パラダイスキス

paradise kiss

パラダイスキス
  • 電子単行本
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
6
評価数
2
平均
3 / 5
神率
0%
著者
吉田美野 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
小説
サークル
&Me BOOKS<サークル>
ジャンル
オリジナル
電子発売日
ISBN

あらすじ

「大丈夫。全部僕に任せてごらん。悪いようにはしないから」

慶人(けいと)の上司であり、友人であり、恋人だった男が結婚した。
二次会を抜け出し、バーで一人で泣いているところに声を掛けてきたのはグレイと名乗る彫りの深い精悍な顔をした男。
新郎の友人だというグレイに提案されたのは「二週間限定の個人秘書」のポジションで……。

社会的地位の高い男×健気系の王道?の非日常シンデレラストーリーBLです。

表題作パラダイスキス

グレイ・フィリップス,30代前半〜半ば,実業家
生嶋慶人,20代後半,秘書

レビュー投稿数1

海外旅行気分が楽しめる

Kindleおすすめ作品。中立寄りです。

かなり前に試し読みして冒頭シーンが面白そうだったので購入しました。エンディングでほんわりとした気持ちになりましたが、読み進めている間、お話の主旨がよくわからなくて入り込めず。

主人公・慶人の失恋を癒すゴージャスな海外旅行がストーリーのメインかと思いますが、旅行に誘ったグレイというセレブがスーパー攻め様、同行秘書役(仮)の慶人はツンデレ美人設定だということはわかりました。(グレイの瞳をやたらと「黒曜石」に喩えるのは萎えました…)

二人がバー"Opus"で出会った時、グレイはすでに慶人の前カレを知っていて、さらに慶人のことを気に入っているかのようにふるまいます。その理由は最後でわかるようになっているけれど、隠す必要あったのかな?

そもそも慶人と前カレ亜紀人の関係性があやふやで、特に亜紀人の心理がよくわかりません。グレイがいうように亜紀人に遊ばれていただけだったのかもしれないけれど、二人は恋人だったとはいえキスしかしていない間柄で、慶人は職場の後輩女性に亜紀人を寝取られても恨まないような善人なんです。二人は本当に恋人だったのかな?って疑問で。慶人が一方的にそう思っていたのなら、かなり痛いかも。

もう一つ、グレイがストレートを断言している点も理解しかねました。慶人が人として魅力があるから、ゲイとかストレートとかセクシュアリティは関係ない、ということでしょうか。それならセックスはしなくてもいいのでは?と。

そして、主人公の慶人です。元恋人の血縁者だったとしても、知り合ったばかりのグレイから仕事と称して海外旅行への同行を提案されて、ホイホイついていくのも真面目に軽率だなと感じました。おそらくバーで声を掛けられた時から完全にグレイにハマっちゃっていたのでしょうね。すっかりグレイに甘やかされて、旅行そのものを満喫しています。なんだかんだで結局は「自称ストレート」の男に優しく抱かれるわけですけど、重ね重ね申し訳ないですが、ストレートというのは同性とはセックスしないという意味ではないのでしょうか?そこを崩したいのなら、同性に欲情する・しないっていう聖域にぜひ斬り込んでいただきたかった。

傷心の慶人が新しい恋を手に入れるシンデレラストーリーといっていいですが、上のように腑に落ちない点があり、かつ個人的には慶人の魅力がいまいちわからなかったので、亜紀人が慶人に未練を残しているのも謎でした。体目当てだったら最悪…。最後、二人が出会ったバーに出てきた黒縁眼鏡の男も見当がつかずで…すみません、、。

あまり深掘りせずに他の作品『唇の温度』(イラスト推し)を読んでみようと思います。

0

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う