ロイヤル・フェイバリット

royal favorite

ロイヤル・フェイバリット
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神37
  • 萌×22
  • 萌0
  • 中立2
  • しゅみじゃない3

46

レビュー数
12
得点
195
評価数
44
平均
4.5 / 5
神率
84.1%
著者
ライラ・ペース 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
yoco 
媒体
小説
出版社
新書館
レーベル
モノクローム・ロマンス文庫
発売日
電子発売日
価格
¥1,300(税抜)  
ISBN
9784403560446

あらすじ

ケニアのホテルで運命的に出会い、恋に落ちた
英国皇太子ジェイムスとニュース記者のベン。

一族の前で生まれてはじめて本当の自分を明かしたジェイムスは、
国民に向けてカミングアウトする。
連日のメディアの報道に、これまで自由な人生を送ってきたベンは、
すべてが思いがけない方向に進んでいくことに戸惑いながらも、
ジェイムスとの信頼感を深めてゆく。
叔父の企み、かつての交際相手の存在、教会との関係ーー
さまざまな困難を乗り越え、ジェイムスは王位を継ぐことができるのか!?

世界一秘密の恋、完結。

翻訳:一瀬麻利

表題作ロイヤル・フェイバリット

ベンジャミン・ダーハン
ジェイムス,英国皇太子

レビュー投稿数12

個人差あると思いますが…

2冊両方読みました。

yoco先生買い。イラストは素晴らしかった…今回もとても素敵でした!!

内容は王道なストーリーとして面白いとは思います。が、訳が直訳に感じてしまう事が多々ありでのめり込めなかったです。
また、妹(王女?)の結婚までの展開が早く…あれ?この間まで入院してたけど、トントン拍子過ぎないかなー…と、思ったり。攻め様と王妃の仲が非常に良いのはいい事だけれど…あのやり取りで一気に信頼関係結べてしまうのね。など、最後の方にかけてバタバタとまとめていくような感じがしました。

多少の山場はありますが(執事のところは涙…)王道ストーリーだと思います。攻めも受けも好感が持てます。訳が良ければもう少し良かったかな。直訳に感じてしまうのが気になってしょうがない。残念。
BL以外の本の和訳はスムーズに読めるのに、BLでの和訳でいいのに当たらないので…BLの海外のものは買い渋ってしまいます。

1

大満足の一冊でした

裏切で消えて行く人物。
酷い日常の中で信頼できる人物が浮き上がって行く様。
敵だと思っていた人物の思いがけない愛情。

次々にやって来る困難や出来事にベンとジェイムスが一つ一つ乗り越えて行く様子にホッとしながらも、彼等が悩みや苦悩の果てにどの様な未来を選択するのかと夢中になって読みました。

インディゴと彼女の執事の話では涙を堪えるのに大変でした。

またベンが答えを決めるまでじっと待ち続けるジェイムスがとても切なかった。彼の深い愛情に感動しました。

ベンが思っているよりワーナーの洗脳が強かったのが、ベンだけが分かってなくて読んでて焦れったかったです。
それでも最後にはベンが真実に気が付いてホッとしました。
あのクソ野郎にはツェンにベンには内緒で制裁して欲しいです。

ベンが真実に気が付いてジェイムスと共に帰宅してからの展開が素晴らしかったです。

月が進む度に彼等の結び付きが深く強固になり、新たな展開や喜ぶべき出来事が次々にやって来て、彼等が上手く暮らしている様子を知る事が出来ました。
お話の進め方がまた秀逸でした。

特に女王がベンをとても気に入ってて、ジェイムスとリチャードの言い争い時に言ったセリフは最高でした。
その時のジェイムスとリチャードの顔を見てみたいとどんなに思った事か!


分厚い2冊ですが読んで間違いないのでお勧めします。間違い無く神です。

1

愛であふれている…

表紙を見ただけで感極まるものがありましたね。
待望の続編だったので、きちんと前作を読み直してからページを開きました。
程良い厚さでしたが、あっという間でしたね。
今回も夢中になりました。

英国皇太子がゲイだとカミングアウトしてからの物語となります。
生半端な気持ちでは書けないストーリーだと思うのですが、作者の力あってこそなんですよね。
様々な困難を予想し戦略を練り挑んでいく…。
その確かな物語展開や描写力、土台がしっかりしているからこそこのロイヤルな物語にリアリティが増し…もしもの世界を魅力的に見せてくれる。

そこにはもちろん主人公となる二人も含まれます。
二人できちんと心の内を伝え合い(だからこそどんなに愛が深くても誰もが望むハピエン展開に直行せず悩むことばかり)それでも共に歩んでいこうと奮闘する姿にはたっぷり勇気と愛をもらいました。

各所で二人の愛を深く感じるんですよね。
体を重ねるシーンも多いですが、毎回新鮮な気持ちで読ませてくれる。
それは互いが互いに興奮していることがよく分かるから。

インディゴちゃん関連はポロポロ泣きましたが、終盤はハッピーラッシュでニコニコでした。
シリーズとして綺麗にまとまっているのですが、完結という文字にはとても寂しくなります。
番外編とかないんですかー!?
二人の過ごす日々をもっともっと知りたいよぉ。

5

殿下の下の

待望の続刊
シークレットも読み返して、準備万端で挑みました!

