テオ-THEO-

テオ-THEO-
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神29
  • 萌×219
  • 萌2
  • 中立7
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
234
評価数
57
平均
4.2 / 5
神率
50.9%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
一迅社
レーベル
gateauコミックス
発売日
価格
¥679(税抜)  
ISBN
9784758077576

あらすじ

人外×少年

この国には、魃(バツ)と呼ばれる神様がいる。
少年テオが仕えるのは、夢のように美しい魃・レイ。
血筋によって決められただけの主従関係だったが、次第にそれは恋心へと変わっていく。
そばにいたいと思う気持ちは日増しに強くなり
熱い身体に触れることも、心地よく感じるようになった。
しかし、魃は人間の数倍の速さで歳を取り
レイもまた、必ずテオより先に寿命を迎えるのだという――。

表題作テオ-THEO-

レイ、「魃」と呼ばれる神様
テオ、血筋によって決められたレイに仕える少年

その他の収録作品

  • あとがき
  • カバー下:キャラクター初期設定

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数7

雰囲気ある人外もの

火の神と、それに使役することを運命づけられた人間、テオの交流を描いた作品。

美しいがはかなく短い人生を送る主人、魃。テオは運命を受け入れ、かいがいしく魃の世話をする。
自分が人間と魃の間に生まれた子であることから、少しひねくれているおやかた様。しかし、決してゆるがないテオの前に、次第に心を開き、好意を持ちます。
テオも、美しく、いじわるそうでも実は寂しがり屋であまえんぼうの魃を好きに。。

しかし体を重ねると魃の寿命が縮む、というジレンマが。どうなるのかな?と思いきや、人間の血が入っているために、少し静養したら回復するということでした。

神様の設定が変わっていて楽しめました。

1

優しい

ちるちるで紹介されていた画が忘れられなかったんだよー
絶対好みだと思って読み始めて。
期待値上げまくって読んだのに、
すごく良かった(*´Д`)満ち足りた。

「あなたが使え、看取る主」
ずっと言い聞かされていた言葉。
母が使えていた主がなくなり、少し早く自分の主人となる男に
使えることになったテオ。
幼い頃一度だけみた美しい男。
再会した二人は~から始まるお話し。
緩やかな時間軸と少しずつ近づいていく距離と。

ガッツリBLというテイストではないのですが
こういう緩い優しい感じも悪くないなと思いました。
独特な世界感と二人の距離感が好き。
もう少し先の二人も見てみたい。

3

美しい表紙に惹かれて

表紙買いでした。とても美しく大好きな表紙です。設定も神さまと少年という好きな設定でファンタジーということもあり購入。テオくんが甲斐甲斐しく健気でとっても可愛い…!
内容が春夏秋冬の4部構成なのがとっても良かったです。読みやすい。とにかく雰囲気が良い!
絵だけでなく、世界観がとっても美しく引きこまれました。他の方も書かれていますが、初見時は「もしかしてバッドエンド?」と不安になりましたがハッピーエンドでした。良かった。エロは少なめ。作品の雰囲気にとても合っていて良かったです。

2

初々しくてかわいい

絵がとても綺麗で読みやすかったです。
がっつりBLを描いたのは初めてだと本書でおっしゃってましたが伏線もあったり、四季を感じさせる描写も多く、とても良かったと思います。
私は人外ものはあまり読まないのですが、絵が綺麗なのもあってさらっと読めてしまいました。

読んでいくうちに、まて、これもしかしてバッドエンドなんじゃ…と思わせるところもありましたが最後はハッピーエンドで後味も良かったです。

1

ぼくのかみさま

ちるちるさんのインタビュー記事を読んで、気になっていた一冊。
人外でありながら、四季BLというところに惹かれました。

魃(バツ)と呼ばれる捻くれ者の神様レイ。
血筋により彼に仕えるべくお屋敷にやって来た少年テオ。
舞台は一貫してレイのお屋敷であり、その閉鎖的な空間で、
ふたりが心を寄り添わせていく様子が、巡る季節と共に描かれています。

テオは、静かで従順と思いきや、頑固で意思が強く、
常にレイのために何かできないかを考えている
母性のような包容力を持つ男の子(フリフリエプロン常用)。
そんなテオに、はじめは捻くれ一徹だったレイ(グローブがセクシー)が
徐々に甘えるように構う姿が微笑ましい。
この黄金のキャラ設定は、読みやすいし萌えます♡

