おうちへかえろう -猫耳オメガバース- 2

ouchi e kaerou

おうちへかえろう -猫耳オメガバース- 2
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神5
  • 萌×26
  • 萌6
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
67
評価数
17
平均
3.9 / 5
神率
29.4%
著者
日野原 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
三交社
レーベル
Charles Comics
発売日
電子発売日
ISBN
9784815501600

あらすじ

たくさんの出会いと別れを経験しながら、眩しいほどにすくすくと育っていくノエル。
でもアオイは、Ωとはいえこのまま人目を逃れて暮らすだけじゃいけないと考え始め……。

あの「おうちへかえろう-猫耳オメガバース-」が、帰ってきた!
ますますラブラブになったシイナとアオイに、愛くるしさいっぱいのノエルも大活躍!

『Ω狩り』から目覚めた先は───Ωの保育園!?
ひねくれ者のシイナの兄、ユミツグの本当の運命を描く「うそつきは運命のはじまり」も同時収録!
ちびっ子×もふもふがたまらない♥ 猫耳オメガバース!

表題作おうちへかえろう -猫耳オメガバース- 2

シイナ,α,酒場の店員,名家の子息
アオイ,Ω,シイナの番

同時収録作品うそつきは運命のはじまり

ユミツグ,α,名家の跡取り
キヌ,攫われて来たΩ

その他の収録作品

  • いちばんのおともだち
  • はじめてのおつかい
  • 描き下ろし
  • いつものあいさつ
  • もふもふに囲まれて
  • 微妙なお年頃
  • 続・いつも見守っています

レビュー投稿数6

ノエルの成長ノート

1巻…シイナ(α)と耳付きアオイ(Ω)、そして二人の子供ノエル(Ω)の話で、シイナの兄のアオイに対する卑劣な言動に家を捨て駆け落ちした~そこからの続き。

2巻は耳付きはΩの象徴で、それを揶揄する大人に理解してなくても嫌な事を言われてるのに怯え泣いたり、そんな中でもノエルを一番に考えてる親や周りの大多数の優しい人たちに囲まれて小さいのに強く大きく成長する様が描かれています。

シイナ、アオイという小さい家の世界だけでなく色んな人と交わって欲しいという親の願い以上にノエルの好奇心旺盛で天真爛漫な行動は読んでるこちらも微笑ましくなりました。

「初めてのお使い」に行くノエルの話が収録されてるのですが、この話、可愛かったです!!

単行本の半ばから、シイナの兄の話に変わります。
1巻ではかなり卑劣な態度でしか登場してないキャラクターだったので、どうなるのか?と思いましたが、次男のシイナのような自由がなかった長男あるあるや、シイナとアオイのように運命の番に憧れ、嫉妬していたのが歪みになっていたと理解はできました。(でも、アオイへの行動は許せないけど…)
まぁ、卑劣なキャラクターのまま終わらせるのも無くはないですが(笑)人間味のあるキャラクターになって良かったとは思います。

シイナ、アオイ、ノエルの話はまだ続くのかな?ノエルの更なる成長が読みたい気持ちになってます!

1

可愛いくてホッコリ

まず前半のノエル編ではホッコリさせていただきました。
店長のおかげでリク親子とも交流出来て、シイナもアオイも徐々に世界が広がっていて安心しました。


そして今回注目すべきは、シイナの兄のユミツグのお話だったと思います。
彼が不器用だけれど根っからの悪人でないと知りホッとしました。
ユミツグの周りのナギやメイド達の心配はいかほどだったのかは、キヌの存在に期待する様子で想像することが出来ました。

初めはユミツグを手玉に取ろうとしたキヌが、段々と絆されて行く過程が良かったです。

キヌと番になった事でユミツグがかなり丸くなっていました。
シイナとの和解を期待せずにはいられませんでした。3巻が楽しみです。

1

兄も幸せに

この作品のメインはBLというより、子供の成長なのかな。
子供がめちゃくちゃ可愛いし、成長を喜んだり、周囲を幸せにしたりして、とても癒される。
こういう作品を読むと癒されるし元気になれるので、すごく好きです。
新しい友達ができたり、新しく挑戦したり。
自分も頑張らなくちゃな、と思います。
オメガっていうのを生まれ持った一つの障害と考えたらいいのかな。
それに対してクヨクヨせず、自分の個性として考えるノエルは凄いです。

