GUSH(ガッシュ) 2020年10月号(雑誌著者等複数)

GUSH(ガッシュ) 2020年10月号(雑誌著者等複数)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
1
平均
5 / 5
神率
100%
媒体
漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
発売日
電子発売日
価格
¥790(税抜)  
ISBN

あらすじ

表紙 山本小鉄子「ほんと野獣」
表紙 サガミワカ「くちづけは嘘の味」
表紙 天王寺ミオ「ビッチな猫は秘密に尻尾をゆらす」


描き下ろし番外編漫画が読める!
GUSH17周年記念ミニ小冊子
応募者全員プレゼント♥

GUSH200号突破記念SpecialPOP第2弾
黒井モリー『ケダモノアラシ』城嶋家ペーパースタンド

その他の収録作品

  • かさいちあき「キミの撫で方躾け方」
  • 山田ユギ「この恋は運命じゃない」
  • 待緒イサミ「恋愛禁止ライブラリー」
  • 鮭田ねね「ハッピーパラサイト」
  • 大和名瀬「ダンディなバツイチの世話してます」
  • 柊のぞむ「啼かせてやるよヤンキーくん」
  • ゆくえ萌葱「白刃と黒牡丹」
  • 黒岩チハヤ「ましたの腐男子くん」
  • まさお三月「運命に見える」
  • 大槻ミゥ「空と海のあいだのBlue」
  • 紺色ルナ「ヘヴンズダーリン」
  • 桑原祐子「獣人貴族のお気に入り」
  • 黒井モリー「ケダモノアラシ-Hold me baby!-」
  • 福嶋ユッカ「推して知るべし」
  • 佐藤アキヒト「ギリギリアウト! 」
  • 綴屋めぐる「あいのかさぶた」
  • 絃倉まくら「謝るしかない」

レビュー投稿数1

白刃と黒牡丹 第9話のレビュー 黒井憲剛にマジで惚れる

白刃と黒牡丹の第9話のみレビューします。

以下、ネタバレありなので、コミック派の方はご留意ください。

今回、刀麻への憲剛の愛が深すぎて、憲剛がかっこよすぎて、めちゃくちゃ感動しました。

10年ぶりに黒々組へ来て憲剛にちょっかい出している時也。前月号で、刀麻は時也に対し、憲剛をたらしこむならやればいいと挑発したものの不安でいっぱい。憲剛はそんな刀麻の不安も全部わかってるんですよね。

刀麻は自分だけが憲剛を愛してて、近くなればなるほど欲も湧いてきて、気持ちが重すぎて憲剛に去られたらどうしようと不安に思っている。キスするのもセックスに誘うのもいつも自分から。時也から、憲剛は刀麻に合わせてくれてるだけで、本当に好きあってるのか?と不安的中の痛いところを突かれて、自分は憲剛のことを好きでいることしかできないと悟る。

そんななか、憲剛が仕事で忙しく、なかなか本家に来ない刀麻に頼んでいたデータを持ってくるように伝える。

時也は自分が仕掛けた罠で憲剛の心を揺さぶり、なんとか2人に割って入ろうとする。
顧客と思しき美人の女性から頬にキスされてるように見える写真を時也から見せられ、一瞬動揺する憲剛。

時也は、あんなに嫌ってた刀麻に憲剛を取られたくないと伝える。

だけど、憲剛は一貫して態度がまったくブレないんですよね。もう、時也と2人で話しているときのブレない憲剛が猛烈にかっこよすぎる…。

『俺がいつ白樺のことを嫌いだって言った?』

時也へお前の悪ふざけに乗る気はない、しかし利用させてもらったと。そこに刀麻が部屋に来ていて、刀麻にも今から話す話を聞いておけ、と話し始める。

憲剛の顔の傷のことを気にしていた刀麻。ずっと、時也をかばってついた傷だと刀麻は思っていたが、実は刀麻をかばってついた傷だと伝える憲剛。時也に手を出す前に、そこにいた刀麻に手が及び、とっさに憲剛がかばったのだと。

『俺の片目で収まるなら安いだろ』
『もともとこの傷はお前のモンだよ、刀麻』

憲剛が自分をかばって、身を挺して守ってくれたことを初めて知り、顔を真っ赤にする刀麻。

あんときから、白樺が好きだったのか?と時也に問われ、もっと前、としれっと答える憲剛。
刀麻のしつこさに根負けしたのは事実だが、自分の気持ちは別物だと時也に伝え、チラッと刀麻を見ると、赤面した刀麻と目が合う。

優しくおおらかで、慈しみでいっぱいの笑顔で、ふふっと笑う憲剛。そこに過去の思い出がよぎる。

小学6年のときの修学旅行で。
『とーまが居てくれたら、それでいい』

今回、黒井憲剛という男があまりにもかっこよくて、あまりにも刀麻への愛が深くて、あまりにも男らしくて、完全に心をもってかれ、読んだあと、茫然自失に陥り、私自身、すでに惚れ込んでいた憲剛でしたが、黒井憲剛という男に心酔するほど、ガチで惚れ込んで、もうレビューせずにはいられませんでした!!

憲剛は刀麻が憲剛を好きになるずっと前から、刀麻のことが大好きだったんですね…。もう、泣けてくる、今回のラスト。

不安に思う刀麻のことにちゃんと気づいてて、ちゃんと自分も刀麻のことを愛していることを間接的ではあるけど伝えてあげる。

なんですか、この愛の深さと、1度決めたら絶対にブレない男気と海より深い優しさは…。こんなん、刀麻じゃなくても、誰でも憲剛に惚れてしまう…。

いろんな受のキャラクターを見てきましたが、黒井憲剛は間違いなく、私の中で最高で最上の1番好きなキャラクターです。本当に惚れ込むくらいかっこいい。

とにかく、最高です。今回の憲剛が最高にかっこよすぎます。一生ついていきます!!コミック第2巻、絶対に買います!!

0

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う