週末の悪魔

shumatsu no akuma

週末の悪魔
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神5
  • 萌×217
  • 萌8
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
7
得点
118
評価数
32
平均
3.8 / 5
神率
15.6%
著者
アヒル森下 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス 麗人セレクション
発売日
電子発売日
ISBN
9784801972612

あらすじ

人生お気楽モードのリーマン・若林隼人は、接待で連れて行かれた人生初のゲイバーで酔い潰れ、色気漂うイケメン店員・レイくんにフ●ラされてしまう!
翌日、鮮明な記憶と二日酔いに悩まされながら出社した隼人にコーヒーを淹れてくれたのは、仕事以外で喋ったことがない地味同僚・井上。
長い前髪とダサい眼鏡、ボソボソ喋る小さい声。
そんな地味で陰気な井上がーーーー…
まさか昨夜のイケメン店員・レイくん!!!?

表題作週末の悪魔

井上怜ニ(レイ),24歳,同僚でゲイバー店員
若林隼人,26歳,サラリーマン

その他の収録作品

  • おまけ(描き下ろし)
  • カバー下:キャラクター設定、あとがき

レビュー投稿数7

よくある設定のお話

初めて読む作家さんです。
表紙のレイちゃんが性癖に刺さる美人なお兄さんだったのと、評価も結構良かったので購入。

ここの攻め情報にレイちゃんはゲイとしか書いてなかったですが、読んだらオネエさんでした!オネエ攻めすごく好きなので思わぬご褒美(?)です!!苦手な方は気を付けてください
残念なのは、レイちゃんのドS設定が全然生きてなかったことですかね。ドS…?って感じでした…。

隼人はチョロ助ですね〜(笑)
もうちょい虐めて泣かせてほしかったです(笑)

もうちょい掘り下げても良かったのでは!?って思うぐらい流れが早かったですが、会社の人もゲイバーの人もみんなほのぼので可愛くて楽しめました

ただ!!!!!これ大事だと思うんですけど…
すごく萎えてしまったのが、アナル指入れシーン(かなり最初の方)で、そこはおしりの穴の位置ではないですよね?!って思ってしまってから、えっちのシーンは全部そこが気になって気になって…なんてこったですよ…
本当にそこだけは萎えました…。

0

若干のネタバレ(?)

ものすごくときめきました
隼人が思いを伝えるところでドキドキしながらも、つられて泣いてしまいました、、感情が忙しかった( ¨̮ )
ゲイバーの店員さんとの会話もなんだかリアルで、クスッとしてしまうセリフがあったり、絵も綺麗で内容もスっと入ってきて読みやすかったです!
アヒル森下先生の作品は、初めて読んだのですが、他の作品も読みたいって思いました!

0

アホかわちょろりんと ちょっと意地悪な天邪鬼のバカップル

タイトルと表紙の常軌を逸したような形相に吊られて購入 はじめましての作家さん


本を開いて とにかく目を奪われるのは 表絵の雰囲気からは想像つかないくらい中の人たちが表情豊かだってこと

ただ あっという間にお話の想像がついちゃうのは仕方ないですよね こういった設定上


得意先の社長に連れられデビューした二丁目
強面のオネェの中でミステリアスに咲く一輪の花 に んんんッ!

なんで咥えられてんのーーーーッ!



これはお話より攻めにぐずぐずにされる おバカ受けを単純に楽しんだ方がいいやつですよ

トイレでふぇらされてイク瞬間 よすぎて攻めの頭押さえつけちゃう可愛さとか

酔わされてとろとろになったところでまた咥えられて お返し代わりにどえらい勃起物口んなかぶっ込まれる可愛さとか

ちんぐり返しされて暴れちゃう可愛さとか


攻めの 好きな子虐めたい欲求にも似た意地悪より エロ部分の細かい描写と
何故かセフレのような? お付き合いしてるよな? 絆され流され ちょろさ満点に陥落させられた可愛いおバカちゃんを ただひたすら見守り愛でる


とにかく 過去からのひねくれ思考を拗らせたままの根暗美人には おバカで真っ直ぐで変に素直な アホかわちょろりん(しかも年上)がピッタリなんだわ と改めて気づかされる 


なんか しょ~もないバカップルなのに 何時までも愛でてしまえるのはなぜだ?
タイトルと表紙に期待した 悪魔的酷さはお留守だったけど なかなかどうして

あわよくばこの続きも期待したい読後感はなんなんだ?

