優しいパンツの脱がせ方 初回限定版

yasashii pants no nugasekata

優しいパンツの脱がせ方 初回限定版
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神87
  • 萌×261
  • 萌35
  • 中立9
  • しゅみじゃない8

194

レビュー数
17
得点
793
評価数
200
平均
4.1 / 5
神率
43.5%
著者
まさき茉生 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
一迅社
レーベル
gateauコミックス
発売日
価格
¥889(税抜)  ¥961(税込)
ISBN
9784758078726

あらすじ

学年トップの優等生・谷内野悠真は幼馴染の志田綾平に恋をしている。
かつては甘え甘やかされる兄弟のような関係だったが、綾平に初彼女ができて以来、
想いを拗らせた悠真は女性用のパンツを穿いてオナニーをするようになり、
重すぎる恋心を隠すため距離を置くようになった。
高校生になった二人は八方美人なチャラ男と真面目な学級委員長という接点のないただのクラスメイトになるのだが――

表題作優しいパンツの脱がせ方 初回限定版

志田綾平 高校生,悠真の幼馴染
谷内野悠真 学年トップの高校生,綾平のことが好き

その他の収録作品

  • 描き下ろし

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数17

可愛くてエッチでキュンキュン

イケメン執着攻め×黒髪クーデレ受け。
少女漫画の様な幼なじみすれ違い両片思いのキュンキュンとDK同士ならではのえっろえろなエッチとが両立する学生BLらしさ全開の神作です!

誤解したまんま身体の触れ合いから始まってしまう2人。そこは思春期の男の子なので気持ちとは別に身体は身体でいい反応してしまうわけで。
受けが訳あって身につけている女っぽい下着を脱がせないまま下着ごしに攻めが扱く場面とかどエロ過ぎて鼻血出るかと思いました笑。
受けのクーデレ具合がたまらない。普段真面目でクールなくせにエッチの時は可愛く甘えてくるとかどんな小悪魔だよ…そりゃあ綾平も翻弄されるっつーの。
作画が可愛い絵柄なので濃いエッチとのギャップがすげぇ…
何度となく繰り返された抜き合いっこも十二分にエロいですが互いの気持ち確かめ合った後の気持ち(ち◯ぽも)の入ったセックスがエロいはかわいいわで萌えの嵐です。
いやぁやっぱりイケメン同士のエロは無敵ですねー。

0

幼馴染萌え!

この本の評判は知っていたのですが、でも正直ひらひらぱんつに興味ないしな……と長らく敬遠していた作品でした。
が、なんとなく手に取ってみて、パラ見して速攻買いました。
神……!!!
買ってから、もう何度も何度も読み直してます。

幼馴染の恋の、すれ違いと切なさがたまらなく萌える作品。
受けの必死さと、思いが通じ合ってからの甘えがたまらなく可愛い。
そして攻めは、表紙のイメージから勝手に俺様系かと思っていたのですが全然そんなことはなく、どちらかというとワンコ系でした。
攻めなりの一生懸命さが可愛い。
そんな二人がすれ違っているお話なので、思いが通じ合ってからがまた最高でした。
after storyも速攻買ったのですが、この二人のラブラブは本当に可愛い。
いつまででも見ていたい……続刊出して欲しいなあと切に願っています。

そして、読み始める前は最大の関門のように感じていたひらひらぱんつ。
読み終わって、何度も読み返している今でも正直、ひらひらぱんつに対する興味は芽生えないままですが、しかしまさき先生の描くおぱんつは可愛いなと思います。
まさき先生の描く尻も可愛い。
キャラの一人ひとりももちろん美麗ですが、しかしまさき先生の描く受けの尻は、撫で回したくなるようないい尻だなあとしみじみ思っています。

0

おパンツも主役の1人

とても美麗な表紙と刺激的なタイトルに惹かれ久方ぶりに学生カプの作品を購入。
タイトルに偽り無く、おパンツがキーとなる作品でした(笑)
清楚パンツばかり出てきたけどもっとインモラルなパンツを履いてもいいんデスヨ(⌒ ͜ ⌒)
絵がとても綺麗で世界観に浸れますよ。
受けくんも一途で嫉妬深くて可愛かったのですが攻めもピュアでいい子でした。
ストーリー展開が少し独特で分かりづらかったので次回作ではそちらの改善があれば素晴らしくなりそうな予感!

1

両片想い尊い

絵がとてもきれい

0

とてもお美しい……

初読み作家さんです
初回限定版を買うかどうか悩んでたら見る間にレビューは上がるし評価も高いので本屋さんハシゴして買いました

まず、絵がとても美しい……

もろ好みの絵柄でした、これだけで買う価値があると思いました

ただ、なんでしょう……今ひとつ萌えるポイントが……

設定は凝ってるし丸々一冊表題CPなのできちんとまとまって終わってます
誤解やすれ違いも両片思いの醍醐味です、なのですごくオイシイはずなのに……

言いづらいなぁ、悶えるようなとこがなくてさらっと読めてしまいました……
もっとキャラが濃いほうが好きだからかも……
あっさりしすぎてる気がして……
ただ単に私の性癖に刺さらなかっただけだと思います

ただ、ホントに絵が美しい

デッサン狂いまくりな作品が多いなぁと昨今感じる中で私的には上位です!