◾️ベン(ベンジャミン・ダーバン)×ジェイムス(英国皇太子)
序盤のワクワク感!ベン視点とジェイムス視点が交互にあることが嬉しい。序盤のまだベンが現実を実感していなくて、皮肉ったりして遊んでいる様!どんどん現実が襲ってくるわけですけど。「バッキンガム宮殿?」なんてほぼコント。でもジェイムスが幸せなら嬉しいベン…愛…まぁこのあとまだまだ非現実のような現実を喰らっていく序盤も序盤です。

今回はベンとジェイムスが感情を爆発させるシーンは少なかった気がします。2人の間では浮気がどうののシーンぐらいかな?努めて冷静な2人の一方で、世間は熱狂していました。
世間の熱狂との対比で、ごく親しい周囲の素晴らしさが眩しかった。言わずもがなのキンバリー・ツェンに始まり、スーツを選んでくれるポールソンや、ベンの同僚のロベルト、正直この本で最も自分が感情を揺さぶられたハートニー…彼らがいて良かったなぁ。フィオナも途中まではこのメンバーに名前を連ねると思っていた自分は純粋すぎた。

ジェイムスが生きる世界に溶け込もうと努力をするベンに、どれほどジェイムスに"理想の相手"がいたとしても、やはりジェイムスの隣にいるのはベンだなと確信します。王妃が「一族の中に合理的な議論が…」と言った時の高揚感といったら!

本当にプリンスがゲイの世界だったら…と想像しないわけにはいないストーリーでした。意外と受け入れられるのかな?とか、こんな風に(或いは"こんなに上手く")進むかしら?と考えながら読み進め、彼ら一人一人が望む道を進む…幸せに包まれ余韻に浸れるエピローグ。リアルとファンタジーが上手く合わさって最高の読み物でした。

4

君主の恋人

神よ!と大興奮した「ロイヤル・シークレット」の続き。大団円までの長い長い道のりで、ごめんなさいちょっと読むの大変だったわ・・と思ったので萌2にしました。内容は完璧、素晴らしかったです。本編なんと510P弱。

前作最後で「ジェイムズの側に立つ、闘う」と決めたベン。最強戦士キンバリー・ツェン(ジェイムズのメディア対策要員)と共に頑張ろうと思ってはいるものの、宮殿で生活するジェイムズの近くに長くいればいるほど自分の立ち位置を見失いかけ・・と続きます。

++当作内でご活躍された方(気に入った順)とにかく多い。最初は名前メモ必須。

ハートリー!(インディゴの執事、活躍というかなんというか。執事の鑑、泣)
キンバリー(この女子恐るべし、敵に回してはダメ、城一個あげていいと思う)
アメリア王女(=インディゴ、ジェイムズ妹、本当によく頑張った)、
ゼイル王子(個人的には神、有難う、この方にも城一個あげて)、
カサンドラ(=キャス、ジェイムズの元恋人役、ティアラ一個もらってるけど、それに値するナイスフォロー)+スペンサー(キャスの恋人)、
ルイーザ王妃(一般人には想像不可能な思考としか思えないが最後に逆転満塁ホームラン)、
その他、ロベルト(ベンの同僚)、ポールソン(ジェイムズのスタイリスト)等々。

以下は、気に入ってない方々。
リチャード(ジェイムズのおじ、微妙。でも必要な人材だったのかも)、
ワーナー・クリフトン(ベンの昔の恋人、理解不能な宇宙人)、
フィオナ(ベンの上司)。

**好きだったシーン

一件落着となるまで、そりゃプリンスオブウェールズであられる方の事ですし、まあ関係各位、メディアからの攻撃、援護射撃の多い事多い事。気が遠くなるのも辞めたくなるのも当然でございます。

各種フォロー(最大の功労者はキンバリーと思う)とジェイムズ、ベンの粘り、頑張りが、彼らの最も望む形での将来を呼びこむというお話なので、一緒にハラハラどきどき、きゅーっってしんどくなって辛い。

