版社
イースト・プレス
レーベル
アズ・ノベルズ
発売日
価格
¥850(税抜)  
ISBN
9784872576740

あらすじ

注目の若手監督が撮る映画の主役に大抜擢された、新人俳優の貴一。日露戦争の中、ロシア貴族の娘と恋に落ちる青年将校という役だったのだが…、ロケ先の雪深いシベリアの地で貴一は遭難。目覚めると、そこは一九〇五年、まさに日露戦争の最中。そして彼は氷の美貌を持つロシア貴族ミハイルに監禁されていた。雪の檻…貴一の身体を貪り抱くミハイルとの濃密な時が過ぎていく中、少しずつ謎のベールは剥がれていき…。書き下ろしミステリアス☆ロマン

表題作雪花の檻に囚われ

ミハイル・アンドリュース、幽閉生活を送るロシア貴族
久永喜一、話題の映画の主役に抜擢された新人俳優

その他の収録作品

  • あとがき(真崎ひかる)
  • あとがき(あおぎり尊)

レビュー投稿数2

閉ざされた雪の世界の中で

2006年刊。
あらすじに惹かれて電子書籍にて購入、幸いにも挿絵付きだった。
日露戦争時代を背景にしたロシア兵×日本人という事にはなっているが、攻めのミハイルは屋敷に幽閉されている身なので、ホントは軍人とは言い難いかな。
だけど、敵対した者同士となるとロミジュリ的な萌えが出てくる。
また、ロシアの地で一面の銀世界といった情景は静寂な雰囲気を想像できるし、ロマンチックな気分に浸れる。

この話は作中で撮影されている映画のあらすじに沿ってタイムワープと転生と夢が交差している。
当時敵対していたロシア人と日本人が閉ざされた雪の世界の中で結ばれたものの、ずっと一緒に居たいという想いが叶わなかった時代を経て、現代でまた廻り逢う…
と、昔読んだ少女漫画にあったベタな展開ながらもキュンときた。
…その一方で、このシチュエーションだと二人の仲が一気に親密になるのも無理はないよなと思いつつ、エッチシーンが何気に気になったのは内緒で…(^_^;)

惜しいのは過去から現在の流れが受け・貴一目線で進む為、彼自身が転生している身だという感覚を捉えにくいところだ。
再会したミハイルは曽祖父の代で移住したロシア系アメリカ人として登場し、はっきりと100年前のミハイルとは同一人物ではないと認識できるために戸惑いが出てしまう。
ただ、そうした引っ掛かりはあるものの充分面白かった。

1

ロシア貴族攻め

これはタイムスリップか転生ものかどうなのかな?貴一とミハイルの100年前の出会いと現代での貴一とミハイルの子孫との出会い。

しかし子孫のミハイルはロシアに来てから何度も貴一と同じ夢を見て。

新人俳優の貴一はロシアのロケ先で遭難したらなんと1905年の3月だった。ミハイルに屋敷に迎えられてっきり映画関係者だと思いシナリオ通りに自己紹介したら信じられ出ていくと軍に捕まるしまた遭難すると滞在を勧められ。

そしてレイプされるもなんだかんだとお互いに惹かれあい仲睦まじく暮らすように。
しかしそんな時間も長くは続かず日本兵を匿ってると噂が広まり軍に押し掛けられ、逃げ切れず二人は銃殺されてしまう。

そこで貴一は目を覚ますとまた現代にいてロケ先のホテルにいてと。

脚本家のミハイルは先祖の日記を読んでこの脚本を半分フィクションを混ぜて書いたらしい。
しかも会ってみたらあのミハイルと瓜二つで。
そして祖先のミハイルの日記には貴一の写真が挟まれ貴一との日々が書かれており。

そしてあの屋敷で深夜に二人で会い夢の証拠を見つけ、愛し合う二人。

現代で再会?していきなりエッチが…。貴一はあの貴一だけどミハイルは腹違いの弟の孫?なのに。そこが引っ掛かりました。
いや、ミハイルの孫でもそれは嫌なんですが。
現代でも惹かれあうエピソードがあれば良かったな。ミハイルの方は貴一に一目惚れみたいだったけど。

現代の二人は一緒にいられるのかな?
ただ一緒にいたいだけなのに!と別れたのでずっと一緒にいられるといいな。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う