恋を曳く

koi wo hiku

恋を曳く
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1
平均
4 / 5
神率
0%
著者
淡路水 ジンドウ 
媒体
小説
サークル
TANSUI BOOKS<サークル>
ジャンル
オリジナル
電子発売日
ISBN

あらすじ

船乗りである森尾は社の先輩である井上とかつて身体の関係を持っていた。というのも、二年前にあった船舶事故の際、溺れた森尾を助けてくれたのが井上で、そのときに森尾は彼にとある秘密を握られたためだ。とはいえ今ではとうに別れていて、ただの先輩後輩に戻っているのだが。
当たり障りのない日常に戻っていたとき井上が異動になり送別会が開かれた。しかし、その送別会以来仲よくしていた砂村の様子がおかしい。問い詰めると「あんたを助けたのは井上さんじゃない。俺だ」と押し倒されて──。
誤解からこじれたトライアングル・ラブ。

表題作恋を曳く

砂村喬 曳船作業員 27才
森尾瑛一 曳船作業員 28才

同時収録作品恋をつなげて

砂村喬
森尾瑛一

レビュー投稿数1

ガッツリ読みたかった

66ページと短いですが、関係性萌えは満足させてくれました。2010年Webサイト掲載作品です。先生、2010年にそれまで書き溜めていらっしゃった作品を大放出されたのかしら…。評価的には萌×2と萌の間くらいの感覚です。


曳船作業員の森尾は職場の歓送会で飲み過ぎ、後輩の砂村に介抱されながら二人が住む独身寮へと帰った。歓送会は森尾の命の恩人である井上先輩と女性社員の結婚報告も兼ねていたのだが、帰寮後、森尾が過去に井上と秘めた関係にあったことを砂村に暴かれてしまう。以来、森尾は自分に懐いていたと思っていた砂村から冷たくあしらわれるようになり…


森尾、砂村、井上の三角関係が性癖に「ど」刺さりしました。三角関係大好物なんです!曳船っていうお仕事が興味深かったですね。しかも男くさい職場で女性社員が少ないなんて、妄想が捗るじゃないですか…!

冒頭、迫力のある海難事故シーンから始まり、いったいどんなお話なのかドキドキさせられました。「きみの花 追憶の青」よりもメインになる人物が多いのにページ数が少なかったので、こちらはガッツリと中編~長編で読んでみたかったですね。

三人の関係性については、井上→森尾→砂村の矢印があんなに短い中でクッキリと浮き彫りにされており、うんまいな~と思わず唸りました。きっと、長さも自在に調節できるし、どんな設定でも萌えさせてくれる作家様なのだろうと信頼しちゃいます。

最後の方はお約束通りにささーっと終わってしまったのが残念でしたが、本編後の「恋をつなげて」にエロが詰まってました。砂村が欲しくてたまらない森尾のおねだりには淫乱さが滲み出ていて、悪くないですね〜。…欲しがりなお兄さんは嫌いじゃないです♡

1

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う