もっと抵抗してくれよ

motto teikou shitekureyo

もっと抵抗してくれよ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神26
  • 萌×215
  • 萌7
  • 中立2
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
8
得点
213
評価数
53
平均
4.1 / 5
神率
49.1%
著者
音海ちさ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
大都社
レーベル
Daito Comics BLシリーズ
発売日
電子発売日
ISBN
9784864953795

あらすじ

モテ人生を送ってきた奥村は、自分よりモテる大学の同級生・唐沢の事をライバル視しては、その爽やかさに撃沈する毎日。
そんなある日、唐沢はEDだという噂を聞いた奥村。
思わず唐沢本人に性的な秘密を知っている事を話してしまうが、その話の途中で爽やかだった唐沢の態度が急変!!
「俺の性癖知ってて煽ってくれるなんて最高だな」
いつの間にか拘束されて、乳首もアソコも尻の穴も弄られて!?
ライバルの鬼畜な性癖にロックオンされて、チャラ男の人生大ピンチ!!

表題作もっと抵抗してくれよ

唐沢伊弦,大学2年生
奥村壮生,大学2年生

その他の収録作品

  • 描き下ろし

レビュー投稿数8

一途なレイプ魔

電子で読みました。好きです。

電子版のタイトル通り、唐沢の性癖は歪んでます。普段は優しい爽やか王子様だけど、合意だと萎えてしまうレイプ魔。奥村の気持ちを考えると酷いやつだなと思ったけど、奥村への一途な愛情は感じるので、読んでいて嫌いになれませんでした。寧ろ、強気な奥村のエロ可愛さを引き出してくれてありがとうって感じでした。

レイプものではありますが、絵が綺麗だし、暗く重い感じもありません。読んでいて痛い感じもないので読みやすい作品だと思います。

また、奥村の感情が徐々に変化していって、好きだと自覚した後、もし唐沢に気持ちがばれたら、捨てられてしまうという葛藤の中、必死に強がる奥村は見てて切ないけど可愛かったです。

7

やばい性癖も受け入れてくれる受け

女好きチャラ男くんがドS男にレイプされてしまい………というテンポがよくて王道な導入。
しかし、攻めの唐沢くんは基本的に爽やかで優しい王子様のような攻め。性癖がちょっと特殊なだけなんです。
なので「レイプ」といっても受けの奥村がかわいそうすぎることもなく、かといって無理矢理感がないわけでもなく、まさに和姦に近い強姦と言えばいいのでしょうか。とにかくストレスなく見ていられました。
そして何といっても、受けの奥村がめちゃくちゃ可愛いんです!!!!
抵抗すれば唐沢が興奮すること分かってても強気な態度を崩さないし、「お仕置きされると思った?」って聞かれて「思った」なんて返しちゃう素直なところもあって。
唐沢は奥村に性癖を受け入れてもらえて救われただろうし、奥村は唐沢に好きになってもらえて、自分も唐沢を好きになって救われているんですよね。最高に幸せで、エロくて、素敵な作品だなと思いました!
ちなみに私のイチオシのプレイは想いが通じあった後のラップ拘束プレイです…!!!

3

甘々ストーリー×歪みまくった性癖

読んだ最初の感想が「性癖歪みすぎ…!」って唖然としたぐらい、最後の最後まで攻・唐沢の性癖は歪みまくってます。

「合意のセックスってマジ燃えないんだよなあ」
最初に放たれたこの一言に唐沢の性癖が詰まってます。

これだけ聞くとどれだけの極悪非道攻かって感じですが、
女の子傷つけるようなレイプはしたくないし、強引に犯しても興奮より罪悪感が勝つ…っていう良心もちゃんとあり。
だからこそ彼女を作ろうとしなかった唐沢。
そんな唐沢がEDという噂を聞いて「性癖を知っている」と煽ってきた奥村を犯してみたら、泣き顔めちゃくちゃ好みだし、普段強気な奥村を征服した事に満たされるし、罪悪感を感じないセックスが出来て最高〜!と大満足。
以降、奥村のことをロックオンします。

