獣様は恩返しで孕ませたい

kemonosama wa ongaeshi de haramasetai

獣様は恩返しで孕ませたい
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神5
  • 萌×24
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
50
評価数
12
平均
4.2 / 5
神率
41.7%
著者
立花ビスコ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
大都社
レーベル
Daito Comics BLシリーズ
発売日
電子発売日
価格
¥700(税抜)  
ISBN
9784864954013

あらすじ

【神様の恩返し=子種を注ぐこと!!??】獣医学部に通うヤリチンの友利人は、『オスに嫌われる』という変わった特異体質に悩まされていた。同級生の男には避けられ動物のオスからは威嚇される友利人はそんなある日、あることがきっかけで女子達からも嫌われてしまう…。散々な日だとヤケ酒した夜、アツく疼く体に耐えられずお尻を弄りはじめると目の前に大きな獣が現れて…?「我の子を孕ませにきてやったぞ」友利人を嫁と呼び神だと名乗る獣人が、昔助けたことのある獣だと聞かされ押し倒されてしまい――!?

表題作獣様は恩返しで孕ませたい

犬の神,コロ
早乙女友利人,獣医学部の大学生

その他の収録作品

  • ~獣様はMプレイで喘がせたい~(描き下ろし)

レビュー投稿数2

知っている恩返しとなんか違う!!

10年前に助けられた恩返しに友利人を孕ませにやってきた唯我独尊なケモミミシッポの犬の神、コロ(攻)と、人間動物問わずオスに嫌われる体質、女性関係クズ対応、でも動物好きで獣医志望の強がり系大学生友利人(受)の、俺様犬神様の友利人孕ませ執着10年計画…エロコメディ??続き物なのでどんな話とはまだ表現できないですね。重大なネタバレをしないよう気を付けながら感想を書いていこうと思います。

まず参考までに書くと…エロ特化ではあると思うので一体どれを書けばって感じですが、アナニー中に気が付いたら犬に穴をなめられてたり、失禁からの尿顔射、カバー裏にボツ案イラストでボテ腹描写があること、一部を除きエロシーンは攻めがケモミミシッポ状態…ですかね。あと、ふたなりじゃないです。
続き物です。すごくイイところで待て次巻!です。

まさか商業BLのボリュームで肉体改造快楽堕ち孕ませファンタジー(触手もあるよ)が読めるなんて……刺さりすぎていっそ夢かと思いました。
快楽を感じたくないのに抗えなくて無理矢理自覚させられてどんどんコロの為の体に変えられちゃって、処女膜(あるんです)破られて淫紋!!そしてアヘ顔!!18禁じゃない商業BLでここまでの描写はなかなか無いんじゃないですかね……。それとも私がまだ出会ってないだけなんですかね……

とまぁ、エロに関してしか書いてませんでしたが、この作品、エロいだけじゃないんです。

ほぼ主人公の友利人の目線でストーリーが進んでいきます。
この友利人ですが、しょっぱなから「それってオレの子?証拠あるの?」「そもそも付き合うって言ってなくね?」「産むなら手伝ってやるよ、こないだ牛のお産やったし」と関係を持ったであろう女性達に言い放ち、しまいには「産むなら勝手に一人で産んでくれ」と独りごちるなど、出オチならぬ出クズ発言をバンバンかましてくれます。好感度マイナスからのスタートですね。
そんな始まりなので、友利人が“オスに嫌われる体質”という描写があってもコメディタッチなのもあいまって、大して感情移入もせず軽く考えていたんです。
ただ、徐々に友利人の獣医になることに対する真摯な気持ちが明らかになり、この体質が笑い事ではすまなくなっていくんです。

そして、コロからこの体質を治せると聞いて、考えて、結論を出した友利人のセリフは、因果応報や深い決意など諸々を感じ、すごく印象的でした。

コロとの普段のやり取りなど、うっかりほっこりしてしまうところもあったりして、友利人の印象も徐々に変わっていきました。

友利人とコロの背景など、まだまだ明らかになっていない伏線があり、触れたい所もありますがキリが無くなるので、大人しく次巻を待とうと思います。

0

続刊だったよ…続きを下さい。

黒髪褐色のケモミミ攻めに惹かれて電子購入しましたが、思いっきり続刊作品だった…
しかも、いいところで終わってるドエロエロの犬神様モフモフ作品です。
タイトルに孕ませ…とあるように男性妊娠ものかな?
元々男性妊娠や花嫁モノはあまり読まないんですが、
単話2話無料を読んでモフモフ獣の攻めの魅力にハマってしまいました。
シリアスとコミカルを混ぜた内容で読みやすいエロ三昧です。

子どもの時に助けた子犬が恩返しに孕ませに戻ってくる…恩返しというより嫌がらせだな。

オスに嫌われるヤリチン獣医学生の友利人が、10年前に助けた子犬のコロが実は犬神様で、
獣の子が産める胎になるよう仕掛けていた。

そして、友利人が獣医を目指す切っ掛けは怪我をしたコロを大事に介抱した思い出からですが、
コロが胎に仕掛けたことでオスに嫌われる臭いを出していると知る。
孕めばマーキング臭が消えると教えられ、オスに触れないと獣医になれないと悩む友利人は、
臭いを消して獣医の夢を叶えようと、子を産んで関係を切ることを思いつく。

友利人とコロの関係は複雑ですが、
犬神様コロは相手のことは一切考えることのない俺様で、強気に抵抗する友利人を強引に抱きまくる。
しかも、コロの発する匂いで身体が疼いて拒否できないという、身体と心は裏腹設定。

ただエロいことをするだけの設定に思えますが、
獣医への想いは本物でモフモフ大好きな友利人の背景がしっかり描かれている。
ただエロいだけではないんですよ。
そして、まだコロの想いや背景がさほど描かれてない。
しかも、孕ませると言って抱きまくるクセに外にしか出さないコロ、なんだろう。

次巻が待てないな…すっかり単話追いしたくなってます。

犬神様ケモミミコロ…
ガッチリした褐色で野性的な長い黒髪、耳はケガをして片耳だけ。
長く尖ったケモノ爪で、tkbと尿道を弄り倒し、
どこから延びてるのかわからない触手数本で色んなことしてます。
そして、コブ付きの根元をもつ巨根。
自由自在に獣姿の大型犬になり、モフモフ揺れる毛並みが最高。
長い舌でペロペロ舐めて突っ込んでますが、濡れ場は基本ケモミミ姿。

友利人は強気な意地っ張りですが、淫紋があるとセクシーに見えてくるのが不思議。

この二人がどんな風に関係を深めていく?のか、
コロの独占欲と執着は半端ない気がするので、今後の展開が楽しみ。
そして、もちろん攻めた濡れ場を期待してしまう。

描き下ろしの~俺様はMプレイで喘がせたい~
緊縛剃毛編、スパンキング編、言葉責め編
おまけじゃなく本編で読みたかった、緊縛剃毛編大好きです。

ぜひともR18で読ませて欲しいです。

※シーモア:白抜き。

7

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う