今回はお兄ちゃんサイドの話も見れて良かった。お兄ちゃんも悪い人ではなかったんだな。
愛を知ることができたお兄ちゃん。
これでシイナ家族と仲良く出来たら良いなと思います。
もしかしてお兄ちゃんと番になったキヌとアオイが兄弟とか?
3巻も気になりますね。

0

しあわせいっぱい後日談+ユミツグ兄さんの救済。

ノエルの成長後日談を描くほのぼの後日談が二つ。一目で Ω バレするケモ耳とモフモフのしっぽを隠す為、人の多い場所ではそれを隠す服装でいる事を何となく義務付けられている。だって社会は偏見に満ちているからね。それで、ノエルはしっぽを楽に効率よく隠す為、スカートを履かせられている。可愛い過ぎるノエルは女の子と間違えられ、リクに一目惚れされてしまう。うん、でもこれオメガバースだから。バース性重要で男女差はあんまり関係無いよね。リク、ショック受けないで〜。っていう。

後半は、そういえばどうなってるのか気になってはいた、シイナの兄・ユミツグのその後。
シイナとアオイに冷たく当たっていたユミツグは、その実、自分も運命の番を欲しがっていて。部下に探させていた。ユミツグの部下に攫われて屋敷に連れて来られたキヌは、自分と同様に小さな子供の Ω たちが囲われている事を知り、子供たちを解放させる為に、自分が「運命の番」のフリをする決意をする。
前作で、アオイを引っ叩いたり、抱きこそしなかったけど、Ω 差別のせいか乱暴者だった兄・ユミツグを救済したい欲が強過ぎて。急に意地っ張りだけど良い人みたいになっているのが、突然過ぎて驚かされました。ユミツグは、確かに乱暴な人間だったけれど、シイナとアオイの「運命の番」っぷりに当てられて、心底羨ましく思ったのかもしれません。
キヌを罵倒したりはするものの、それほど鬼畜な素振りをしないのでホッとしました。
ちょっとだけすれ違ったりするものの。本能では無く、恋が2人を結び付けるという優しい展開です。番契約と結婚は違うと言い張っていたユミツグが、キヌと番になってからデレデレなのも良い。攫われて来た Ω の孤児たちをそのまま2人で育てる事になるラストもホッとさせてくれます。次回はいきなり子沢山になったユミツグの物語が読めるかも。

それより、前作で、献身的にこの家に仕えて来たナギと、アオイの幼馴染・ハイリくんも淡い恋が生まれそうだったので。そこに言及されていないのは残念。でもナギ、β だからなー。番にはなれないんだよねー。哀しい。

6

シイナ兄の本

1巻が大好きだったので、シイナ×アオイと可愛いノエルの続きが読めることを楽しみにしていました!
シイナとアオイがラブラブなとこ見れるかな!?とかもしやノエルに弟妹ができたり?シイナ実家に帰ったり?とかめちゃくちゃワクワクして開いたのですが半分以上がシイナ兄のユミツグcpの話でした...
めちゃくちゃ楽しみにしてたのでショック...

ノエルちゃんはめちゃくちゃ可愛くて、お友達もできてよかったあ(涙)なんですが、1巻から引き続きユミツグがどうしても好きになれず...
ほんとは攫ってきたΩにひどいことしてなかったと知ってもなんだかなあ...て感じです。。
ていうかシイナ一家を期待してたからユミツグに八つ当たりしてるのかも、すみません

ユミツグに番できたし、今後シイナ一家と和解したりするんでしょうか
続編あったらいいなあという気持ちでいっぱいです。

4

ただただ癒される

ノエルが本当に可愛くて...
1巻から見ていると、成長したね...と謎の親目線になりました。

ほのぼので幸せいっぱいなんだけど、子どもが中心になっちゃうとBLからは少し離れてしまった気が...
シイナとアオイの出会いや馴れ初めは既に描かれているので、仕方ないのかもしれませんが。
少しだけ物足りなく感じてしまいました。


同時収録のユミツグの話は、彼のその後が気になっていただけに、楽しく読むことができました。
ただ最初の印象があまりよくなかった分、気持ちがはいらず...
どこか上滑りしたまま読み終えてしまいました。

全体的には可愛いを得ることはできましたが、萌える要素はすくなかったです。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う