その中で一番好きなシーンは。
ハートリーの献身、インディゴの苦しみ、再生が重なって、インディゴの苦しみ最大な時は、ジェイムズと同じように心が引き裂かれるよう。ベンがジェイムズの側にいてくれて本当に良かった。病院でジェイムズを抱きしめるベンの姿をyoco先生が描いてくださってます。このシーン、是非ご覧いただきたい。

二番目は、ゼイル王子がインディゴと面会するシーン。ここも泣いたなあ。何が正解かわからない中、どうやったらあの「すべてを受け入れる」という感じの言葉が吐けるのか。深い愛情のなせる業なのでしょうか。インディゴ、ほんとに幸せになってほしい。

三番目は最後の方、キンバリーが旅立つところ。心配性のおかんみたいに、あれやこれや確認してくるところがとっても可笑しく、そして感謝の念に堪えないでした。素晴らしきthe仕事人!だと思うのです。

そして全部を超越して、勿論表紙のシーン。ここに至るまでの全てのキリキリした思いがぶっとぶこのシーン。そしてそれを導いたのが王妃ってところが有難うといいたいところでした。ここを目指して頑張って読んで下さい、皆さま。

彼らの人生はまだまだこれから。続きあるのかな、とググってみましたが、見つけられませんでした。王様になってからのジェイムズもちょっと読んでみたいなあと思ったのですが。長い長いお話ですが、この続きを読めて本当に良かったです。この本に関わられた全ての方に感謝を。有難うございました。

6

今年のナンバーワン小説はコレです。

24日に電子発売されたこちらの作品は、私にとって最高のクリスマスプレゼントとなりました。
今年も終わりに近くなりましたが、こんな素敵なお話が読めるとは感謝です。

ウィットの効いた会話
皇太子として国民に向けた声明文
テレビでのインタビュー内容

お見事すぎてこわいくらい。

王になるとされている立場の人間の性的指向と宗教と国が絡んだお話なんて、考えるだけで禿げそうなのに書ききっててすごいなと思いました。
しかも作家のご都合主義が許される架空の国や宗教じゃなくて、実在する「英国」「英国国教会」が相手ですからねぇ……。逃げ場がない。

それにしても、なんど読んでて袋小路に陥った気分になったことか!
綺麗事では済まされない、予想以上にヘビーな現実が次から次へと押し寄せる。
それらに直面したベンとジェイムスの心が一進一退を繰り広げる様子が丹念に描かれているので、どちらの気持ちにも寄り添うことができるんですよね。
どっちの気持ちもわかるし、何が正解なのかわからない。
私自身、何が彼らにとって幸せなのか彼らと一緒になって悩みました。

それだけに最後に出した結論が胸に迫るし、読み終わってから表紙を眺めると格別の思いがします。
群衆からは見えないけどもちろん想像できるし、鏡に握ってる手が映ってる!
ベンの表情も萌え転がる〜。


それにしてもベンかっこいーなぁ……文句なしで、痺れた。かっこいい……。
元からいい男ではあったけど、いまや無敵のかっこよさ!
あの王妃様のお気に入りになるとは、さすが。
「善意の筋肉質」には思わず笑ったわ。ベンには申し訳ないけど。

それにジェイムスも国を背負って立つ男としてかっこいい……。
皇太子として自分を律し続けてきた男だけど、素顔はとてもラブリー&チャーミング。
そして妹の危機の際に見せた脆さや苦悩……。
それを包み込み、「ジェイムスが真実を知っていればそれでいい」と思うベン。
ぎゃーー!!ベンがかっこいいよぉぉ〜!!!と萌え転がった。
あんなの全世界が惚れるわ。

かっこいい男二人の真摯なラブストーリー、最高でした。
夢中になって読み耽りました
今年のナンバーワン小説はコレです。



9

人は変わり得る

前作『ロイヤル・シークレット』を読み終わった後に、私はこれよりももっとガチャガチャした(事件が多い)続編を想像していましたが、それは見事に外れました。
どっちかって言うと、じっくり書き込まれています。だからベンとジェイムズの心情に寄り添って、ジレジレしながら読めるんですよ。
これがねー、つらさもあり、それ故の輝くような喜びもあり。
心をあっちこっちに連れて行ってくれます。
まあホント、面白い本ですなぁ……

お話の中に出て来るのですが、本のタイトルは『王族の恋人』の意だそう。このタイトルの通り、今回はベンの葛藤が読みごたえがありました。
彼がどうして特定の恋人を作らず、一ヵ所に定住せず、いわゆる一匹狼的な生き方をして来たのかが良く解りました。
ジェイムズが慎重で、我慢強く、恋に臆病であった理由が『彼の今まで』から形成された様に、ベンだって『今まで』があったんです。そこから発想すると、ベンがロイヤルファミリーに『閉じ込められて生きていく』のは不可能に近いと思わざるを得ないのよね。

