キスで溶かしたそのあとに 限定版

kiss de tokashita sonoato ni

キスで溶かしたそのあとに 限定版
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神57
  • 萌×255
  • 萌21
  • 中立4
  • しゅみじゃない6

4

レビュー数
13
得点
572
評価数
143
平均
4.1 / 5
神率
39.9%
著者
まさき茉生 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
一迅社
レーベル
gateauコミックス
発売日
電子発売日
ISBN
9784758022354

あらすじ

「欲求不満を暴かれて…」

大学生になった相瀬紘は現在、親の取り決めで『友人の兄』である小野澤瑞基の家に居候中。
瑞基はイケメン会計士と理想の旦那そのもので、紘はイイ男を浴びまくっている。食事を作ったり朝起こしたりと一見イイ感じの同居生活だが、ひとつ問題があった。
それは紘の恋愛対象が男で瑞基が初恋の人ということ…。
悶々として過ごす紘はある日、最悪なことにオナニーをしているところを瑞基に見られてしまう。
更にSNSに「彼氏募集中」と書いていることやエロ目のメッセージに触発されたことなど、全てがバレて最悪の事態に。
しかし瑞基は「そんなに欲求不満なら俺と疑似恋愛する」?と思いもよらないことを言いだして――。


限定版
描きおろし28P小冊子付き

表題作キスで溶かしたそのあとに 限定版

小野澤瑞基,24歳,会計士
相瀬紘,18歳,大学生

レビュー投稿数13

もう内容も何もかもすっ飛ばして作者名だけで即購入!

相変わらずエッッッロい体のイケメン2人がエッッッロいことしまくってるのに変わらず流れ続ける優しく柔らかな雰囲気の作品に癒やされつつエロを堪能致しました…なぜに先生の描かれるイケメンはこんなにイケメンなのか!
もう本当に身体がエロすぎる!表情とかももちろんなんだけど本当に身体がエロヤバいそして2人ともスペックめちゃ高いけど穏やかで落ち着く♥たまぁーに出るデフォルメ顔が可愛い♥とにかく顔面と身体が天才の2人がエロくて天才な作品

1

相変わらずエロエロ

幼なじみの会計士×大学生です。

この作者さんの作品はいくつか読んでいますが、本作も例に漏れずエロエロでした。ストーリーとしては最初からはいはい両思いって感じで結構明るい気がするのですが、トーンを多用する独特の画面構成と表情の変化の少なさによって、明るさがかなり抑えられて妙にシリアスな仕上がりになっているなという印象です。でも最終的な感想は、「今回もエロかった」です(笑)。受の下着、伸縮性バツグンすぎませんか!?
攻と受がそれぞれお互いを意識しだしたタイミングが描かれていた点は良かったです。

おっとりしていて抜けたところのある受が欲求不満気味だと知った攻は、受を守るために自分と疑似恋愛させることにします。憧れの人だった攻とエロいことをする関係になってしまい困惑しつつも、攻に惹かれる気持ちを抑えられなくなっていく受。攻に本当の恋人になるかと持ちかけられますが、子どもの頃に距離を置かれた時に受けたショックを思い出して、これ以上深い関係になったらまたショックを受ける!と、断ってしまいます。

実は攻は、受を自分の家に住まわせるために、受の大学の近くに住んでいると嘘を吐き、それから物件を探したようで、すごい行動力です(笑)。
そこまでしてて脈アリのアリなんだからもっと早く告白してやれよ!!とツッコミを入れたくなりますが、最後には腹を括って自分から一歩踏み出してくれたので、まあ許しましょう。

とにかくこの作者さんのエロが読みたいという方なら、本作も買って間違いはないはずです。

4

どエロいのに上品

子どもの頃から懐いて憧れていた瑞基に同居を持ちかけられた大学生の紘。
会計士の瑞基は隙のないイケメンで、物腰が柔らかでスキンシップがちょっと激しくていつもドキドキさせられてしまって…。

いや、もう紘は可愛いし瑞基はかっこいいし、そして何よりまさき先生の描かれる裸体の美しさよ…。
特に受けの可愛らしい顔つきと身体の肉感とのギャップが〜。
紘は自分の体格を気にしていましたが、そんなことない!めちゃくちゃ魅力的だよ…!と大声で言いたい。
瑞基の紘への溺愛執着感も、ちょっと意地悪な感じもいいです。

キスシーンや裸ももちろんエロいのですが、下着の布越しのアレのあの存在感…。
布があるのに何であんなにエロく仕上がるのか…、まさき先生の描写力が素晴らしい。
また毎回すごいなあ、と思うのが、絵のタッチが美麗なのでやっていることはとってもエッチなのに、とにかくとってもどエロいのにどこまでも上品、ということ。
今回もエロエロでしたが見惚れちゃうくらい綺麗で目が潤いました〜。

