バカな犬ほど可愛くて

baka na inu hodo kawaikute

バカな犬ほど可愛くて
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神4
  • 萌×28
  • 萌16
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
14
得点
103
評価数
32
平均
3.3 / 5
神率
12.5%
著者
 
イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
海王社
レーベル
ガッシュ文庫
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784877245405

あらすじ

男との恋愛経験豊富な成瀬聡は、見目はイイのに恋愛に関してはとことんダメな男・苅谷志郎に片思いをしている。
高校以来の付き合いで二歳年下の後輩の苅谷は、隣に引っ越してきてから毎晩夕飯を食べにくる甘えたがりの可愛いワンコ。
しかしある日苅谷に、好きな男ができたから男同士のHを教えてくれと迫られる。
成瀬は苅谷への想いをおさえながら、必死な彼の頼みを聞き入れ初体験の相手となってやるのだが…。

表題作バカな犬ほど可愛くて

苅谷志郎・ウェブデザイナー・26歳
成瀬聡・ミステリ作家・28歳

評価・レビューする

レビュー投稿数14

出来た先輩のようでいて、嫉妬深くちょっと意地悪な成瀬さん。

ここのレビューを読んでみると、意外に攻の苅谷がダメという方が多くて、
なるほど世間の傾向はそうなのか!と。

文体が成瀬の一人称なので、私はすっかり成瀬目線で可愛く読んでしまいました。
おかげで途中の切ないこと切ないこと……

脇のチョイ悪オヤジも、天使の衣装を着た小悪魔ちゃんも
憎みきれずに、可愛い奴らめ!とほだされてしまいました。
大人のようでいて、
恋愛に溺れると嫉妬深かったり浮き沈みが激しかったりする成瀬さんも可愛いv

これはいかに成瀬に自己投影して読めるかで評価が分かれるのではないかと。
そのまま成瀬目線で読めれば面白いけれど、
第三者的外枠から目線で読んでしまうと、苅谷の言動にもやっとくるのかも。
SSででも、苅谷目線からのお話があればまた彼の印象が違ってくるのかな。

私的には最後まで面白く読めたので、評価的には「萌×2」!

0

攻めが駄犬過ぎる

ヘタレでワンコな後輩攻め×攻めの恋愛相談に乗ってあげる先輩受けのお話。
途中からじわじわと本性を出し始める攻めに、その後の展開は予測可能なのですが、それなりにきゅんきゅんできました。ただ残念なのは、設定としては美味しいし、練習台として抱かれてあげる先輩は健気で切なさも感じたのですが、攻めが駄犬過ぎるせいで切なさを通り越して受けが不憫に思えてしまいました。真相がわかって攻めを殴る蹴るする受けも、笑えはしましたけど、私的にはちょっと…。
というわけで、評価は萌え一つです。

0

バカ犬って可愛いんだよね・・・

英田先生おっかけで購入。
好きな先生のは、総なめにしたくなっちゃうんだよね。
バカ犬好きなんだけど、あっさりしていたので萌。

攻めさん:受けさん曰く「するめみたいに、あとからじわじわじわーっと「もしかしていい男?」と思う顔。気の優しい大型犬」のちに「筋金入りの駄犬」だったことが判明(爆笑)
恋愛相談を請け負った受けさんに磨かれ 「雑種犬から血統書付き」に変身(ここでも爆笑)したはずだけど、チェリーちゃんでした と笑いどころ満載。
受けさん:つんでれ。恋愛はずぶずぶ体質。
なので、後輩ちゃんである、懐いている可愛い攻めさんには手を出すまい と
決めている。

という二人のすったもんだ。
萌え萌え本というより、くすっと笑える本でした。
あっさり、さっぱりでしたが、BLには必須のエロティックなシーンも
ちゃんとあるので、初心者さんにはいいかも です。

2

まあ、普通

どう評価していいのかわからない作品。
決して嫌いじゃないんですけど、可もなく不可もなく・・・という感じです。
ストーリーはともかく主人公カップルにあまり萌えなかったんですよね。特に好みではないというか。
特に苅谷君は第一印象が「うわめんどくせ」だったんで(笑)
だってコンビニ弁当も外食も自炊もダメってどうすりゃいいのよ。付き合ってくれる人なんて成瀬さんしかいないようんうん。
あと、個人的に和己君が好きでした。本当に宇藤さんとカップルだったらよかったのに(笑)。

3

鼻血+涙目の土下座▼・ω・▼

誤字脱字、キャラ名入れ代わり多々有り( Д|||)ガーーーン
…というのはさておき、内容としては好きです。

へたれワンコ攻めでっす!
とんでもへたれー。
受けに『どうやら俺の駄目ワンコは、筋金入りの駄犬だったらしい』と思われちゃう勢いでへたれですw

へたれに振り回される成瀬&私(・ω・;)
まぁーワンコの嘘が判明した際の怒りを爆発させた成瀬は凄かった。

『このバカ犬お前なんて死んじまえっ』と詰るだけではなく顔面グーで殴って倒れたら蹴って蹴って蹴りまくって…結果、鼻血+涙目で土下座するワンコ完成です(*´艸`)←
多分途中で羽交い締めにして止める人いなかったらまだまだ蹴っていたはずー。

あと個人的に序盤の『薄い胸をキュンキュン高鳴らせてしまったのだ』という文面が妙にツボった。

ゲイバー“ヘブンノウズ”のママも素敵です。

あれだよーきっと刈谷は、これからも成瀬の尻に敷かれるんだわ。
んでもって宇藤さん&和巳にちょっかいかけられるんだわ(o>ω

1

恋愛初心者に振り回される!