2人は今後の人生を共に過ごしていきたいと切望しているんですよ。
でも、ジェイムズは自分が生まれた家が持つ責務を果たすべきだと考えていて、ベンは何物にも縛られないで生きていきたいと思っている。
2人の願いはぴったりと重なり合うことはないのです。

ジェイムズのカムアウトを国民が支持してくれるのか?
英国国教会がゲイの国王を認めるのか?
王位継承2位のジェイムズの妹、インディゴの抱える精神的な問題は?
ベンはこんな事件が起きる度に、パパラッチから執拗に追いかけられる日常からジェイムズを連れて逃げ出せるのではないかという希望を抱きます。

だからこそベンが『(ジェイムズの)務め』について話す457pのシーンで、私はとても感動してしまったのね。
ベンは『ジェイムズが譲ってはいけないもの』を解っている。
で、自分が自分の為に守ろうとしているものについてずっと考え続けるんですよ。
ジェイムズを失うほどの価値なのか、ということを。

全体で512pのこの本。
「457pでこんな感じか……終われるんかいな?」と激しく心配したのですが、ライラさん、伏線の張り方がお上手!
人は変わることが出来るんですよ。
大切なものを守る為に。
過去を理性的に振り返ることによって。
今まで捕らわれていたものの見方を変える努力で。

そういう意味で、とても勇気づけられる本だと思います。

濡れ場は控えめ。
でも、この手の抑え方は余計エロく感じますねぇ。
メンタルとフィジカルのリンクが大層お上手に書き表されているのが好みでした。

9

素晴らしかった…

想像を超えてきました。
2人で共に歩むことを決めたけれど、その先にあると分かっていた苦しみを描きます。様々な人物が様々な出来事を通して登場します。全員が惹きつけられるキャラクターです。そして2人のカミングアウトによるバタバタから一息つけるところまで展開していく技量に改めて驚かされました。主人公2人のキャラクターは一巻目のそのままでも十分魅力的でしたが、2巻目になると更に感情豊かでリアルです。2人の心中を思うと涙が出てきました。特にジェイムズ!こんなに情熱的なのに忍耐強く正しいことをしようと24時間戦ってる。愛する家族とベン、国民の為に。イラストも更に男性らしいジェイムズが描かれていて、yoco先生最高…。

9

ひさしぶりに

ひさしぶりにBLジャンルの小説を読みました。
自分このみの本がすくないので、しばらくはなれていたんですが、続きが出ているとしって、あのひどいラストはやっぱり続刊があったせいなのかと購入。
前半はおもしろくよめましたが、後半になるにつれて駆け足すぎて、ざんねんながらおいていかれてしまいました。
前作とあわせて、たのしくよめるぶぶんをおおかったので、せめて今回の後半をもう一冊分くらいかけて読めたらよかったかも。

4

分厚いけど一気読み

私、モノロマ文庫は面白いけどちょっと高くて残念といつも言ってるけど、これは高くないです。だって普通の文庫2冊分位のボリュームだからめっちゃお得!もちろん内容も充実してます。
 
冒頭から甘々でニヤニヤ読んでたんですが、やはりプリンスとの結婚は大変。今回はベンの方がたくさんの物を失い信じていた人に裏切られ苦難の連続でした。それでもプリンスを愛してるんだよね。カッコいいもんね。ベン以外の人の前でジェイムスが自然にプリンスモードになっちゃうのが萌えた。ベンがプリンス降臨の時惚れ惚れ見つめているのも。

2人はベッドでは対等でその日の気分で受けと攻めが入れ替わりますが私はプリンス攻め・ベン受けのシーンの方が萌えます。今回ベンには仕事も自分の住んでいた場所も失い王家という未知の世界に飛び込み、心細い上に元彼の影にも怯え…っていう受けっぽいシチュが揃ってましたし。yocoさんのイラストもベンの方が体格いいにも関わらず可愛らしく見えてしまいました。
 
でも最終的には王家の中にも自分の居場所が出来、周りの人々からも人望を得るようになるベンはさすが元エリート記者という感じでした。ジェイムスの妹とか秘書みたいな女性とか他のキャラクターとの関係性も魅力的なので話に厚みがあり、前巻に続き楽しめました。
 
個人的にベンの元彼にはもうちょっと暴れてもらっても良かったけどね。ベンが目隠しされて縛られてるイラストもてっきり元彼の仕業かと思っていたので。

7

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う