ご主人様と飼い犬の 癒し度100%のラブラブな日々。

クール署長はワンコ溺愛中!

cool shochou ha wanko dekiai chuu

クール署長はワンコ溺愛中!
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神7
  • 萌×26
  • 萌10
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
6
得点
89
評価数
24
平均
3.8 / 5
神率
29.2%
著者
なつはづき 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
双葉社
レーベル
マージナルコミックス
発売日
電子発売日
ISBN
9784575380804

あらすじ

「私の溺愛に耐えられるかテストをしよう」
警察犬になれなかった黒柴犬・ニトハルトはいつもクールと評判の署長に引き取られることに。署長が大好きなニトハルトは、ずっと一緒にいるために「人間になりたい」と神様にお願いすると、なんと人の姿に変身!?
実は可愛いものが大好きで我慢していた署長。健気なニトハルトにHなスキンシップが加速してしまい…?
「いっぱい撫でて 俺のおしりをデキアイして…?」

一途な黒柴と、キュートなワンコにメロメロな署長のHでハートフルなあったかデイズ♪
描き下ろし&特別読み切り「ツンデレ猫はお世話係を溺愛中! 」も収録!

表題作クール署長はワンコ溺愛中!

久瀬一征,警察署長
ニトハルト,黒柴

同時収録作品ツンデレ猫はお世話係を溺愛中!

リューリク,メインクーン
望月柊,お世話係,リーマン

その他の収録作品

  • クール署長の独白(描き下ろし)

レビュー投稿数6

人外モノは苦手でしたが…

人外モノは苦手でしたが、このお話は可愛くて、キュンとして、とても好きでした。
警察犬の事件に落ちた柴犬のハルトと、溺愛をするのが好きな、クールな署長のお話です。
ハルトが可愛くて、署長もカッコいい。
基本的にはコメディチックなのですが、それが気にならない方なら楽しめると思います。
途中、当て馬が出てきますが、とてもアッサリ引き下がります。
他に好きな人がいるせいなのですが、もう少しだけ粘ってくれたら…と思わないでもないですね。

0

黒柴わんこがかわいい

表題作(人間×元わんこのケモミミ獣人)と別の短編(元猫のケモミミ獣人×人間)が入っています。
短編の方はスピンオフのようです。表題作のキャラが少しだけ出ています。

表題作の主人公(受け)のニトハルト号(のちにハルトと呼ばれるように)は黒柴犬の警察犬志望(正確には柴犬は直轄の警察犬にはなれなかったと思いますが、あの世界ではなれるのかな)ですが、試験に落ちてしまいます。
すぐには引き取り手がおらず、里親が見つかるまで警察署長に預けられます。
この警察署長が攻めの一征(かずゆき、ハルトくんからはユキと呼ばれる)さん。
二人(?)は一度会っています。
でも、かわいいがってくれるかも!と期待していたハルトくんに対して、署長さんはなんだかつれない態度。
犬じゃなくて人間だったらずっと飼ってくれるかも!と思ったハルトくんが神社でお祈りしたら、人間になれた(耳と尻尾は犬のまま)というファンタジーあふれる話です。

この元黒柴わんこのハルトくんがとにかく健気でかわいすぎる!
作中では犬バージョン、耳と尻尾ありのケモミミバージョン、完全人間バージョンと3つの姿で出てきますが、全部かわいいです。
ユキさんのお役に立ちたいと思いながらも、時折空回りしているのがたまりません。
でも、ハルトくんが警察犬志望だった設定もちゃんと活かされています(ちょっとした事件やユキさんの元彼エピソードなどで)。
一方、攻めのユキさんは一見クールですが、かわい人や動物が大好きな溺愛系です(それを自覚しているので、最初はつれない態度でした)。ついでに言うと、かなりのヘンタイさんです(笑)。
彼の言うデキアイとは、つまりえっちと同義語です。
そして、ハルトくんはユキさんにたくさんデキアイされちゃいます。ハルトくんのデキアイしてっていうおねだり、かわいい。
それでいいのか?!と思わなくもないですが、二人が幸せそうだから、いいかなと。

あと、全部それだとBLじゃなくなってしまいますが、犬バージョンのハルトくんがとてもかわいい。
ユキさんの周りをぐるぐる回るところとか、ユキさんに身体をスリスリしているところとか、タオルに頭だけ突っ込んでお尻と尻尾だけ出てぷるぷる震えている(ハルトくんはツラい思いしている場面なんですが)ところとか。
作者さんはわんこ飼いだったのかな?(柴犬は飼ったことないそうですが)
たまに犬姿になってほしい。
他にも犬カフェが作中で出できますが(割とストーリーの肝になっていたりします)、そこにいるわんこ達、全部がかわいい。カフェのオーナーも好きです。

かなり初期からイチャイチャしているので、激甘を味わうにはおすすめです。
個人的には表題作をもう少し読みたかったので、スピンオフは別作品にしてほしかったなぁと少し思いました。

1

クール署長はワンコ溺愛中!