電車内でのハプニングにはちょっとびっくりしてしまいましたし、その後の対応も紘がいい子すぎて心配でしたが、これからずっと瑞基と一緒にいたら安心ですね。

5

甘々イチャイチャ

綺麗で繊細な絵のタッチと、受けのエロ可愛さ、そしてエッチシーンのエロさはさすがで眼服ものです。
受けの紘が攻めの瑞基によって徐々に開発されていく様がエロくて見所です。

昔二人でしたお医者さんごっこが原因で、紘は舌が性感帯なので舌攻め、というかディープキスが結構あるのでキス好きの方は必見です。

同居中の二人が疑似恋人という設定で暮らすのでそりゃあ序盤から甘々イチャイチャ!

ただ何というか、二人の関係性が薄く感じてしまいキャラ萌えできなかったのが残念。
二人とも表情が乏しく感情が見えにくかったのが原因かなと思います。
エッチなことはたくさんしてるけどお互いが大好き!この人じゃないとダメ!みたいな二人の絆があまり感じられなかったかな…
というのが個人的な感想です。

でも甘々エロエロがお好きな方には満足な内容だと思います!

2

ヒロくんがチョロすぎて心配

朝起きて二人分の朝食を作ってダンナ(違う)を起こしにいく、というどっからどう見ても新妻でしかないヒロくんと、パーソナルスペースぶっ壊れてるスパダリ系リーマンのミズキくん

ヒロくんのおくちクチュクチュ072めちゃくちゃエッチだな?パンツ越しだと白抜きされない素晴らしい!まさき先生って、受ちゃんの072大好きですよね〜われわれにとってもご褒美なわけですが!ヒロくんはそれに加えて、エッチな裏垢に可愛いおくちを投稿しちゃうというけしからん男子です、たまらん。そんなヒロくんなので、スマホがブルったときはバイブかと…!!

その後、エロいDMに唆されて、自分の072動画を撮影するヒロくん。チョロい、チョロすぎる、、ご両親が心配するのももっともだな!そしてそれを見つけたミズキくんは、手際良くヌいてくれて、翌朝には「疑似恋愛する?」と、、え?ぎじ?えっ、疑似なの????(混乱

そんなこんなで恋人(仮)になった2人は毎日毎日エッチなことをするわけですが、ヒロくんの身体のエロいこと、、そして、疑似なのでぜんぜんソウニュウしません!我慢強い!さすがスパダリ系リーマン!!(訳:はやくくれ

それからちょっとすれ違ったり、モブな先輩に痴漢されたり(大胆すぎてそういうプレイかと思った笑)しながらも、無事に正式な恋人になるし(そのまえに!)エッチもするわけですが、、うーん…大好きなんですけど、可愛くてエッチなんですけど、ちょっと物足りない!

個人的にはもっとツンツンしている受ちゃんか、もっとS度の高い攻くんがほしいのです。こちらはとーっても甘々♡な2人です。とはいえ、まさき先生のファンなみなさんは必読です〜

2

チョコレートみたいにねっとり甘く、溶けてゆく

噂(先行レビュー)に違わず、とっても甘々のエロエロでした。
タイトル通り、溶けてしまいそうな程に。

激しく感情を揺さぶられるような大きな事件は起きませんが、
静謐でねっとりと濃密な読み心地がすごくよかったです。

大学進学と同時に親の計らいによって幼馴染の
お兄さんである瑞基の家に居候することになった紘。
子供の頃から秘かに恋心を抱いていた瑞基との同居にときめきを
感じつつも、やり場のない想いを抱え、欲求不満を募らせていました。

そんな紘の欲望の捌け口はSNSへの投稿で、ある日、エロメッセージに
煽られて自慰に耽っているところを瑞基に見つかってしまいます。
最悪の展開に動揺する紘ですが、自慰動画をDMで送ろうとしていたと
勘違いした瑞基から欲求を発散させるための“疑似恋愛”を提案され…

“疑似”なんて言ってますが、瑞基さんの下心、読者にはバレバレです!!
だって、一見クールで余裕たっぷりな瑞基ですが、紘のこととなると
全くデレが隠しきれておらず、終始溺愛が漏れ出ているんですもの♡
よって、紘との同居も、疑似恋愛も、その目的全部バレバレです!(2回目)

でも、溺愛しちゃうのもわかるんです。
程よくむっちりと筋肉のついた男の体つきなのに、綺麗に整った顔、
中身は大人しくぽわぽわとしていて、初々しくて敏感で、
こんなエロ可愛い子が傍にいたら間違いなく手を出しちゃうよ!
なので、瑞基が思春期に紘を遠ざけてしまったのは
身勝手でひどいと思いつつも、ちょっと同情してしまいました。

