嫌われ神子の8年間 コミコミスタジオ限定特典小冊子

kirawareshi miko no 8nenkan

嫌われ神子の8年間 コミコミスタジオ限定特典小冊子
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

71

レビュー数
3
得点
12
評価数
4
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
KADOKAWA
発売日
付いてきた作品(特典の場合)
嫌われ神子の8年間(但コミコミスタジオ購入のみ)
ページ数
12ページ

あらすじ

文庫発刊記念・コミコミスタジオ購入限定特典書き下ろし小冊子
A5サイズ全12頁(内小説7頁)
2人が結婚してから初めて休暇を取るお話です。

表題作嫌われ神子の8年間 コミコミスタジオ限定特典小冊子

テス,28歳,神子付きの神武官
圭,23歳,日本から召喚された神子

レビュー投稿数3

思いがけない休日

本品は『嫌われ神子の8年間』のコミコミ特典小冊子です。

本編後、2人が初めてお休みを取るお話です。

ある日、
圭はスイーダからテス共に休みをと提案されます。

なんでも神官たちの間から
圭もテスも結婚してから休みらしいを取っていない
との話が上がったのだそうです。

本来なら数日の休みを取ってもらって
ゆっくり旅行でもして欲しいけれど
間近では明日しか調整ができず急で申し訳ないとまで
言われて押し切られてしまいます。

しかし圭はもたろん、
テスもどこか出かけたいところなど思いつかず・・・

A5判カラー表紙(カバー同イラスト)12頁のボリュームにて
結婚しても相変わらずな2人が描かれています。

圭は1日のほとんどを神殿で過ごしていて
この国のどこに何があるのかもよくわからず
突然時間をもらって何をしてもいいと言われても
急には決められません。

テスも考えてはくれますが
孤児院育ちで神殿に入ったテスのほうが
圭よりも世界を知らない事に気付くのです。

こういう時に気が利かないと気にやむテスに
圭は何と言っていいかわかりませんでしたが

ふと思いついて「美味しい果物が食べたい」と口にすると
次々にテスと一緒にしたい事が思い浮かびます。

翌日、テスはそんな圭とともに南のカァナンに行き
楽しい1日を過ごす

・・・というほのぼのテイストな後日談でした♪

神子もあり、神武官である2人は
普通の人のように過ごすなんて考えた事も
なかったようでしたが周りの人々は
とっても気にしてくれていた模様です。

そんな皆の優しさもまた美しきかな (^-^)v

2

良き♡

結婚した後の二人の小話でした!はっちゃけてはいないですが、二人の幸せな様子をほわわん楽しめて、好きなお話でしたので萌2寄りの萌にしました。本編好きそうだなと思われる方は、こちらの小冊子付をご検討いただいた方がよいのではと思います。

++

めでたく本編で結婚された攻め受け。なんだけど神子様お忙しくってなかなかお休みもなかったわけです。気にされていた神殿の方々、もろもろ調整なさったのか、急遽「明日お休みにできました!」と告げられて・・

孤児院出身のテスや、神殿に行った後はずっと清く正しい神子生活だった圭。いざ休みと言われても・・と困り果てていたのですが。だんだん自分の心の中にあった「したいこと」が出てくる様子がとても可愛く微笑ましく嬉しかったです。
ちゃんとお休みとってリフレッシュするのって大切♡

1

ほのぼのな中に切なさ

神官長であるスイーダの好々爺然とした様子が本編でも大好きでした。

本編はちょっとストーリーに起伏が足りなかったりで残念でしたが、こちらのお話は小冊子にはピッタリな内容でした。

急にスイーダから休みの提案をされた圭やテスの戸惑いが手に取るように伝わって来ました。
そして孤児で孤児院と神殿以外を知らないテスが、行き先を決められずに圭に申し訳ないと思う気持ちが切なかったです。
でも、一緒にやりたい事を並べる圭の言葉に、笑顔を見せるテスに胸が熱くなりました。

後日、スイーダに休日の礼を言う圭がいました。
休日の報告を嬉しそうに聞くスイーダは、この物語の良心だと改めて思いました。

1