アプローチのために、奥村のために毎日お弁当作ってきたり、健全なデートに誘ったり、下ネタに照れたり、普段の唐沢は本当に爽やかなイケメンです。
優しくしてくれるし、奥村が窮地の時には助けてくれる王子様系の爽やかさ。
その昼間の顔と、ベッドの中での鬼畜性癖のギャップが最高でした。
野外プレイに大学トイレへの放置プレイ、ゴーヤプレイと色々なプレイで奥村をいじめては満足する歪みっぷり。

両思いになった後もその性癖は変わらない一貫性も最高でした!
奥村は今後も受難続きな気がしますが頑張ってほしいところです…。

3

レイプとか正直苦手なんですがね…

この作品のテーマはずばり

「合意ではないセックス」

つまり、レイプだ。

痛々しい単語、私は正直合意ではない行為に否定的で、少なくとも肯定的に見ることは絶対にない。
SMも痛そうとか、辛そうとか、そういうのが先行しちゃってなかなか最後まで読めない。読めんないんだがな……普段ならな…

結論から言おう。
萌えた。

レイプとか、SMちっくな作品で萌えたのは初めてだった。なんだか悔しい。

受はあくまで抵抗している。でも、なんだろーな。この作品「無理矢理だなんてひどい!」とか「痛そう…やめたげて…」とか思えない。
どっちかというと、受くん気持ち良さそうじゃん?なんなの?無理やりっていうか、ほぼ合意に見えるし、愛があるし、痛めつけてやる!って感じがしない。

こんな漫画初めてええぇぇ!!!
って気持ちだ。

1話で1おせっせ。
全編、拘束プレイ。
目隠しもされますし、電マとか、レモンとか、ソフトSMのオンパレード。

攻は普段さわやかな王子タイプで、おせっせ中だけ人格がドSになるギャップ男子。GAPSくらいギャップがある。
受は女の子大好きイケメン強気男子。気位の高い猫みたい。女の子ひっかけて、良くおしおきされてる。
おせっせ中に抵抗されるとすごい燃える攻、時折気持ち良すぎて快楽に素直になっちゃう受、どっちも読者を満足させる確かなキャラクター性が見所。

テーマに沿ったストーリーの作り方、そこに混ぜ込むエロの塩梅が調和の取れた作品。

6

何度読んでもおもしろい

キャンパスの爽やか王子が実はゲスで…みたいなのはよくありますが、このお話の王子様(仮)は、「爽やかだけどレイp魔」というギャップ設定。爽やかさでヤバい性癖を覆い隠そうとしているわけではなく、ガチ爽やかというめずらしキャラ

一方のオクムラくん(受)は女の子大好きな遊び人。「顔が好きだったけどなんか違った」と言われ続け、「もう本気の恋愛やーめた」となっちゃった勢

見どころはやっぱり、いろんな“プレイ”ですね。可愛らしい絵柄と爽やかな笑顔、そして日頃の尽くし感から忘れがちですが、、一つ一つなかなかゲスい。拘束は当たり前だし、大学のトイレに置き去りにしたり、泣かせたくて口にレモンつっこんだり…!でもどこまでいってもオクムラくんがイイ感じに抵抗してくれるので萌えが成り立っている!

