心の深淵にキミの言葉がやさしく響く 不器用な後輩と深い傷を抱えた先輩のセンシティブリーマンラブ。

残響イマージュ

zankyou image

残響イマージュ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神7
  • 萌×22
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
46
評価数
10
平均
4.6 / 5
神率
70%
著者
千野ち 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ジーウォーク
レーベル
ムーグコミックス BFシリーズ
発売日
電子発売日
ISBN
9784867170953

あらすじ

シューズメーカーに勤める折原比奈は、昔からある理由で静かな夜に聞こえる「ヒールの音」が苦手だった。
外出帰り薄暗い高架下のトンネルで響くその音にうずくまっていると、偶然通りかかった後輩の史塚が声を
かけてくれた。 会長の息子なのに素行不良のせいで評判の悪い史塚だったが、人を良く見ている折原は、
それが史塚の本質ではないことに薄々気づいていた。
ある夜、たまたま一緒に残業することになったふたり。静かなオフィスにアノ音が聞こえてきて
折原は発作を起こしてしまうが…?

表題作残響イマージュ

史塚 悠稀,会社員,会長子息
折原 比奈,会社員

同時収録作品残響イマージュ

部長,折原の上司
折原 比奈,会社員

レビュー投稿数2

泣けました

「ヒールの音」がトラウマの受、というのに惹かれて読みました。

受の折原比奈のトラウマが、最近現実でもわりとこういうニュースを見るので切なくなる。

攻の史塚は折原が務めるシューズメーカーの会長の息子で、最初は人の顔色をうかがいながら生きている折原にイライラしてるんですが、ある出来事があって折原に惹かれ始めてからはとにかく甘いし頼りがいのある良い後輩。

作品通して物静かな独特の空気ですがそこがいいというか、最後の方はまさに巣立つひな鳥を見守る母鳥の気持ちになれます。

分厚いし、エロもほどよく多めなのでその点でも読み応えありの1作です。

5

ヒューマンドラマに泣けました

受けは、男性なのに華奢な儚げ美人、薄幸そうなみためは後でわかってきます
意外と重めな内容でした。内容も構成もしっかりしています。どちらかというとヒューマンドラマというかでもエロもガッツリあります

攻めの史塚は、最初嫌なやつだったのですが比奈を好きになっていくたびだんだんいい人になっていきます
本当は優しくてすごくいいやつなんです。
比奈の過去のトラウマごと愛してくれます!比奈がまたかわゆい間にある4コマの小さい折原さんがもうすごくかわゆくて萌えました
最後のシーンのハイヒールをはいた女性とすれ違うシーンが印象的です。映画のワンシーンのよう…
史塚とともに完全にトラウマを克服することができたんだなと思いました。そして恋人つなぎ素敵です
とてもよい作品でした

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う