ガンギマリ発情パンチライン

gangimari hatsujou punchline

ガンギマリ発情パンチライン
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神7
  • 萌×210
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
84
評価数
20
平均
4.2 / 5
神率
35%
著者
加東鉄瓶 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス 麗人uno!
発売日
電子発売日
価格
¥650(税抜)  
ISBN
9784801971523

あらすじ

肉食人種の士郎は草食人種でヤクザの兄貴・善のことがだ~い好き♪
兄貴の力になりたいけれど、喧嘩ばかりして迷惑をかけてしまう。
喧嘩をしてしまうのはどうやら発情期が原因!
性にうとい士郎のため、自慰行為を兄貴が協力してくれることに…
だけどこれってセックスでは!?

幼い日のふたりの出会いや日常を描いた
描き下ろしも収録。

【収録作品】
ガンギマリ発情パンチライン♯01~♯05
13年前の善と士郎(描き下ろし)
裸エプロンパンチライン(描き下ろし)

表題作ガンギマリ発情パンチライン

天月善,草食人種,ヤクザ
朝妻士郎,肉食人種,善を兄貴と慕う大学生

その他の収録作品

  • 13年前の善と士郎(描き下ろし)
  • 裸エプロンパンチライン(描き下ろし)
  • カバー下漫画

レビュー投稿数3

萌え&魅力たっぷりのキャラクター!

うはー(∩´///`∩)=33
個人的にめっっちゃ好きが詰まってた…!

クール(にみせかけたデレ)美人攻め×おばかワンコ受け。
攻め(愛情)×受け(親愛)の微妙なすれ違い良き。
受けは尻尾があるのでパタパタ揺れるのめっちゃ可愛い。
脇役に至るまでキャラ設定が魅力的ですヾ(*´∀`*)ノ

ただ、草食×肉食らしさはなかったような。
特殊設定が活かされたストーリーではなかった気がします。
あるとすれば発情設定と肉食差別ぐらい…?
容姿が人外な以外は世界観は普通と変わらないので、良く言えば取っつきにくさがなく読みやすいと思います。


さてさて。
受け:士郎(肉食)は素直ワンコで懐っこい反面、短絡的で喧嘩っ早い性格。善を兄貴と慕っています。
攻め:善(草食)はヤクザで見た目はクールな美人さんです。"見た目は"クールです。そう。"見た目は"

士郎の頭に血が上りやすい性格は肉食由来の部分もありますが、善曰く「発情期」が原因だろう…と。
性欲を発散すればケンカもしなくなるとアドバイスされた士郎。早速072頑張ろうと意気込んだ所、
善から"手伝ってやる"と言われてーーーと展開します。

善のキャラクターが良きですヾ(*´∀`*)ノ
オナニー手伝う最中も無表情。淡々といじくり倒しているようで、心の中は"士郎かわいい!"状態。
お顔とのギャップにニヤニヤが止まらなかったッ!!!!

善は昔から士郎にロックオンしている攻めなので、
オナニー手伝いも流れでエッチに持ち込むのも"あわよくば"ってやつなのです。
士郎を手放す気は毛頭なく、懐内で大切に可愛がってきたのですね。

しかし"可愛がってきた"が裏目に出てたというか…w
作中のセリフを引用させて頂くと、

士郎:「大好きだ!(家族として)」
善 :「俺もだ!(恋人として)」

と、両想いなようで質が違う見事なすれ違い発生。
この()書きの補足にめちゃくちゃ笑いましたwww

でも善にしたら士郎の鈍さも"かわいい"と感じるひとつでしかないのですね。
結局士郎が何しようが"かわいい"。とにかく"かわいい"
無表情でクールな顔の中身は"かわいい"が溢れてます♪

その後、鈍感な士郎に"恋人エッチ"を身体で教え込むのも大変萌えました(∩´///`∩)

士郎のおばかワンコっぷりもめちゃくちゃ可愛い!
性的に疎い受けがクール美人攻めに身体開発されちゃう流れは美味しいですよね/////
初めてオナホ使った素直な反応も可愛いです。
なんでもすぐに真に受けちゃうところも可愛い。
ピュアで感情がすべて表にでちゃうとこが愛らしい…!!!
にぱーと明るい笑顔にキュンときちゃいます(∩´///`∩)

エッチなシーンはあらゆる角度で描かれていてエロい!
あと特筆すべくは善の長い舌が艶めかしく動いて////
士郎のア○ルや乳首に舌がッ舌がーーーッ!うっひゃぁ!!!ってなると思います。(なりました)

普段はピュアな士郎がエロイ顔になるギャップも、
士郎にメロメロな善の愛撫も大変美味しくいただきました♡♡(ごちそうさま)

他、脇では既に出来上がっているCPもいて、
スイーツ好きのヤクザ×ボディーガート的側近?舎弟?
常にそばにいないと落ち着かない関係だそうです♪

武闘派っぽい褐色受けだけど、ベッドではニャンニャンしてそうな匂わせにワクワクしちゃいます。
続編かスピンオフかあるといいな~。

描き下ろし①は善と士郎の出会いのお話。
善が士郎にロックオンした瞬間に心臓ギュンッ!でした。
士郎が可愛すぎるッッッッッ!(∩´///`∩)
描き下ろし②は裸エプロンエッチです♡

カバー下漫画は善のデレが最高でしたヾ(*´∀`*)ノ
溺愛攻めスキーには堪らーーーーーん!!!

