SOTUS 2

SOTUS 2
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
17
評価数
4
平均
4.3 / 5
神率
50%
著者
BitterSweet 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
高崎ぼすこ 
媒体
小説
出版社
フロンティアワークス
レーベル
ダリアシリーズユニ
発売日
電子発売日
ISBN
9784866574172

あらすじ

日本でのタイBLブームの火付け役となった傑作、堂々完結!!
本編の他、コングポップとアーティットの関係性をより深く知ることができる番外編も収録。

日を追うごとにアーティットへの想いが強くなるコングポップ。
一方アーティットも、特別な気持ちを自覚し始め――。

表題作SOTUS 2

(仮)コングポップ,19歳,工学部の1年生
(仮)アーティット,21歳,工学部の3年生で指導者のリーダー

その他の収録作品

  • 初めて出会った日(番外編)
  • ショップシャツ争奪戦、感謝祭、隣を並んで歩く日(番外編)
  • アーティットが1年生だった時(番外編)
  • コングポップがヘッドワーガーになった時(番外編)
  • ある日の思い出(番外編)
  • 恋しい気持ち 一(番外編)
  • 恋しい気持ち 二(番外編)
  • 原著あとがき
  • 日本版あとがき

レビュー投稿数1

少しずつ育っていく恋心に萌えが滾る

『SOTUS』の1巻と同時発売になった2巻目。
2巻完結の作品なのでぜひとも2冊まとめて買われることをお勧めしたいです。

1巻に比べて、この甘々な表紙を見てください。イチャイチャしとるー!

ということでレビューを。





『SOTUS』はアーティット、コングポップの二人の視点が切り替わる方式で物語は進んでいきますが、2巻はコングポップ視点から。今までの自分のアーティットへの態度を、とある出来事を介して第三者視点で見つめなおしたコングポップは、アーティットに自分の想いを分かってもらい、そしてお互いにより深く知りたいと願うようになる。

映画に誘ってみたり、理由をつけて二人で出かけるようになるが―。

2巻に入り大きく変わったのはアーティットの心情の変化。
今までは生意気な後輩だと思っていたコングポップの、自分に対する想いをうっすらと理解し始めたことで、彼自身、コングポップへの想いを見つめなおしていく。

基本的に二人とも男気に溢れた男性なので、読んでいて気持ちが良いっていうのかな。ぐるぐるはしますが、自分の想いを自覚した後はきちんと自分と相手に向き合っていく。でも、ケンカップル(というか、アーティットがツンデレなんですよ)なので甘々なだけではないのも良い。

で。
今作品でキーとなっているのが「ギア」。
そもそも「SOTUS」という制度下では、先輩からギアを受け取ることができるのか、が軸になっていますが、その「ギア」を介して二人の仲が進展していく過程が素晴らしい。1巻、2巻ともに表紙の2人はギアを持っていますが、読後改めてこの「ギア」の描き方が素晴らしいとしみじみ思いました。「ギア」を介し、先輩と後輩の関係になった彼らが、その後「ギア」を介し心を通わせていく。読み始めたとき「ギア」にこだわるなあ…、と思って読んでいましたが、これだけインパクトのある小道具もなかなかない。

二人の恋の結末、という観点ですと、2巻の半分くらいで完結します。
今刊行されているコミック版は、1巻の半分くらいの分量の内容が描かれているので、コミカライズ版は3巻くらいで完結になるのかな?

2巻の後半は番外編。
大学生時代から、アーティットが卒業した後のSSが収録されていますが、このSSもナイス。ワンコのコングポップ×ツンデレのアーティット、の二人はそのままに、本編の裏側が読めたりするのでこちらもめちゃ萌えました。

恋人同士になった2巻でも、濡れ場はありません。キスシーンの描写がちょっぴり描かれているだけ。でも、濡れ場はなくても、二人の想いはきちんと読み取れる。その描き方が素晴らしかった。

作品の最後にBitterSweetさんの書かれたあとがきが収録されています。このあとがきから、BitterSweetさんのお人柄が透けて見える。次回作も日本語訳で刊行して欲しいな。楽しみに待っていようと思います。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う