神は夜ごと純真な修道士に愛を捧ぐ

kami ha yogoto junshin na shuudoushi ni ai wo sasagu

神は夜ごと純真な修道士に愛を捧ぐ
  • 電子単行本
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
2
得点
13
評価数
7
平均
2.4 / 5
神率
14.3%
著者
釘宮つかさ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
赤木作次 
媒体
小説
出版社
二見書房
レーベル
シャレードパール文庫
電子発売日
ISBN

あらすじ

そなたの躰は、私を気に入ったようだな

もう二度と下界には帰さない。そなたはこれからずっと私のそばで暮らすのだ――人智を超えた神と純真な修道士の天界新婚生活v

十六歳になったばかりのユリスは、由緒ある修道院で清らかな暮らしを送る修道士。司祭からの邪な誘いに困り果てたある夜、修道院と深い縁のある神――聖ベルナルドに夜通し祈りを捧げたユリスは、あくる日下された神託により聖ベルナルドに娶られることに。嫁いだ先の天界では、人語を操り二足歩行する犬、ピニャとティトがあれこれと世話を焼いてくれるが、夫となったはずの聖ベルナルドが初夜だというのに不在。自分は本当は望まれていないのでは――早くも下界が恋しいユリスの前にやっと姿を現した聖ベルナルドだが、なぜかユリスは目隠しされ、「尻を叩けば、この身に宿る邪悪な淫気も消え去るだろう」と尻叩きの罰を受けて……!?

表題作神は夜ごと純真な修道士に愛を捧ぐ

ベルナルド
ユリス

レビュー投稿数2

聖ベルナルドの神嫁

絵が丁寧でとても綺麗だったので、御伽噺の雰囲気が上がって楽しめました。
聖ベルナルド神の神託で神の嫁として、天界に転移する修道士のユリスの物語。
限られた頁数の中で、起承転結が上手くまとまってます。

貧しい農家に生まれたユリスは口減らしとして修道院に預けられる。
その後、両親と兄弟は流行り病で絶滅、ユリスは天涯孤独の孤児になる。

身寄りのないユリスに、毎年定期的に届け物を寄贈する「白薔薇の人」が居た。
白薔薇の人に御礼を書いた手紙を、ユリスは同僚の修道士に手紙を託して、
ユリスは神託に従い、三日後に洞窟の中へ入り天界へ行く。
・・天界に行く=肉体の死? この場面、不安を感じた。

洞窟の中に入ると、いきなり異世界=神界に繋がる。
夫となる聖ベルナルドは、物凄く嫉妬深い。
ユリスが纏う、お別れのハグで付いた雄の匂いに怒り、お尻を叩いたり、目隠ししたり。
・・・一体どうなるのか、ベルナルドの真意不明で、ユリスの処遇が心配になる展開。
ユリスを溺愛して「ずっと願いをかなえていたのに・・」と呟くベルナルド神、謎深い。

人間的な神、ベルナルド神の謎解きがテーマ。
そのため、ユリスはベルナルドの気持ちに察しが悪い設定になってます。
思い過ごしのすれ違いが面白かった。
子供まで生まれるハピエンでした。

0

神様×修道士

神様×修道士。135P
権力に物を言わせて身体を奪おうとするディルワータから逃れ、幸せになれると思ったら神様ベルナルドのまさかの仕打ち。理由があった事は後に理解できたけど、不器用とは言ってもあれは流石にね〜ユリスが可哀想。それでもベルナルドを信じれたのはユリスが信仰深く純真だからかな。結果的に信じる者が救われて良かったです。これからはユリスがベルナルドを掌で転がしてほしい、できるだろうしその方が上手くいきそう。ピニャとティトが可愛かった。

3

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う