 男との恋愛経験も豊富な成瀬聡の現在の片思いの相手は高校からの付き合いで、二つ年下の苅谷志郎。
 苅谷は、見た目はいいのに恋愛に関してはとことんダメ。
 おまけに、隣に引っ越してきてからというものの毎日、夕飯を食べに来る甘えたがりのワンコ。
 ところがある日苅谷に、好きな男ができたから、男同士のHの仕方を教えてくれと迫られる。
 成瀬は、胸の痛みを覚えながらも、必死な彼の頼みを聞き入れ、初体験の相手になってやるのだが……

 という話でした。

 成瀬はそれなりに遊んできて、それなりの男性経験もある人間だけれど、成瀬に対してだけは、どうしても臆病になってしまって。
 このまま友達でも構わないと考えていた。
 ところが、苅谷が自分以外の「男」を好きになったと聞いて、成瀬の心は乱れる。
 けれど、それで苅谷が幸せになれるなら……と思い成瀬は苅谷に協力しようとするけれど……という感じで。

 まぁ、要するにどっちもヘタレなんですよね。
 本当は苅谷は成瀬のことが好きなんですけど、自分に自信のない苅谷がそれを言い出せるはずもなく。
 某人物の入れ知恵で「他の男の人が好きになった」と言って、自分のことを意識させようという作戦に出たのだけれど。
 結局のところ、成瀬は最初から苅谷のことが好きだったので、ただ単に成瀬が苦しんだだけのことになってしまいました。

 でも、普段はこの上なく上手に立ち回ってる人が恋愛初心者にいいように振り回されてるのってとってもかわいいですよね!

1

英田先生の可愛いワンコストーリー

読んでて「英田先生??」と思いました。
セオリー通りの甘ストーリーと、ネタバレの早さ(和巳と苅谷の作戦、和巳と宇藤の仲とか早くから想像できました)に、英田先生っぽくないなぁ~って。
英田作品の自分の勝手なイメージが~生傷に塩を擦り込む~なので、そう思うのは仕方ないですよね?

でも、他の作家さんにあまり見ない面、英田テンプレがちゃんとありました!
それは、男の先輩後輩のいつまで経っても揺るがない地位と、タコ殴っても許される場面です!
傲慢な態度でも許される先輩は、それだけに後輩のお守りをしなければいけないのだけど、そのルールは社会に出てからも続いてしまうんです。
それに、男同士の素手のケンカは終わったら遺恨を残さずという暗黙のルール。
昭和スポ根マンガで見られたこういうの、自分の近場に未だ実際有るんですよ!ちゃんと!
成瀬と苅谷の日常から、和巳と苅谷の作戦がばれた時の成瀬のこぶしで殴るシーンから、男の付き合いが垣間見れました。
平手でパシッ!というのが多いBLの世界→何かこそばゆい!
そこら、英田先生のバンカラが見えて良かったです。

苅谷×成瀬のこのルールから逃れられない主従カップルは続くだろうし、
ゲイバーのユウコママが良い味出していたし、
宇藤さんも和巳の存在で、丸くなって軌道修正して、
めでたしめでたしのラストでした♪

英田先生の“可愛い話・枠”の本作でした。

1

ヘタレわんこ?

友人に借りた本です。読みやすくて面白く読めました。

1

表紙、設定買い

年下ワンコ攻めは大好きなんですが、駄犬は嫌いです。
わたしには乗り切れませんでした。
この作家さんとは合わないみたいです。

1

ヘタレわんことの恋

男との恋愛経験豊富な成瀬はずいぶん前からいまいち冴えない元後輩、苅谷に片思いをしている。
隣に越してきたときから毎晩夕食を食べにくる苅谷はまるで成瀬に懐いているわんこのよう。
そんなある日、成瀬は苅谷から好きな人が出来たから応援して欲しいと頼まれる。
傷つきながらも苅谷のイメージアップ作戦に付き合う成瀬だったが、さらに男同士のHを教えて欲しいと頼まれて……

一見女王様な健気受とヘタレわんこの恋。
ライトな英田さんです。
王道ストーリーと、ライバルを巡る意外な結末が楽しかったです。

ただ、この成瀬が苅谷に惚れたのが、辛い恋が終わった後目の前にいたわんこの優しさに気づいて……という感じなのですが、物語が成瀬の一人称で進むせいか、ちょっと内面を語りすぎで説明くさいかな?という気はしました。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