ずっと、一生、死ぬまで、俺のそばにいてくれ。

六花の騎士と雪の豹 ~冬実る初恋~

rikka no kishi to yuki no hyou

六花の騎士と雪の豹 ~冬実る初恋~
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
17
評価数
4
平均
4.3 / 5
神率
50%
著者
柄十はるか 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
白松 
媒体
小説
出版社
二見書房
レーベル
シャレード文庫
発売日
価格
¥630(税抜)  
ISBN
9784576201610

あらすじ

人々に愛される優秀な騎士×希少な雪豹の獣人。
兄弟のように育った主従のふたりが送る、すれ違い純情ロマンス


十八年前のクリスマス、稀少な雪豹の獣人であり、愛玩用に密輸されかけた白野は、獣人専門家の五十嵐夫妻に引き取られる。
夫妻のひとり息子・在臣は、ひどく傷つき名前すら忘れてしまった彼に『白野』と名づけ、優しく寄り添ってくれた。
そして現在、在臣は六花の騎士団副団長、白野はその従者となった。自分の恋心を押し殺す白野は、在臣の役に立つことだけを願っている。
そんなある日、一度も来ていなかった発情期が突然白野に訪れ…?

表題作六花の騎士と雪の豹 ~冬実る初恋~

五十嵐在臣、六花の騎士団副団長
五十嵐白野、在臣の両親に助けられた雪豹の獣人

レビュー投稿数1

一途で純情なラブロマンス

初の文庫本出版、おめでとうございます。

人間と獣人が共存する世界を舞台にしたファンタジー作品です。
人間の五十嵐夫婦に引き取られた雪豹の獣人・白野と、五十嵐家のひとり息子・在臣。
兄弟として育った2人は、それぞれ秘めた想いを抱いていて……という、焦ったいラブストーリー。

白野の過去は暗く悲しいものなのですが、お話は比較的明るいトーンで進んでいきます。
といいますのも、登場人物たちが皆優しくて心温かい。

美しい容姿に反して辛い過去をもつ白野。
自分を救ってくれた優しい在臣のため、献身的に尽くす健気で可愛い子です。
そんな白野を守るために生きてきた在臣は、白野に深い愛情を注いでいるのが分かります。
明らかな両片想いなのに、伝わらずにすれ違っていく2人が焦ったい!

2人の気持ちのすれ違いが特に浮き彫りになるのが、白野の発情期です。
有臣を想って発情した白野に対し、白野に好きな人ができたから発情したのだとショックを受ける在臣。
そして本心を隠し、発情のせいにして身体を繋げ……と、とことんすれ違っていきます。

お互いの心理描写が丁寧で、2人の気持ちが手に取るように分かるから尚更焦ったいんですよね。
両片想いのラブストーリーとしては王道だと思います。
気持ちを伝え合う場面はジーンとしたし、ラストは幸せに満ちていて読後感はいいです。

ただ、白野の過去に迫るような事件が起こるわけでもなく、ちょっとドキドキが足りなかったかなあ。
兄弟・主従の禁忌的ムードもなく、途中は間延びした印象に……

それでも、表現の美しさや魅力的な脇役と、見所はあります。
ふたりの親友・理王と灯里は、どっちがどっちなのか気になりました。きっと、理王が受けよね?

白松先生の表紙が美しく、挿絵も沢山あったので嬉しかったです!

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う