2

魅惑のおしり

「マイ・リトル・ヴァンパイア」からの作家さん買いです。
この方の描く青年(少年も)のお尻ってなんでこんなに色っぽいんでしょう。
かわいいのにエロくて美しい、、(ため息)
だからこそ、今回、女性もの下着というのがすごくハマっています。

受けの子がクールな優等生で、幼馴染の攻めへの想いを断ち切るために冷たく突き放しているのですが、
熱にうかされて本音が出てしまうところ・・すごく良かった。
そのあと一気に切なくなるのですが。
だからこそ想いが結実した後の絡みが、それはもうエロくて甘くてキュンキュンしました。
DTなのにモテチャラ系イケメン高校生、あんなテクニシャンでいいんですか。
ありがとうございますです、本当に。

過去の作品も読んでみようと思います。

2

普通にいい

「傷だらけの箱庭」の著者ということなので購入しました。
絵が自分好みでしかも男の子が女の子みたいなパンツを穿いていてすごく萌えました!
私が書店に行った時には初回限定版がなくてわざわざお取り寄せしてもらったのですが、お取り寄せして正解でした!初回限定版の小冊子は20Pくらいあり、エッチもちゃんとあって大満足です!
だけど、この作品の表紙がもうエロすぎてお会計に行くときは注意した方がいいです!

1

拗らせた愛の結晶か・・・愛しのヒラヒラパンツ

えっ?!
男の子が女の子のフリフリパンツを??
えーっ( •́ •̀ )
ちょっと引く・・・ってBL度が盛り下がる…
とか思ったアタシがバカバカ!!
違うのよ。
ちゃんと男の子向けのヒラヒラパンツがあって(なのでサイズも合ってる)、それを受けである『谷地野悠真=やちのはるま』が履いてる。
アラ、まだキモい?
いーえっ、それも『女の子になりたぁーい』てなキモな理由ではなく、とってもとっても切ない理由があるの。
優等生故に、色んな事を我慢して。
妹からも本当に頼られるめっちゃ良いお兄ちゃんで。
でも幼なじみである攻めの『志田綾平=しだりょうへい』を、狂おしく恋していて・・・。
その綾平が付き合ってる女の子の家に「初お泊まりする♡」な現実にぶち当たって、もうどうしようもない時に、妹が「私とお揃いの可愛いパンツ見付けた♪」と無理やり渡すのね。
「こんなもん捨てとけ!」と言ってたのに、綾平(攻め)の彼女もこんなの履いてるのか…それをアイツはどんな風に脱がすんだ・・・とか思ってしまい・・・。で、色んな鬱積した思いがこれにダーッて行っちゃっうのね。
そしてその思いが募る度にそのパンツが少しづつ増えて行く…。

この二人が幼ななじみになったのは、小さい頃に公園で出会ったから。
妹の面倒を頑張ってみているお兄ちゃん=悠真。
そんな悠真を見ていた綾平が、「悠真のお兄ちゃんになる!」宣言をして、無理ばっかして頑張ってる悠真を、甘やかして甘やかす所がこの二人のスタート。

大きくなっても相変わらず頑張り過ぎのストレスから、直ぐに熱を出す悠真を、たっぷり甘やかしてはそのストレスを聞き出す綾平。

もう本当に仲が良かった二人が、とある事で一切口もきかなきゃ、知り合いである事すらない、な事に今現在はなってるの。
それも悠真が綾平への想いに、この気持ちがバレて嫌われる前に何とか終止符を打ちたくて、とした事なんだけどね。
それをした悠真本人が辛くて辛くて。
こっちも切なかったぁ~(T ^ T)

勿論、綾平も賢い悠真と離れたくないが為に必死になって勉強して同じ高校に受かったのに、いきなりの絶縁宣言をされてしまい、もう何が何だか分からなく、ただ傷付いて…。

綾平はカッコ良くて、そこそこチャラくて、その上親切で女のコにモテモテで、結構遊んでる・・・と見られてる。
悠真も真面目で優等生な委員長だけど、やはり美しいし弓道部でめちゃカッコ良くて女の子に憧れられてるんだけど・・・。
なので、ヒラヒラパンツを履いてても、女の子のよーなやわい男の子じゃないんです。
むしろ『クール』でカッコいいキャラ。
この表紙、私は断固失敗だと思います!
って編集さんまさき先生ごめんなさい。
でもこの表紙があるから、全然違うお話を想像しちゃって・・・。

ってすいません、脱線しちゃった。

ストーリーはいよいよ佳境へ!
すれ違ったままの二人があるきっかけで、少しづつ距離が近づいて行く、その過程が良いのよね♡。
もちそんなにスルスル進む訳じゃなし、身体は繋げたけど(本番はまだナシ)、お互いの本心が分からずに、切ないこと山積みなんだけど、ドキドキワクワクしながら読み進められちゃうの。
『切ない』けど『最後はLoveLoveハッピーエンド』好きには、もうたまらないっ(/ω\)♡♡

一冊丸々二人のストーリーだし、掘り下げ方も上手いから、もう満足感たぁっぷりで、お腹が満腹になれます。

本当に可愛いくって切なくて、愛しい二人でした♡♡

7

評価で

期待しすぎました。
絵も綺麗で、お話もしっかりしたストーリーでしたが、あまり入り込めず・・・

3

丁寧な作品

表紙の絵の雰囲気だけだと、どちらかというとサラッとした作品を描きそうな印象を受けたのですが。
実際はきちんと自分のテンポを持ち、深く描かれる作家さんでした。
攻受それぞれの心情がきちんと丁寧に描かれているので、ストーリー自体は短いものの、「ちゃんと」描かれた漫画を読んだという満足感がありました。

私は受々しい受が苦手なので、ちょっと表紙の雰囲気で迷ったのですが、表紙と違って漫画ではもうちょい男らしい受でした。
攻に甘えるシーンだけはどうしても受々しい感じでしたが、まあ許容範囲。

技量的に、もっと長いお話、もっと深く描かれた話も描ける作家さんだと思います。
今後に期待したいですね。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