純情でわがままな彼

純情でわがままな彼
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
6
評価数
3
平均
2.3 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
漫画(コミック)
出版社
オークラ出版
シリーズ
アクアコミックス(コミック・オークラ出版)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784775507889

あらすじ

男子校の花、市村は見た目美少女、襲われても返り討ちにするくらい中身は男前。でもケンカの仲裁にはいってくる香坂は特別な存在で。

表題作純情でわがままな彼

香坂
市村

その他の収録作品

  • 【表題作なし】
  • このてのひらの
  • 愛しいひとの恋の息吹は
  • その花の名前
  • 文化祭にて。【以上ここまで表題作該当シリーズ】
  • FUNNY SWEET
  • 青空の下、きっと
  • やさしい関係

評価・レビューする

レビュー投稿数2

にぎやかな学園もの

短編集ですが、表紙の二人の読み切りが多め。
同じ学校を舞台にしたオムニバス短編と、そのほかのお話がいくつか入っています。

舞台は男子校。外見は美少女で、でも可愛いと言われるとキレる市村と、キレた市村のフォロー役の香坂お話です。
男子校独特のニアBL感というか、(もちろんちゃんとBLですが)友情と愛情のはざ間という空気が味わえます。

しかし、この作者さんの初コミックらしいのですが、絵が少々拙い印象。
重要であるばずの「外見美少女」というのがどうもわかりづらい・・・。(表紙の左側の子です)普通の男の子に見えてしまう。
ストーリーはライトでさらっと読めて、過激な描写もほとんどないため、初心者さん向けな短編集という感じでした。

0

豆腐か卵

諸説ありますが湯豆腐はすが立つまで煮立つ寸前が
美味しく、又卵も固ゆでではなく半熟程度の堅さが
一番味が引き立つと言われます。
この一冊も斯くの如しで、恋が恋として成立する寸前の
旨みがぎっしり詰まり、時に肌を重ねる以上の徒な色香を
匂わせております。

ごく数シーン肌を合わせる描写があるものの、そちらよりも
他の場面の方が艶っぽいのですね。
でも決して淡白一方な味わいではなく、後ろ髪を引く様な
味わいもしっかりとあるのです。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