紘くんがね、もうほんとエロい。
触れられる度にうぶな反応で、でも、舌が弱点でキスするだけで
トロットロに蕩けちゃって、まっさらであどけない子供を大人色に
染めていくような背徳感を感じさせてしまう子でした。
たまの意地悪はあれど、今まで我慢できてた瑞基はえらいと思う。

紘も瑞基も両片思いではあるもののすれ違っていて、
ちょっと切ない部分もありますが、基本甘々なトーンでした。
朝っぱらからイチャイチャしていたり、家事を頑張ったり、
お互いがお互いのために尽くして、新婚さんのような激甘な二人に
キュンが止まらず、そっと目を瞑り、幸せを噛み締めました。

両想いで終わらず、恋人同士になった後の
二人のお話を読めたのも嬉しかったです。
普段はおっとりしている紘が珍しく嫉妬で感情を露にしたり、
こうして欲しいという思いを瑞基に伝えられたり、心の内を
曝け出せるようになった紘に二人の関係の深まりを感じました♥
この二人はきっといつまでたっても蜜月なんだろうな…

2

甘く、蕩けて。食べられちゃう。

んもぅ。紘くんがエロいです。その無防備な可愛さが罪。とにかくトロトロに蕩けてます。
…激甘です‼︎
子供の頃の、他意の無い「お医者さんごっこ」。その時に触れた柔らかい舌が、その後の性癖を決定付けたのかもしれません。そう、舌。
舌絡まり合うキスの多いこと!多いこと!
絡め合う舌が気持ち良過ぎて、とろけて。紘くんは食べられちゃいます。

幼馴染でもある優しい瑞基は、結構早めに自分の情欲に気付いてしまったので、思春期には紘くんを遠ざけてしまっている。いや、淫行になっちゃうからね。その時は寂しさしか感じなかったけど、後に気持ちが追い付いてしまっている紘くんは、瑞基にまた避けられてしまったら、と思うと、その気持ちを言い出せない。結構な事までされちゃってるのに、瑞基が言葉にしなかったせいで、ジレモダ〜ジレモダ〜するのはお約束。
大体、電車内で、立って寝てて。目の前で可愛い紘くんが痴漢されてるのに気付かないって⁈ 至近距離に居たら、攻めは必ず受けちゃんをガン見しておいて欲しいものです‼︎ まったく。怖い目に遭わせておいてからの、お清めエッチ。プレイとしてならアリかもしんないけど。ウブな紘にはちと鬼畜プレイですよ⁈
紘くんの無防備さが招いたとはいえ。ウカウカしていたのは瑞基も同じ。合法的に紘くんを囲う為の虎視眈々も隠す事なく。溺愛、激甘、めでたし!です。
紘くんのエロい反応に煽られて。エチは激しめ。トッロトロ。
修正はカタチに沿った白抜きなんだけど、パンツの上からでも分かる、クッキリとしたカタチ。たわむふぐりのが全然エッロい。
回想シーンに出て来る、いたいけな幼ない紘くんのきゅるるんさ。対比が醸し出す背徳感には思わず「ごめんなさい」したくなります。

3

幼馴染のお兄ちゃん

小さな頃から近所に住んでいた友達のお兄ちゃんと、大人になって同居する…個人的に大好物の設定でした。

まさき茉生先生の描く男の子は相変わらず、キレイで可愛い顔に、ちょっとむちっとした筋肉質のカラダがえちえちで素晴らしい。
お兄ちゃんは一見クールだけど、年上ゆえに先に性に目覚めてしまって、受けと距離を置いてしまったことを今でも気に病んでいるとか、なんかもういろいろ最高だった…。
せっかく距離を置いたのに、受けの性の目覚めがお兄ちゃんとのお医者さんごっこというのも、それを知った攻めの反応も萌えしかない。
受けはちょっと危なっかしいところがあって、ストーカーに狙われたりとかもしてたので、結局攻めが自分の手元に置いたのは大正解。これからひたすら溺愛の日々が続くと思うとニヤニヤが止まらず、読み終わってすぐリピート不可避でした。
えっちシーンはさすがの多さですが、どれもストーリーの流れ上必要な濡れ場という感じでクドくはないかも。とにかく受けがエロ可愛いくて、本当にごちそうさまでした。ガッツリ白抜き修正だけど、時々ぱんつがいい仕事してた。

初回のえっちのきっかけが「自慰行為を見られる」というものなので、共感性羞恥の方は要注意。
しかし、そんな恥ずかしいシチュも攻めは内心大歓喜だったと想像するとなんとなく微笑ましいような…。完璧なようでいて、弱点は受けの存在な攻めっていうのが本当たまらない。

4

布の魔術師!

