友達をやめる日

tomodachi wo yameruhi

友達をやめる日
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神7
  • 萌×27
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
69
評価数
16
平均
4.3 / 5
神率
43.8%
著者
英子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
MUGENUP
レーベル
fujossyコミック
電子発売日
ISBN

あらすじ

英嗣(ひでつぐ)と晴臣(はるおみ)は同じ大学に通う親友同士。何をするにも常に一緒に行動するほど仲が良い二人だが…実は、英嗣は晴臣へ友情を超えた感情を持っていた。
ある日、晴臣から「彼女ができるかもしれない」と告げられた英嗣はこれを機に離れる覚悟をする。諦めるにはこの関係を終わらせるしかないと決心し、晴臣と無理やりカラダを重ねるが…。
「こんなに優しくされたら 嫌われるのが怖くてたまらない」
関係の終わりに絶望する英嗣の一方、晴臣には新しい感情が芽生え始め―…?恋に臆病な二人の切ないラブストーリー。

出会って2秒で結婚!?ジェットコースターハッピーラブ「その関係」も収録!二人は誰にも止められない!!

表題作友達をやめる日

晴臣,大学生
英嗣,大学生

同時収録作品その関係

立花,受け(仮)と初対面で結婚を意識する高校生
園川,攻め(仮)と初対面で結婚を意識する高校生

レビュー投稿数3

思い込みがすごい

pixivで連載されてた作品が商業電子配信!!英子さんの描く関係性はキュンとユーモアが詰まってて大好きです。

今作は大学の同級生の拗らせ両片思い!!!惚れっぽい親友のことを諦めるために、嫌われるようと抱かせちゃった英嗣が切ない切ない…英嗣にされるがままだったの晴臣が形成逆転、優しく責め立てちゃうのが♡諦めようとする英嗣を大きな心で受け止める晴臣がカッコよかった!!2人がどう思ってたか、どう友達になったかという過程の描き方も、あーーこうやって想いを募らせちゃったのね…ときゅんきゅんしちゃいました!

もう1つの短編は台詞と心の声で二度楽しい!端から見たら一発触発な関係と思われてたのに…2人の世界が面白すぎです。

思い込み激しい人々がとてもとてもいとおしく思えます。

3

副音声は〜の前身のような作品が!

英子先生初読みです。
「副音声はうるさい十分に」の前にこちらを読みたくて。

表題作、ぎこちない絵のような気がしましたが、内容とともになんだか初々しく(偉そうにすみません)と思ったら、意外やエロもしっかりあり。
切ないだけでなく、自然な心地よいなれそめでした。

もう1本の「その関係」が「副音声は〜」の前身のようで2人の心の声がめっちゃしゃべるww
セリフと裏腹なのに通じ合うのがおもしろい。
全くのツッコミ不在だからシュールな世界でw めっちゃツッコミに行きたい〜!!と思いました。

0

王道両片想い

【友達をやめる日】
無自覚片想い×自覚あり片想いの両片想い。
ストーリー的には結構王道です。

晴臣にずっと片想いしている英嗣。
その報われない想いを振り切るために、晴臣を無理やり自分の家のベッドに引き摺り込み、上に乗っかる事で嫌われようとするところがとても健気。
セックスが終わり、晴臣を家から追い出した後で1人泣きじゃくる姿には切なくなります。

結局そのセックスをきっかけに、晴臣は今まで自覚していなかっただけでずっと英嗣が好きだった自分に気付き、見事両想いになるのですが
2人のもどかしさにいい意味でドキドキしました。

英嗣視点の1話→晴臣視点の2話→英嗣視点の3話と交互に視点が変わるため、どちらの思いもしっかり読めるのも好きだったポイントです。
3話のラストには思わずうるっときました。英嗣よかったね…!


【その関係】
以心伝心ラブコメ!といった感じ。
勢いで押し切るようなストーリーなので好みは分かれそうですが、私はハマりました。

本人たちはイチャイチャしてるのに周りから見れば険悪に見える不思議。
2人だけの世界をどこまでも突っ走る2人、凄く好きです。


構図は少し拙い印象を受けましたが、絵自体はシンプルでありつつも丁寧に描かれています。
ライトに読める1冊だと思います。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う