限りなく神に近い萌2です。もう少し絵が好みだったら…!ストーリーは最高

1

レモンプレイのドキドキ感

音海先生初読みなんですが、絵は今風の綺麗で可愛いのにストーリーがエゲツナイです。

タイトルどうり、合意ではなく抵抗されることに性的興奮を覚えるイケメン攻めと
攻めの事をEDと聞きつけ優越感でついつい本人に話してしまうチャラ男、女大好きのイケメン受けです。

急に人格が変わるところがゾクゾクして堪らない。私レイプには萌えないのにどうして…。

攻めはセックス以外は完璧でめちゃくちゃ優しいので受けは絆されて行きますが、好きになって合意になってしまうと攻めが覚めてしまうんですよね。
これは難しい。好きなのに嫌いな振りをしないといけない。
本当に先が読めなかったのですが、攻めの出した答えは合意でも嫌がる様に無茶苦茶するよ。でした。
うわぁー。本物は考え方が斜め上だった。
だってセックス中に攻めが「好きだよ」って言って受けが「俺も好…」って言おうとすると口を塞ぐのよ。こんなの初めてみた。でも萌えた。

ちょっと私の新しい扉が開いてしまったのかもしれません。

1

爽やかにえげつない

イケメンでモテモテな爽やか好青年の唐沢がいけ好かない奥村は、友人伝いに唐沢のED疑惑を聞き、秘密を知っていると本人に揺すぶりをかけると「内緒にしてくれない?」と意外にもしおらしい態度に。
その態度にのせられ誘われるまま唐沢宅で宅飲みしていたら、唐沢の態度が急変してー…。

はじめはゲイを隠してるのかなと思いきや実は合意セックスは萎えるというヤバ性癖の持ち主で、なかなかに複雑な性格の唐沢は嫌がる奥村にゾクゾクして抵抗されればされるだけ燃えに燃えて抱き潰したあげく、イイ笑顔でまたレイプさせて?とお願いしてくるという(汗)

そのまま唐沢の圧に押され犯され続ける奥村、拘束は基本プレイで、口にもゴーヤだのレモン(ちゃんと国産)だのディルドだったりといろいろ詰め込まれてしまうし、道具も駆使されまあまあな扱いをされるのに、セックス以外では気遣いもできるしかなりハイスペな唐沢を本気で拒めなくて…
プレイはだいぶとヤバいのに普段の唐沢の爽やかさに中和されてしまう不思議さ。

両想いになってからのラブラブなはずのエッチが一番えげつなくて、ちょっと奥村がかわいそうになっちゃいましたけど、ガムテはもちろん様々な攻め具を通常携帯する唐沢の相手ができるのは奥村しかいないだろうと思うのでがんばって欲しいな、と思いました(苦笑)

5

最悪な性癖

とんでもない攻め!!と、ドン引きしながら読み進めましたが、思ったより許せた自分に驚きました;


モテモテ奥村は、大学に入ってから自分よりモテる唐沢をライバル視しています。
ある日、唐沢がEDだという噂を聞き、カマをかけてみたところ明らかに動揺してーー…!

唐沢は、合意のセックスに興味がないレイプ男でした!!
奥村を拘束して無理やり犯し、「これからもお前をレイプさせてくれないか?」と、爽やかな顔で言われてしまいます。

正直、唐沢はクソだと思います。
しかし、セックス以外は優しく奥村を甘やかす唐沢。
身体も心も絆され、唐沢に惹かれていく奥村ですが、「好意を向けたら終わる関係」であるため、奥村は葛藤します。
好きじゃないフリ、興味がないフリ、欲しがらないフリをする奥村。
そして、性癖を理解したうえで付き合ってくれる奥村に唐沢も本気になっていき……という展開。

奥村の気持ちを知らない唐沢は勘違いし、二人はすれ違ってしまいます。
好きだと分かったら捨てられるーーそう思う奥村が切ないけど、健気で可愛いのです。
だけど、両想いになったら覚めてしまうかもーーと、怯えていたのは唐沢もでした。

自分の知らなかったセーフラインを知り、喜んで奥村を受け入れる唐沢。
両想いを心から喜ぶ唐沢の表情に、不覚にもときめいてしまいました^^;

エロは濃厚。
唐沢は、セックス時はドSスイッチonです。
拘束して口も下も犯し、終わった途端に優しくなる。
プレイの一環として見ることができれば、許せる行為だと思います。
最終的には同意レイプなのと、奥村もよがっているのが分かるので許容でした。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う