どんなに強く見とれられても それは恋にはならない

青春アウトサイダー

seishun outsider

青春アウトサイダー
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神5
  • 萌×27
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
4
得点
56
評価数
14
平均
4.1 / 5
神率
35.7%
著者
しまべ創子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA
レーベル
B's‐LOVEY COMICS
発売日
電子発売日
価格
¥700(税抜)  
ISBN
9784047364912

あらすじ

好きだ」彼女と別れ弱音を吐く友人の久志に、告白してしまった一矢。
つい口から出た言葉に慌てた一矢が、返事はいらないから友達のままでいてほしいとお願いすると、久志はそれを受け入れてくれた。
想いを伝えたことで気持ちは軽くなったものの、久志は彼女とやり直したいようで、一矢の心は段々苦しくなっていき……。

恋がよくわからない学生×ピュアヤンキーの胸キュンラブストーリー

表題作青春アウトサイダー

陣屋久志,高校生
春久一矢,高校生

その他の収録作品

  • それから(描き下ろし)

レビュー投稿数4

萌えとアオハル

表紙の爽やかな青空に映えるふたりのDK。
尊さが伝わってくるのですが、帯の『恋にはならない』という切ない言葉と『青春アウトサイダー』というタイトル。

英語に疎い私は最初サイダーみたいなシュワッと若さが弾けるような恋をイメージしていたんです(安直)。
でも、調べてみたらアウトサイダーは『部外者』…
ええ〜…なんか辛そうやん…、泣ける系なのかな、なんて思いながら読み始めたのですが。

杞憂〜!

もだもだ、じれじれ、きゅんにぎゅん、若さも青さも、切なさも、(一矢が)初々しくて可愛いエッチも…と、萌えとアオハルのいいとこ盛り。
女子キャラの存在感はやや感じますが、上手い扱い方でさほど気にならないです。

久志と一矢の気の強い同士のふたりの対等なやりとりも、気持ちを伝え合うシーンもすごく自然な等身大の男子高校生の思考や行動といった感じで、フレッシュさが溢れる表情もよかった!

序盤の久志のハンドグリップネタが後半でまさかの…!という伏線回収?には思わず笑ってしまいましたし、作者様の間の使い方とかコミカルのツボがハマって、とても楽しかったです。
ヒサシくん…(笑)
一矢のあのオナネタを久志に実施するところもみたかったなあ〜。

ただ、ひとつだけ…久志の髪型の坊っちゃんが過ぎたのがちょっと気になってしまい…、もう少し短かったらストライクでした。

全体の雰囲気も好きなかんじなので、次の作品もぜひ読ませていただきたい作者様です。

0

青い

ヤンキー受けがいいなと思い購入しました。

受けの一矢は喧嘩が強いし見た目もチャラそうでイケメンですが、困っているおじいちゃんを助けたり自分ではヤンキーだと思ってなくてオラついてない所も良かったし、久志に告白した後も返事は無くてもいいし告白できただけで満足していて、付き合えなくても友達でいれたらいいな、みたいなピュアなところがとても可愛くて好きでした!! 処女を奪ったヒサシくんをみせたときの顔も可愛かったです笑

攻めの久志は本当にいそうな学生って感じで、明るくて爽やかで部活に一生懸命で大会も出て、恋とか良くわからないのに彼女はいてやることやっていてリア充でした。元々ノンケなのはわかりますが、元カノと無意識に比べたり、照れ隠しできつくあたったり個人的にはあまり好きなタイプではなく一矢にはもっといい人がいるのでは?とか思ってしまいましたが、この素直で自由奔放なところが若さを感じて学生らしい恋愛模様がみれたのかなとも思いました。

1

恋する切なさとキュンキュンが思う存分に味わえる♡

初めて読んだ しまべ創子先生の作品です。
しまべ創子先生のデビューコミックスになります。

高校3年生 陣屋 久志と同級生 春久 一矢のお話。

「お前のこと 好きなんだよね」
彼女と別れて弱音を吐く親友 久志に、一矢は思わず告白してしまいました。
返事はいらないから今まで通りに…一矢の提案を受け入れた久志は、その後も変わらない態度で接してくれます。
久志は空手部の団体戦で大将を務めるほど強く、自他共に認める「空手バカ」。
そんな久志が一矢のことを強くてカッコいいと思ってくれても、それは恋にはならない。
一矢が女の子を好きになることがないように…。

おぉ~!!期待以上に良かったです♡
アオハル眩しい高校生の日常と恋、そしてゲイの一矢の気持ちが上手に表現されていました。
しまべ創子先生の丁寧な絵柄と心理描写で、冒頭から物語に惹き込まれます。
とくに、ゲイの一矢に感情移入したので、一緒に切なくなったり、苦しくなったり、まるで自分が恋をしているかのようでした。

