愛しくて 尊くて ちょっぴり泣ける

おうちへかえろう -猫耳オメガバース-

ouchi he kaerou nekomimi omegavers

おうちへかえろう -猫耳オメガバース-
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神8
  • 萌×210
  • 萌7
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

154

レビュー数
7
得点
101
評価数
25
平均
4 / 5
神率
32%
著者
日野原 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
三交社
レーベル
Charles Comics
発売日
価格
¥650(税抜)  ¥702(税込)
ISBN
9784815500665

あらすじ

シイナとアオイはαとΩのラブラブ夫婦。
ふたりが授かった息子・ノエルと一緒に、人知れず仲良く暮らしています。
パパとママに守られてすくすくと育つノエルでしたが、
ある日、パパのお仕事に付いて行くため初めて人里におりることになり……。

笑顔も涙も〝家族〟なら乗り越えられる。
ちびっ子×もふもふがたまらない♥猫耳オメガバース!

表題作おうちへかえろう -猫耳オメガバース-

シイナ/α/酒場勤務
アオイ/Ω

その他の収録作品

  • 運命の二人
  • 描き下ろし

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数7

可愛いいいいい❤️

初読み作家さんでしたが、とても良かったです!
スタンダードなオメガバースに、プラスΩはケモミミ獣人設定という、斬新なストーリーに引き込まれました。
普通のオメガバースの家族の日常BLとは一味違う面白さにびっくりして、一気読み。
とにかく、息子のノエルが可愛いくて可愛いくて、
1週間くらいは、このこ目当てに読んでました。。
その後ようやく気が済んで、落ち着いて熟読。笑
じつはなかなか深い話なので…シイナやアオイの苦悩には、胸が締めつけられました。差別とは?生きるとは?
あー、もっと読みたい!
もっと可愛いノエルが見たい!

ノエルはまだすくすくと成長中なので、第2巻を楽しみにしています!

1

ほっこり♪ノエルに癒されまくり

Ωには耳としっぽが生える世界。そしてΩはΩ・α(確率50%)を産む世界。

上流階級の家に次男として生まれたαのシイナは、αを産ませるために長男に与えられたΩのアオイと番になる。
しかしアオイから生まれたノエルはΩ。
Ωを産んだ母体が虐げられる運命から逃げる為駆け落ちした親子三人のお話。
本編は駆け落ちした後からのお話です。

設定は重くてアオイの境遇も悲しいけど、
駆け落ち後の親子三人は幸せに暮らしてるし、
なによりノエルが超可愛くてめちゃくちゃ癒されました♪

シイナの実家の執事や、アオイの友人が出てきて
周りの恋愛にもソワソワ期待しちゃいました!
結果誰も進展は無かったけど・・・(寂)

ケモミミ好きにはたまらない一冊ですね♪

1

暖かな気持ちになれるお話

シイナ(α)とアオイ(Ω)、二人の子どものノエル(Ω)の家族のお話です。
題名にあるように猫耳オメガバースです。
Ωは耳&しっぽがあります。とても可愛らしいけれど、この世界では蔑まれています。

Ωには大変な世界ですが、子どものノエルがとても可愛くて癒されます。また、家族の周りにはΩのことを気にしない店長さんや、仲良くなったΩの二人など、優しい人達も多くいて心が穏やかになれます。

過去話として、シイナのお兄さんがアオイに対して優しくない場面があります。

この家族にはずっと幸せに過ごしてもらいたいです。

1

子どもが可愛い

このお話の世界ではオメガは耳と尻尾がある異形の為に差別を受けています。
アルファの子を産ませる道具としか思われていません。
名門アルファ貴族の二男として産まれたシイナは、傲慢な兄を敬うようにと育てられます。
その兄の番として屋敷にやって来たアオイが運命の番で二人に子どもが産まれて、その子がオメガだったので親子で遠い土地に逃げてひっそりと暮らしているお話でした。
逃げてからの家族の話なので基本的には、ほっこり家族物のオメガバースです。
シイナの働いてる酒場で息子のノエルが嫌がらせを受けたり、同じオメガを探しにノエルが勝手に家を出て心配させたりとかはします。
アオイの昔馴染みのオメガの子たちや、シイナのお世話係だったナギ、 酒場の店長にしても良い人ばかりでした。
もし、続編があるのならば性格の悪いシイナの兄が絡んで来るのでしょうか?気になりました。

1

可愛くて暖かい家族の物語

オメガバースで、Ωはケモ耳という特殊?設定です。
子どもちゃんはママと同じΩです。
子どもちゃんが本当に可愛くて萌えました。
Ωはなかなかに生きにくい世界が舞台で、
Ωのママが首輪をつけられていたシーンなど、
可愛い中にもシリアスな展開がありました。

ママを番にしたαの良いとこの坊ちゃんパパが、
ママと子どもちゃんたちとの幸せのために駆け落ちし、
田舎の村の酒場で働いています。
家庭を守る男は強くてかっこいいですね。

ママの昔の知り合いのΩたちも出てきて、
子どもちゃんたちと仲良くなったりしました。
こちらのΩの子の恋愛模様も気になります。
ぜひ、続編を。


個人的評価
ストーリー ★★★★☆
登場人物 ★★★★☆
エロ度 ★☆☆☆☆

0

Ωには生きにくい世界…。

オメガバース&ケモ耳という、好みど真ん中だったので、思わず手に取りました。

小さい息子を中心に、家族3人の仲良く暮らしてる様子にホノボノします。
…が、彼らには理由があり、生れた故郷を逃げ出して来ています。
その理由が、Ωは差別されていて、αの子を産むための存在として扱われることが多いから。
だから、最後に描かれてる『運命のふたり』のお話が切なくて…。
アオイが兄と結ばれなくて、相手がシイナで本当に良かったと、心から思います。

このエピソードを読んでから、また最初から読み返すと、3人家族のホノボノさが尊くなります。
特に、カバー下の4コマが、可愛くて大好きです。

0

ほのぼの100%

既に子どもがいるオメガバースって可愛くて可愛くて...とくにΩはケモ耳しっぽという特殊設定だったので、余計に可愛さが増します。
そんな子どもの可愛さを味わいたくて読んでみました。

ーーーーーーー感想とネタバレーーーーーーー
攻めのシイナ(α)と受けのアオイ(Ω)は番で、ノエル(Ω)という子どもも産まれています。
村のはずれで3人仲良く暮らしているよう。

物語としてはシイナとアオイのBLというより、3人のほのぼのな生活が中心になっていると思います。とくに焦点が当たっているのは子どものノエルに対して。
まだまだ小さくて可愛い、Ωが虐げられていることを知らない無垢なノエルが、1人で冒険する中でアオイとは違うΩに出会って成長していきます。
とにかくノエルが可愛い。ぷくぷくぷりぷりなノエル...最高でした。

今回の単行本には、『年の差×オメガバースBL』に収録されていた「運命の二人」という話も収録されています。
この話に、シイナとアオイが出会って番になるまでの過程が描かれているので、BLっぽいです。こちらを読む事で、本編の補完が出来てより楽しめると思います。
個人的には、後ろに収録されているこちらを先に読んでから本編を読むことをおすすめします。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