電子の修正はまぁ真っ白ですよねー(泣)
tんk型抜きしたような白抜きというよりおおきめにザックリ切り取られている感じがしました;
電子はたまにしか買わないけどこれがデフォルトなのかな…(T^T)

5

すれ違ってても、半端無く可愛い!アホっ子放題!

肉食獣人が何となく虐げられている社会。
ヒエラルキー的に草食獣人が上位という、ちょっと意外な設定が面白い。なるほど、草食動物は角を持ち、キャラクター的には鬼的な凄みがあって。肉食動物はケモ耳なのだから。絵面的には非常に説得力がある。

ヤクザの次期組長・善に憧れる、士郎は、アホっ子の狼獣人だ。善に叱られて尻尾も耳も項垂れる様子はワンコの様に可愛いらしい。父親が善の付き人をやっていたのが縁で、今は善に面倒を見て貰っているが、善は中々舎弟にはしてくれない。それもその筈。善は、士郎が可愛いくて仕方ないので、ヤクザ稼業に引き入れたく無いのだ。喧嘩をやめて大学へ通えと説教をする。そんなある日、士郎の喧嘩っ早さやイライラは、発情期のせいでは、と気付いた善は、士郎を発散させる為と言って、エッチな行為に及ぶ。善はこれで恋人同士になれた!と浮かれるが、気持ち良さに溺れる士郎は、ただ善が面倒見が良いだけだと感謝している。この後のすれ違いっぷりも可笑しくて。善は善で、なかなか自分の好意や愛情に気付いて貰えないのに、士郎のウブさも推せる!と、ばかりに萌えまくっているのだ。最中、「孕めよ」と、エッチな言葉のあや的な意味で言われた士郎は、文字通り自分は子を孕むと思ってみたり。家族増える、楽しい!と、喜んでみたり。
アホっ子放題!炸裂の楽しさ。

善と同じ系列の組の春徳 × 凱 のカップルも楽しいし。舎弟で付き人の凱にメロメロなのも良い。
何よりこのドエロっぷりを最後まで余す事なく見せつける絵の力強さも良い。
「ガンギマリ」なんて。タイトルで結構引いてんだけど、読んで良かったです。
間違いなく本年度のアホエロ系を代表する一作だと思われます‼︎

2

アホ可愛いの極み。

肉食人種と草食人種が共生する世界が舞台の人外BLです。
主人公は肉食人種の大学生・士郎。
刑務所に入っている父親の代わりに面倒を見てくれている草食人種のヤクザ・善のことが大好き!
叱られればしょげる(可愛い)、
優しくされれば満面の笑みで喜ぶ(とても可愛い)、
完全なるワンコなのです。
でも面白いのが、実は善のほうこそ士郎を溺愛しているという事。
士郎の発情がおさめるため、けっこう濃厚に身体を重ねることになるのですが…
あくまで家族として慕う士郎と、士郎と両思いになれたと浮かれる善の、「好き」の意味のすれ違いが面白かったです(笑)
カバー下漫画でもふたりの気持ちの差が非常によく表現されていてすごく笑える。

わたしは可愛い子大好き人間なので、まず惹かれたのは士郎でした。
ブンブン振れる尻尾が可愛いのなんの♡
だけど、善のキャラも絶妙でなんとも魅力的でした。
若くして組長に登りつめ、高スペックな善ですが、圧倒的おバカの士郎を溺愛しているというギャップ。
士郎のやることなすこと全部猫可愛がりしている善の方がその実、士郎よりやばい奴だなと。
紛うことなきスパダリ様と見せかけ、士郎に対しては盲目的なところがあり、ちょっと残念なギャップを持っているところが推せるなぁ。

人外ものとはいえ、男性は妊娠できない設定の今作。
ベタですが、子どもを生めないと知った時のシーンはうるっとしてしまいました。
善も幼少から家族に恵まれなかったみたいだし…そういう背景も考えると、士郎の言葉はけっこう切ない。
でも大好き同士のふたりだから、これからはふたりでいっぱい幸せを経験して欲しいなと思いました。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う