まさき先生の作品を読むのは「優しいパンツの脱がせ方 」に続いて2作目になります。

今回はけしからんって思うくらいにエッチでした。
しかも凄いのが紘のアレをパンツの布越しに描いてあるところでした。斜線でも白抜きでも無く布です。布越し最高でした。

ちょっと掴みどころの無いイケメン瑞基と、可愛いくてどこか抜けてる紘の、明らかに両片思いであろう2人のやり取りにキュン死しそうになりました。

エロ過多でありながら萌えどころを押さえている点がとても好きでした。
とくに瑞基が紘しか興味が無いところとか最高でした。女性陣の呆気に取られた表情とか笑えます。

まさき先生の絵はとても綺麗だし、紘が可愛いけど決して華奢じゃなくて、さらに良い身体した瑞基とのセックスが眼福でした。

3

甘さとエロさにキュンキュンが止まらない♡

作家買いしている まさき茉生先生の作品です。

会計士 小野澤 瑞基と大学1年生 相瀬 紘のお話。

自宅から遠い大学に合格した紘ですが頼りない性格のため親の許可が下りませんでした。
その代わり、母親の提案で一人暮らしをしている瑞基と同居することに。
近所に住む友人の兄であり、家族ぐるみで付き合いもある小野澤家の長男。
現在は会計士として働き、たまたま紘の大学付近で一人暮らしをしているのですが…。

はぁぁぁ♡今作もまさき茉生先生らしい出来上がりでした。
甘さとエロさはもちろんですがちょっぴり仄暗い雰囲気もあり、読者様の期待を裏切りません。
まさき茉生先生の可愛くて丁寧な絵柄はそのままに、作品を重ねるごとにしなやかさも加わっています。
今作のイケメンの瑞基と可愛い紘も眼福を飛び越え悶絶するレベルになっていますよ(笑)
また、2人の心理描写を過去の回想シーンを取り込みながら描かれているのがわかりやすくて良かったです。

小学生の頃、友人の兄 瑞基に懐いていた紘ですがある時期から避けられてしまいました。
理由がわからない紘は傷つき、それ以降は瑞基と疎遠になります。
しかし、突然の同居の話が浮上して驚きを隠せない紘。
中学生に上がる前に恋愛対象がゲイだと自覚していた紘にとって瑞基は淡い初恋の相手だったのです。
結局、親のすすめもあって家事を担うことで瑞基と同居するのですが…。

瑞基を好きならないようにと耐える紘ですが、瑞基から「観葉植物みたい」と生き物とすらみてもらっていません。
それなのに、SNSで知り合った相手にオナ〇―の動画を送ろうとした紘に対して「疑似恋愛」を持ち掛けます。
前半は、瑞基の真意がわからずモヤモヤしますが、その裏では紘に魔の手が忍び寄っていました。
エロいことはしているのに瑞基の気持がわからない…このジレジレがたまらないんですよね~。
しかも、エロも最後までいたしてないんですよ(汗)
後半は、とうとう紘に魔の手が掛かります!
それをきっかけに2人の関係性も大きく変わるのですが…。
ここからは本編をご覧ください。
モヤモヤの前半を吹き飛ばす まさき茉生ワールドが始まります♡

この作品には当て馬が登場します。
詳しくは伏せますが、紘をストーキングしている男です。
予想外の救済措置に胸が熱くなりました。
脇キャラとしては、瑞基と紘のそれぞれの家族や職場の同僚、大学の友人たちがモブとして登場しています。
個人的には、瑞基の弟 光基が見たかった…と思ったら、小冊子に登場していました。
ちなみに、瑞基はもっと帰省した方がいいと思う(笑)

Hシーンは、もう最高レベルにエロい‼
でも、ただエロいだけでなく、可愛さと甘さと優艶さがあるんですよね~。
もちろん、お互いへの愛情も溢れていますよ。
溜息が出るほどの瑞基と紘の素晴らしい肉体が絡み合うセックスはBL界の宝と言っても過言ではありません (〃艸〃)♡
いつもは「瑞基さん」なのに、セックス中は「瑞基くん」呼びにもキュンキュンしました。
ただ、残念なことに紙は白抜きなんですよ(泣)
電子も白抜きなのでしょうか?

特別付録の28P小冊子は、本編のその後のお話です。
いろいろな意味で必見ですよ。

受けを溺愛する攻めと攻めを一途に好きな受け。
こんなの萌えないはずがない(笑)
出来ることなら、小冊子の続きが読みたいです…2人の将来が気になる。

とにかくカッコイイと可愛いとエロいのMAXが堪能できる1冊です。
これからも まさき茉生先生から目が離せません。
次作も楽しみにしています。

甘く癒されたい方にも、エロでドキドキしたい方にもおすすめの作品です♡

7

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う