性奴隷となり、身体で俺に奉仕する。それが条件だ――。 お前の知らない快楽を教えてやる。

King sitter

King sitter

King sitter
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌4
  • 中立6
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
22
評価数
11
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
柊柾葵 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
コアマガジン
レーベル
drapコミックス
発売日
ISBN
9784864368834

あらすじ

元刑事の士郎は、知人の紹介で社長のお世話をする事に。ところが社長の帝臣は俺様を通り越した超・王様気質! 初対面の士郎にいきなりキスしたかと思うと、「俺のモノになれ」と言ってヤリたい放題! だけど、そんな帝臣のフェロモンとHテクに逆らえなくて…

超・独占欲が強い男に攻められまくる…。
描き下ろしも収録。

表題作King sitter

成吉帝臣・社長
宗方士郎26歳・元警察官の家政夫

レビュー投稿数4

絵がエロくて、オレ様攻めがお好きな方にはオススメ

絵は素晴らしくエロいです。
オレ様で王様な攻めキャラが、超鈍感でお人好しの恋愛不感症の受けキャラを、超絶倫本気モードで体から落としにかかる、エロばっかりの展開です。
元々個人的には、俺様王様キャラは地雷なんですが、地雷上等!
体のエロさが、好みのタイプだし、結構ポップなストーリーでおもしろかったです。
好きすぎワンコと流され受けで、その攻めワンコが例えどんなに人格が破綻していても無問題、且つ、エロいのが読みたいって方にはとってもオススメ。
私個人の趣味としては、オレ様攻めで萌が付いただけでもかなり高評価です。

1

雀影

セルフツッコミ
でも、萌どまりですけど。

あらすじ通り!

エロに始まり、エロに終わる!あらすじ通りの直球のお話です。

士郎は超鈍くて自分の気持ちさえ自覚できてなくて振り回されてぐるぐるしてますが、そんな士郎に帝臣も振り回されています。

雑誌には掲載していたらしい幻の6話と帝臣の正体が気になるところではあります。幻の6話はシリアステイストの悲恋話(?)と今後の伏線があったらしく...?帝臣の正体や刑事時代の士郎の話は予定は未定らしいですが、もしかしたら同人誌で描かれるかもとのことでした。

3

俺様でなく王様!

超がつくほど俺様な攻めの家で家政婦として働くことになった主人公…というストーリ。ストーリーはかなりわかりやすい。
この攻めが人の話を全くきかない、唯我独尊の俺様キャラクターです。

しかし、愛がある意地悪というか、俺様ですが主人公を頭のてっぺんから足の先まで愛してはいますのでそんなに嫌な感じはしなかったです。
中立にしたのは内容事態があまりに薄いというか・・・まず始まって1P目で攻めが主人公にキスして「俺のものにしてやる」と言っており、その後主人公とめでたくカップルになりますが果たして攻めのどこがそんなにいいのか?恋愛に至る要素が本当に1ミリもなかったような…(互いを好きになるほどの時間が経過していない)という部分が恋愛モノとしては不可思議でした。
攻めが本当に我侭・俺様キャラですので、好きになる要素(長所)が見出せなかったとも言えます。

ストーリーは大体一話完結、何かいざこざが起きる→仲直りエッチ、というような展開です。それでまるまる1冊の作品のため、ちょっと飽きが来てしまいました。
ベッドシーンはかなりえろいのですが、身体つきがかなりムッチリとしています。
正直これは好みがかなりわかれそうですので、可能ならば何かで試し読みをされてからのほうがいいかも・・・(えろシーンが合わないと厳しいと思います)
絵柄が、顔は綺麗で細身なのに、脱いだら筋肉がムキムキというか、胸筋から腹筋までビキビキに割れており、顔とアンバランスな気もしました。
個人の好みの問題ですが、私はこの身体の描き方に萌えられなかったです・・・残念。
(えろシーンが多い作品なだけに余計・・・)
しっかり服を着ているのに、服の上からでも腹筋が割れて見えている(浮き出て見えている)というのも気になりました。

「俺様」でなく「王様」という説明やタイトルはなるほど~と思い、面白かったです。「王様」って、ある意味攻めのステータスの一つに追加してもいいかも・・・と思えました。

1

全く分からなかった

少年メイドクーロ君シリーズで知っていた作者様だったので購入してみました。
絵柄は好みもあると思いますがお上手です。

お話は
俺様な雇い主×失業した元刑事
というカプです。

一言でいうとお話が突然始まり突然終わる。
この作品の前に一作あるのかなと思うぐらい突然お話が始まり何の回想もなく進みます。
なので帝臣(攻)と士郎(受)がどうやって出逢ってどうして帝臣の家政婦になったのかは全て台詞での説明になりますので読者はもう置いてけぼりなんてものじゃありません。
全く感情移入出来ないまま話が進むので本来なら大好きな攻の嫉妬エピも????といった感情しかなかったです。
個人的には同人誌かな?と思うぐらいでした。
帯の独占欲が強い男に攻められまくるというのが大好きだったんですがそれも物語と二人に感情移入できて萌えに繋がるんだと再確認させて貰いました。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う