お話は、彼女と別れた久志に一矢が告白してしまったことからスタートします。
派手な外見と喧嘩の強さからヤンキーだと思われていますが、本当は優しくピュアな一矢。
高校2年生から久志が好きですが、久志は幼なじみの萌花ちゃんと付き合っていました。
一方、空手と友情が優先で、まだ「恋」がよくわからない恋愛偏差値低めの久志。
全国大会出場するほど空手が強い上にイケメンなので、女子からはモテまくり。
久志に告白しても叶わない恋だとわかっている一矢は納得します。
ゲイの男子高校生の恋愛としては、普通に恋して普通に失恋できたなんて…ハッピーエンド!

一矢の想いが痛いほど伝わってくるので、最後までキュンキュンしっぱなしでした。
高校3年生にしては幼すぎる久志が残念でしたが、現実世界でも実在するタイプでしょう。
完全片想い(と思っている)と無自覚片想いの2人…それって両片想いなんですけどね(笑)
後半は、両片想い故のスレ違いやモダモダがあるのでハラハラします。
久志に避けられている一矢が切なすぎる (๑•̥̥̥́ω•̀ू๑)
「いま世界が終わんねーかな」って考えちゃう気持ち…激しくわかるよ~。

この話には当て馬が登場します。
久志の幼なじみで空手部のマネージャーでもある元カノ 萌花ちゃん。
小さくて清純そうですが、予想外にやらかしていました(笑)
脇キャラとしては、2人の友人 東くんと中野くんが登場します。
4人のワチャワチャをもっと見たかったな~。
お気に入りは、一矢の弟 剣二くん!
アマビエのTシャツも可愛かった♡

Hシーンは、本編で1回、描き下ろしで1回あります。
コマ数が少ないのでエロさは薄いですが、一矢の処女を奪った「ヒサシくん」が見られますよ~。
しかし「ヒサシくん」は、久志に秒で壊されますが…。
個人的には、一矢がフェ〇をしようとした久志のチン〇がキラキラ編集されていたのが良かったです。
一矢ビジョンの久志のチン〇はキラキラ輝いていた!
間違いなく久志は絶倫だろうしエロエロになると思うので一矢は大変だな(笑)

描き下ろし『それから』
本編のその後のお話。
久志の元カノ 萌花ちゃんを気にする一矢ですが…。
こちらのお話は、久志視点で進みます。

本編と描き下ろしの間になるカバー下の漫画も必見ですよ。
久志は恋愛偏差値が低いので、一矢と付き合いだしても甘さがないんですよね(泣)
これからは、一矢を溺愛していっぱい甘やかして欲しいな~。
だって、一矢はいつだって久志のことで頭がいっぱいなんだよぉぉ!
大学生になった2人と弟の剣二くんを見守りたい。
しまべ創子先生、担当編集者様、続編をお願いします!

アオハルのDKがお好きな方はもちろん、キュンキュンしたい方にもおすすめの作品です。

1

一冊に青春要素がたくさん詰まってる

試し読みしてみて、絵柄が好みでしたらぜひ購入をおすすめします。
ライトなのにしっかりと中身のあるストーリーだったので。

受けが攻めに告白するシーンから始まります。
この時点で攻めは受けへの恋愛感情を全く持っておらず、そこから最終的に受けを好きになっていくという一見よくあるようなパターンです。

しかしこの作品は、思っていたよりずっとリアルな思考回路で主人公たちが動いている作品でした。
なので最初、何気なく読んでいると「え、なんでこんなにすれ違わなきゃいけないの?」って思っていました。
しかし攻めと受け、それぞれの性格を汲んだ上でそれぞれの気持ちになって読んでいると、痛いほど気持ちが入ってきて言動にも納得できました。
特に、"言いたいのに言えない"とか、"ムカついてしまう"といった感情は、最初個人的には「いや言えよ」とか、「いやなぜ怒る?」とか思っていたので、性格を汲むだけでかなり見方が変わりました。

ちょっと臆病な二人なので、話はなかなかスムーズには転びません。しかしそんなスローテンポなところが、この作品の魅力だと思います。
そのスローテンポな間に、2人はくっついてなくても、それぞれの視点で相手にドキドキしたり翻弄されたりと胸キュンしまくりだったので、一冊で青春要素がかなり楽しめました。

エッチシーンも会話多めで雰囲気もよく良かったです。特に私は、受けの反応を見て遊ぶシチュが好きなので、それが見れて大興奮でした。

ピュアで甘酸っぱい青春が心を潤してくれる、満足な一冊でした!

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う