ただ、レイの魃としてのデティールにあやふやな部分もあって。
レイは人間とのハーフだから、普通の魃の体質と少し異なるのですが、
その寿命は普通の魃より長いのか、短いのか。
又、魃の痣を持たないとはどういうことを意味するのか等...
はじめて読んだ時は、答えのないあやふやさが気になったけど、
何度も読んでいるうちに、その設定はわざとぼかされているのでは、
と思うようになりました。

この物語のみどころは、何と言っても”切なさ”にあります。
どんなに想いを添わせても、
決して埋まることのない魃と人間の生きる速度の違い。
テオはそれを理解してレイのお世話をしているし、レイも然り。
だからこそ、次の季節への約束を交わすふたりの姿が一層尊く、愛おしい。
デティールのあやふやさは、ここを際立たせるためなのかも知れません。

印象的だったのは、近づくなと言われていた離れに、
籠り切りのレイの様子をテオが見に行くシーン。
テオとレイ、それぞれが本音を漏らす描写に胸が熱くなりました。
あと、花火のシーンもとても好き。

切ないけど、読後は春の暖かさが胸に広がる物語。
人外初心者や四季BL好きの方にもおすすめです☆
購入予定の方は、アニメイト限定描き下ろし小冊子(有償)ver.を是非。
最高にキュートなふたりに会えますよ♡

今作が初BLコミックスだというあおの先生。
今後も是非BLを描いて頂きたいです(*´-`*)

3

切なくて愛おしい

雰囲気ある絵柄でファンタジーな世界観に一気に引き込まれました。
人より短命な魃。
それを知りながらも甲斐甲斐しく攻めのお世話をしてあげる従順な受け。
親にも蔑まれ、孤独な攻めが、受けの温かさに触れて、一緒にいるうちに段々と心を寄せていく様子が丁寧に描かれています。
パチパチという火花のような音の正体、触れ合うことで命が削られていくなんて悲しすぎます。
ハッピーエンドなのにどこか物悲しくて寂しさが募ります。
少しでも長い間、2人が幸せでいられますように。。

1

切なく優しいファンタジー

とても雰囲気のあるファンタジーでした。
ほのぼのしていて終始優しいトーンで進むのですが、ひどく切ない部分もあって、思わず泣けてくる(´;ω;`)
好きな方は好きだろうなぁといった感じで。私も個人的にかなり好きな雰囲気でした。


内容です。
「魃」と呼ばれる神様が存在する世界。
そこで「魃」に仕える家系に生まれた少年・テオは、自分の仕える神様・レイと暮らし始めます。最初の他人行儀な関係から徐々に心を通わせ、やがてレイに恋心を抱くようになるテオ。しかし、レイの身体に異変が表れ-・・・。

お伽話風と申しますか、ちょっと浮き世離れした雰囲気で物語は進みます。また、1話毎のタイトルがとても素敵で「春」から始まり、「夏」「秋」そして「冬」で締めくくられます。
一年を通して、主従として出逢った二人が互いに淡い恋心を抱き、触れ合うようになり、辛い現実を知り、最後は笑顔で共に居る-。そんな日々が綴られています。
1巡して、最後の笑顔の二人が待つのは、あたたかい「春」になるんですね。

何も無かったレイの世界が、テオが現れた事により豊かに広がる。
作者さんも書かれてますが、テオが与えたものが「幸せ」だけではなく、もっと生きたいという生への執着だったり、一人の時には知らなかった「寂しい」という感情だったり、減ってしまった寿命だったり。

「魃」と言うのは、人間の半分ほどの寿命しか無いと言う設定なのですが、テオと触れ合った事により、更にレイの寿命は削られちゃうのです。
自分の寿命が減る事を知りながら、それでもテオに触れたレイに、その事実を知り、自分の浅はかさを責めるテオ。互いを想う故の苦しみと言うのは、本当に切ない(´;ω;`)
それでも二人とも、出逢えた事が確かに「幸せ」なんだろうなぁと思うと、切なくも感慨深い気持ちにさせてくれます。

そして、ラストはハッピーエンドなのですが、これまた泣けてくる優しいラストです。
二人とも、ちゃんと笑顔で幸せそうなのですが、これから二人を待つ未来が分かってるだけに切なくて仕方ない。
ただ、それでも二人で居られる時間を大切にしてくのでしょう。

ほんと、ジワジワ来る素敵な作品だと思います。
あと、エロは少な目。描写も控え目ですが、作品の雰囲気にあっていて、とても良かったです!

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