呪って呪ってそれから愛して

norotte norotte sorekara aishite

呪って呪ってそれから愛して
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
3
平均
2 / 5
神率
0%
著者
いとだ旬太 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ふゅーじょんぷろだくと
レーベル
ポーバックス BABY comics
発売日
ISBN
9784865896695

あらすじ

僕とセックスできなくなっても
どうか元気でいてくださいね

死んだ母の呪縛に囚われる攻め
×
幼少期のトラウマを抱えた受け

児童虐待 性的暴行 淫行教師
少年たちの闇を描いた
センシティブストーリー



「痛々しく、美しい
傷だらけのボーイズラブ」

母親から歪んだ欲望を押し付けられ育った塔太(とうた)。死んでもなお、母親の幻影は塔太を
苦しめる。おまけに外面の良い教師からは性的暴行を受ける日々。思い通りにいかないこの世界で、
ただ苦痛に耐えるしかなかった。そんな彼の拠り所は恋人の悠人(ゆうと)だけ。
優しく朗らかな笑顔でいつも塔太の全てを受け入れてくれる。悠人に心も体も依存しきっていた。
しかしある日突然、悠人にフラれてしまう。悠人は塔太のことをずっと傷付けたいと思っていたのだ…。
著者渾身のデビュー作、心を抉る恋物語。

表題作呪って呪ってそれから愛して

塔太,高校生
二見悠人,高校生

同時収録作品呪って呪ってそれから愛して

多神,担任の教師
塔太,高校生

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • あとがき
  • カバー下イラスト

レビュー投稿数1

自分でかけた呪いは深い

あぁぁん 病んでる 傷んでるぅぅう

当然タイトル買いです
どう見たってあたしが食いつくに決まってるタイトルじゃないですか やだなぁ もぉッ!


呪詛・呪縛の 精神的・心理的 に縛りつけて自由を奪うその感じ

そんじょそこらの闇や病みより より重くより深くのし掛かるみたいで 苦痛の度合いでテンション上がるこちらとしては スペシャルディナーいただく気分です ←サイッテイッ!


内容を隅から隅まで書き連ねちゃう壮大なネタバレはしたくないのだけれど 何をどう言えばそうならないかがわからないくらい入り組んでます

関係性に狂気しかないのですよ

近親相姦はお嫌いですか? 幼児虐待は?
可愛さ余って憎さ百倍の延長でされる屈辱的な扱いや性的暴行は許せますか?
自分より哀れなものにしかその価値を見いだせないのは狂ってますか?
奪われるだけの人生をただ歩むしかない孤独を直視できますか?

なにより 直接的な描写はないものの 容易く想像できるその絵面に耐えられますか?


死んだ母親に絡む その息子と教師
その関係を同級生 しかも隣の席の恋人が知っている

起点が母親にある三角関係にプラスされるイカれボッチ
そんな簡単な話でもなく 三者三様ひどい呪い持ち

当たり前ですが 好き嫌い絶対わかれる作品です
正直 浮かれちんぽで読み始めたあたしですら 前半戦さっぱりわからないお話に読むのがイヤになったし

プラスされたイカれボッチの過去を知るあたりから 自分の哀れを他人を傷つけることでしか癒せない狂ったヤツしかいないんだってのがハッキリわかる仕様

だから最後が気になる 虐げられることを狂っていると感じながらも 逃げることもせずそこに留まり溺れている その息子は その恋人は

どう傷つき どう死ぬのか

うぅぅぅんッ! 唸らずにはいられない
自分で作り上げた呪詛に 他人の痛みを見れずにいた彼が死んだ瞬間

恨むべきは他人 自分じゃない
痛いも 嫌いも すべて自分で選んでいい


いやぁ すげぇわ 
ザクっと言ってしまえば ただの似たようなトラウマ持ち同士の救済もの
運命呪って自分呪って されど自分で溺れた闇のおかげで見つけたもの

タイトルの意味を思えば話の内容はどうであれ間違いなくハピエンだし 明るい未来はまだまだ見えなくとも自分を慈しみ愛しい人と共に生きる術は手にした訳で そこに報われた子がね うん 救いあげられてる ふたりが望む「普通」には程遠くとも

ただ教師がね 彼も報われればいいんだけど
愛した相手はもういないし 自分でかけた呪縛を拭う矛先すらなくなったし
他人につけられた傷より自分んでつけた傷の方が 意外に深くて治らないものだったりするんだよね


万人が諸手をあげて好きとはなかなか言えない作品だとは思うのだけれど 個人的にはなかなか面白く読めたわ

1

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う