君とはじめる青い間

kimi to hajimeru aoi aida

君とはじめる青い間
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
16
評価数
5
平均
3.2 / 5
神率
0%
著者
牛男 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
光彩書房
レーベル
光彩コミックス Boys Lコミック
発売日
電子発売日
ISBN
9784864165617

あらすじ

つきあって五年目の明兎と政国だったが、
政国がEDになるというカップル最大のピンチを迎えていた。
明兎の努力もむなしく反応しない政国。
そんな日々が長く続いたある日、
公園で悩んでいた明兎が襲われる事件が起こり…
仲良しカップルの一大事!
はたして乗り越えることはできるのか…?

表題作君とはじめる青い間

井上政国,薬の配達員
橘明兎,外科医

その他の収録作品

  • コミックス用描き下ろし4コマ

レビュー投稿数1

お外でたくさん密回避

作者さんのお名前に惹かれて。初単行本。
自然を感じる野外プレイ盛りだくさんでした。野外じゃなくても共用施設のようなところも。

初手恋人で始まり5年経ち政国がEDになってからのお話。
手を尽くした結果たどり着いたのは青姦。というよりも外ですることにより恥ずかしくて興奮してしまう明兎を見て元気になる政国。
政国がEDとなった一因の当て馬くんも登場し、三角関係はたまた四形関係へ。

2人が初めて公園でしたとき、観客モブおじさんも出てきて二人のやりとりに感動した!なんて応援してきたのは笑っちゃいました。
ただ、海のど真ん中で始めたときは倫理観が横から茶々を入れてきて話に集中できませんでした。一般客が周りにいる状態で、平然と(浮輪に浮かんでる自分の)上に乗って、見えないよとブツを出して言ってくる政国が怖くて泣いてしまいました。
そして哀れにも合体しているところを目撃する羽目になった当て馬君が流石に可哀想でまた泣いてしまいました。

私の許容範囲の野外節度を越えてしまった部分はありましたが、お話し自体はとても勢いがあり、エロス満載で良かったです。

修正(紙)
白抜き

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う