陵辱! 潜入捜査官II

ryoujoku sennyuu sousakan

陵辱! 潜入捜査官II
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×22
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
32
評価数
8
平均
4 / 5
神率
37.5%
著者
柊柾葵 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
秋田書店
レーベル
プリンセス・コミックスDX カチCOMI
発売日
電子発売日
ISBN
9784253155182

あらすじ

熱血ながらもすぐに捕まってしまう潜入捜査官の綺堂玲於奈と、玲於奈とコンビを組み、サポートしながらも彼への止められない欲情を全く抑えようとしない最強&最凶の鬼畜な相棒・高瀬皐。
凶悪な海外マフィア組織・虎頭に捕らえられ、陵辱の限りを尽くされてしまった玲於奈を見事救い出すことに成功した高瀬だが、玲於奈は自身が失敗し囚われたことなど、高瀬に対し負い目を感じるようになってしまった。
そこへ、再度虎頭のボス・西門が玲於奈の前に現れ…!?

表題作陵辱! 潜入捜査官II

高瀬皐,公安の潜入捜査官
綺堂玲於奈,高瀬の部下の潜入捜査官

同時収録作品陵辱! 潜入捜査官II

西門慶,大陸系マフィア・虎頭のボス
綺堂玲於奈,潜入捜査官

同時収録作品陵辱! 潜入捜査官II

モブ,西門の部下たち
綺堂玲於奈,潜入捜査官

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数1

1巻とは趣が違うような…?

作家買い。
『陵辱! 潜入捜査官』の続編です。
続編ということで前作の続きものになりますが、ギリ、前作未読でも理解できないことはない気がします。

が、アホエロ(褒めてます)の前巻に比べて今巻はシリアス度が上がった展開でした。と言いますのも、前巻で登場した大陸系マフィアの虎頭のボス・西門との決着が軸になっているストーリーだから。

公安なのに敵に捕まりあれやこれや致されてしまうちょっと天然な玲於奈のハードな濡れ場からの高瀬との恋の行方、という前巻からの流れを引き継いで、今巻はより一層高瀬とのラブ度も上がり、なんなら濡れ場も多くなるんじゃないのかな?と思っていた予想をちょっと裏切られた感がありました。

が、この予想を裏切られた展開が面白かったですね。ああ、そうきたかー!という感じ。

ついでに言うと高瀬の過去もうっすらと描かれていて、これがまたシリアスっぽい。まだ続きが出るのかな?高瀬×玲於奈の恋の行方という点で読むと、玲於奈のピンチを二人で乗り越えていくことで、お互いへの愛情や信頼が上がっていくという王道の流れではあるのですが、1巻のエロ甘+ハードなエロ、を目的に手に取られるとちょっと肩透かしを喰うかもです。

何しろ柊さんらしい容赦ない受けさんへの責めっぷりは健在。
モブ姦もありますし、玲於奈への本物の凌辱も描かれていますので、痛い展開が苦手な方は注意が必要かもです。

が、単なるエロエロ~なお話ではなくって面白かった。次巻はぜひとも高瀬の過去のお話を描いてほしいなと思います。

6

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う