疲れてんのかな? 糖分足りてなかったのかな?
捻りのきいたお話に疲れてて癒されちゃったってことかな?

いや うん わかった あたしが1番アホだからだな ←ノリがぴったりだった気がする

0

レイくんのお顔が良いこと

アヒル森下先生の作品における中性的な顔立ちでえっちな誘惑をしてくるキャラクターが大好きです。
レイくんのお顔が良いこと…表情も色気ムンムンだし、目つきだけで誘惑してくる感じ…きっと前世は悪魔というより淫魔。
余談ですがアヒル森下先生が淫魔を描いたら最高なんじゃ…既刊であるのかな。
なかったらぜひ読んでみたいです。

本題に戻ると、この作品、タイトルとカバーからなんとなくシリアスな雰囲気漂ってる…?と身構えましたが、そこまでのシリアス展開はなく、さくさく読めました。
レイくんが思っていたより拗らせていて、どうなるかと思いましたが、
ひねくれているところも可愛いと思ってくれる人に出会えてよかったです。
書下ろしがきゅんきゅんしたので両想いな感じをもっとみたかったなぁー。
番外編希望!

0

悪魔悪魔と言いながら

人生イージーモードのチャラリーマンの隼人が接待で連れて行かれたゲイバーで泥酔。美人オネエ店員のレイに介抱されつつ咥えられてしまって、さらにそのレイは根暗そうな地味眼鏡の会社の同僚、井上だった。

会社と夜とで表と裏の顔があるレイ。
オネエ感はあまりなく、髪を上げるとぐっと色気がでます。
ドS〜、というより腹黒で捻くれ意地悪なかんじでした。
過去の出来事から卑屈になってしまっていて、いけすかない隼人の弱みを握りいろいろと絡んでくるのですが…
隼人がまあまあチョロい(笑)
あっという間にレイのペースに飲まれて、快楽にも飲まれていきます。
ただ、言ってしまえば、レイの劣情の捌け口みたいな、とばっちりくらってるみたいなところはあるんですよね。

その奇妙な関係からぎゃあぎゃあ言い合いながらもなんだかんだとお互いしっくりきてしまう、隼人はレイのことを悪魔悪魔と言いながら惹かれていってしまう。レイも実は…?
レイに翻弄されながらいろいろとエロいことはするのですが、エッチは意外にも最終回の一回のみでした。
テンポよくお話しが進み、楽しく読ませていただきました。

2

期待し過ぎ

ゲイバーで働いていたイケメンが、実は会社では暗くて別人のような陰キャの人物だった。

これ設定は違えどBLではお馴染みのお話です。

確かに面白かったのですが、帯の文句の「ドS攻め現る‼︎‼︎‼︎」に関しては疑問が残りました。
全然ドS攻めではないです。

レイ(井上)が陰キャになった理由は分からないでは無いですが、若林に対する行いは明らかに八つ当たりなんです。

若林が上手いこと絆されてレイを好きになったり、実は気が付いてなかっただけでレイも若林が好きだった設定に違和感しか有りませんでした。

あの陰キャになった設定は要らないと思いました。
そしてレイはオネエキャラなんです。
体格的にそんなに若林と変わらなくて、レイが受けに見えてしまいました。もっとレイを逞しくしても良かったと思いました。

4

わちゃわちゃおもしろいCP

攻めがクールな性格でリードして受けが流されいつの間にか好きになる話かと思ったら、攻めがイメージ通りだったのが後半意外に抜けていてポンコツ×ポンコツみたいでどっちかが照れたら茶化してという感じでイチャつきが友達同士のじゃれあいみたいで面白かったです!

攻めの井上は、会社では暗めなのに素顔はイケメンで優しさもあって照れたりもしてSっぽいけど抜けていて攻めまくりのSではない感じがよかったです。

受けの隼人は、誰にでも可愛がられる要領がいい性格で、攻めに流されるだけかと思ったら自分から告白したり井上が照れたらいじるし男らしい所もあってよかったです。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う