すっっごく可愛い作品でした!けもみみ溺愛は大好きなのですごくハマりました
ハルト君が可愛すぎてワンコのハルトけもみみハルト人型ハルト3段階のハルト君が楽しめました
一匹黒柴として強く生きていかなきゃとか唐揚げをお供えして人間にしてもらうんだとかもう天然可愛い

攻めの署長も絵にかいたようなクーデレでギャップ萌えですね可愛かったです
途中署長の元彼が出てきてすったもんだありましたが最後にはハッピーエンドで、何も考えず読めてにひたすら癒されました

もう1話のツンデレ猫は世話係りを溺愛中も良かったです
私はどちらかと言うと猫派なのですが、イケメン綺麗猫攻めと健気男子のお話でした
両話ともエロエロで体格差が…攻めが受けを包み込んでる感じで良かったです♡以上初レビューでした

4

溺愛って良いなあ

無条件に溺愛してくれる作品は良いですね。
攻めも受けも幸せで、みんな楽しそう。

最初は、なぜ攻めはいきなり受けを?!とびっくりしました。
でも溺愛体質だとわかれば納得です。
見た目クールな攻めが、内心受けカワイイってなってるところは萌えます。

受けは元がワンコなので。
んん?と疑問に思ってしまうような行動もありますが、ワンコだから仕方ない。
元がワンコなのに、人間とのえっちをさらっと受け入れちゃうところとか。
大丈夫なの?、とこちらが心配したくなるくらいに素直で可愛い。

全体的にファンタジー寄りで、優しい物語でした。
頭をからっぽにして癒されたい方向けだと思います。

2

まろまゆわんこ

警察犬になれなかった黒柴のニトハルト号。
引き取り先が見つからず、一時的にクールな署長のお家にお世話になることになり、署長のそばにいたいと願ったニトハルト号に不思議なことが起き、まろまゆはそのままにちょっと幼さのある人間の姿に変身して…

署長…、溺愛の度が過ぎるのが早過ぎませんか〜(笑)というか、順応性もさすがです…。
ハルトも署長のことが大好き!なのでばっちり両想いでラブラブなふたりのデキアイ(隠語)をこれでもか〜♡、と堪能させてもらえました。
描き下ろしでハルトが人間に変身できたことが署長の願いでもあったとわかり、またほっこりしました。

スピンオフは犬カフェのオーナーと神社の狐さんかと思いきや、メインクーンのリューリクと署長と同じマンションの住人の柊のお話し。
柊がゲスい香坂とずるずると関係を続けてしまっているのを人間の姿になったリクによって断ち切ることができてよかった。
大型猫であるリクの人間姿はいろいろと大変ご立派で、素直じゃないところや柊にしっぽを巻きつけたりするところが猫っぽくてかわいいです。
どちらも体格差エッチと、もふもふケモミミにしっぽが楽しめるお話しでした。

3

エッチな署長さんの溺愛は気持ちいい?

健気で可愛い者を見ると溺愛せずにいられない⁈ クールなのは顔だけ。
一征の「デキアイ」は、非常にダイレクトで。まぁ、セックスと同義語。
警察犬の試験に落第したニトハルト号は、いつか優しくしてくれた一征に誉められたい、愛されたい、認めてもらいたいし、何よりも彼の役に立ちたい。
健気な祈りは神に届き、ニトハルト号は、黒柴の耳と尻尾を持つ可愛い獣人となる。
憧れの一征(ユキ)とお話も出来るし、「デキアイ」して貰える!ニトハルト号は、「ハルト」と呼ばれる様になる。
そうそう。なつはづき先生の攻めは、いたいけな受けちゃんを欲情のままに抱き潰す、トンデモ野郎達だった!普段ムッツリな分、爆発してしまうのか。とにかくネチッこい。
体格差も凄い。ハルトはすぐさまプリップリの丸いお尻になり。乳首は噛まれまくって尖る様になる。
洋服を買おうと外出デートすれば、試着室にハルトを連れ込んで事に及ぶ。いや、これで警察署長ですよ⁈ 「ハルトが声を我慢すれば大丈夫だ。」って。えええー⁈っていう。
この男の、モラルは一体。これもそれもハルトが可愛いからに尽きる。うわぁ。
途中一征の元カレ(やっぱり可愛いタイプ)が登場してハルトをハラハラさせたり。
犬の姿に戻ってしまったりと。波乱はあるものの、ハルトは神様に願った通り、一征にとってかけがえの無いパートナーになる。

2人の暮らすマンションは、ハルトが人間になりたいと願った神社の神主さんがオーナー。
だからなのか、他にもそんな住人が。
同時収録は、猫の獣人が攻め。という逆のカップルを主人公に。
「ツンデレ猫はお世話係を溺愛中!」
クールなツンデレ。と言うよりはクーデレの長毛種のメインクーン、リューリクは、そもそもホストの香坂が客からプレゼントとして貰った猫だったが、クズの香坂はロクに世話もせず、もっぱらリューリクのお世話はセフレ扱いの柊がしていた。
ある夜、乱暴に窓から投げ捨てられたリューリクは、あの神社を訪れ、無自覚に願う。
迫力あるイケメンに変身した彼は、もちろんクズ男の元から柊を奪う。
同じマンションに住んでいる警察署長の一征も通りかかり、クズ男・香坂撃退に一役買う。
ああ良かった。一征が警察官らしい事が出来て。(ホッ。)
とっても短かいお話なんだけど、エチはしっかり。こちらはリューリクが大きなモノをお持ちの様で、柊はイカされまくり。
リューリクはクールを気取るあまり素直に「好き」という言葉は言えないんだけど、大好きの気持ちは一緒。という甘あま。

9

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う