この一線越えたら“ただの友達"じゃなくなる? 同級生×再会×AV業界

午前2時のイレギュラー

gozen 2ji no irregular

午前2時のイレギュラー
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神11
  • 萌×29
  • 萌2
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
4
得点
100
評価数
26
平均
4 / 5
神率
42.3%
著者
円路 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
オーバーラップ
レーベル
リキューレコミックス
発売日
電子発売日
ISBN
9784824000385

あらすじ

就活ノイローゼから女性に掘られる“逆アナル"趣味に目覚めてしまったフリーターの縞は、深夜のアダルトショップで同級生の由木と偶然再会する。
学生時代と変わらない、ミステリアスな美形をなりゆきから家にあげることになり、多少ぎくしゃくしながらもSMの女王様AVで盛り上がる二人。
ところが性癖の暴露話は思いもよらぬ展開に……
「それって俺じゃ駄目かな、試してみようよ」
現役のゲイビ男優であると発覚した由木から誘いを受け――…

好奇心? 興味本位? いやいや現実逃避かも……にしたって、生々しく残るセックスの余韻がこびりついて離れない。
何もかも不器用な二人が行き着く人生と恋の終着点は!?
大注目の作家、円路デビューコミックス!

表題作午前2時のイレギュラー

由木彰人,ゲイビ男優
縞直路,フリーター

その他の収録作品

  • その後のはなし(描き下ろし)
  • カバー下:人物設定

レビュー投稿数4

これがデビュ―作だなんて!

電子での連載時に一目惚れをして、
1冊にまとまるのを心待ちにしていた作品でした。

今作がデビュー作とのことですが、少し線の太めのこなれ感ある画力に、
程よくシリアスかつコミカルでテンポよく進んでゆくストーリー、
クセの強めなキャラクター、ととても初作品とは思えない読み応えで
早速次作品が楽しみな作家さんでした。

以下、内容について↓↓
就活に失敗し、絶賛フリーター中の縞はある日、
深夜のアダルトショップで高校の同級生の由木と再会を果たします。

高校時代はそれ程親しかったわけでもない2人でしたが、
成り行きから縞の家で宅飲みをすることに。
酔いに任せて男二人でのAV観賞が始まり、“逆アナル趣味”を暴露する
縞に対し、由木は現在ゲイビ男優であることを告白してきて-。
雰囲気と気持ちよさに流された縞は由木に抱かれてしまうのでした。

この時点で恋愛感情はなかったものの、縞の方は身体を繋げて以来、
由木を“友人以上”の存在として意識し出してしまうようになります。

顔を合わせる度に想いは募り、由木からの好意を期待したり、
交友関係が気になったり、何気ない一言に傷ついてしまったり、
ぐるぐると悩んで、空回って、いつの間にか恋になっていて…。

縞は良くも悪くも真面目で平凡で、わかりやすい男でした。
だけど、その“平凡”さは平凡の中でも突き抜けて健全で善良な類で、
だからこそ“普通”とは違う由木を何のこともないように受け容れて、
彼の中にぽっかりとあいた穴を埋めることも出来たんだろうな、と。
由木への告白シーンでは「直路」という名前通り潔く、まっすぐに
言葉を伝えようとする縞が格好良かったです。

そして、対する由木ですが、実にわかりづらい男でした。
一文にすると、複雑な生い立ちや過去の失恋?などから色々と拗らせていて、
他人に無関心で、繋がりをもつことに臆病になってしまっている面倒くさい奴!
その上、由木視点の独白が少なく、クールで顔にも言葉にも出さないので、
基本何を考えているかわからない厄介な攻めでした。

ただ、わかりづらいながらも縞への執着や一緒にいるときの穏やかさなど
縞への“好き”は漏れ出ていて、そういうのもっと出していけばいいのに!と
じれじれしっぱなしでした。

恋人になってからはだいぶ表情筋も緩んで、かわいい、好き、と
縞にデレる姿にご褒美甘イチャを堪能させていただきました♡
ちなみに由木が男優を引退したのか、続けているのかは触れられずでした。
個人的には両想い後の攻めには身も心も受け一筋であってほしい派なので
辞めて制作側やプロデュース側に回ってくれてたらいいなぁと思いました。

周囲の人たちにフォローされてやっとくっついた縞と由木ですが、
多分この二人だけじゃくっつかなかったんだろうなぁと思います。
AV監督やSMクラブの女王様、と若干アクの強めなキャラたちですが、
そういう意味で脇役までおおいに魅力が溢れまくっておりました。
存在感がありすぎて、ついついスピンオフも期待してしまいそうです♪

0

さっぱりした恋愛が好きな方に

表紙の絵柄が好みだったので購入しましたが、気が付いたら電子含む特典全種集めていました……。

可愛らしい絵柄とは対照的に「逆アナル」「AV男優」という過激なワードの羅列にギャップを感じていましたが、濡れ場のピークは1話(と描き下ろし)で、それ以降は淡々とストーリーが進んでいきます。

その淡々とした描写が、この作品の好きなところです。
この2人は普通に出会って普通に恋愛をします。
大きな障害を2人で乗り越えて深まる愛……ではなく、「ちょっと可愛いな」とか「この人、自分のことが好きなのかもしれない」とか、そういう些細なことがきっかけで人を好きになる、現実的な恋愛だと思いました。
あと縞くんのホクロが可愛い。

固い絆で結ばれた恋人が好きな方には少し物足りないかもしれませんが、個人的には今冬イチオシです!
作家買いするぞ〜!と検索したら初単行本だったようで見つからず残念でした……。
次作も楽しみにしています。欲を言えば、また由木くんと縞くんに会いたいなぁと思ったりもします。

0

着地点が…?

絵が好みだったので読みました。
全ページを通して安定した画力でデビューコミックスとは思えません。

台詞の言い回しやモノローグも新鮮で良かったです!

由木は学生時代に縞のことが好きだったのかと最初思いましたが、そうではなく印象的な思い出を残してくれた存在…というところでしょうか。
家庭教師の先生が好きだったんですよね。

対する縞はノンケで好きな女子がいたので由木と縞の過去に恋愛感情は無かった。

そんなふたりが再会して好きになるわけですが、お互い好きになる過程が弱かった気がします。

あとは本編のラストページ、やたらフワッとしていたのも気になりました。
結局何を伝えたかったお話しなのかと考えてしまいました。

ペニバンの女性、監督、家庭教師の先生と脇キャラはそこそこ出てきますが、きっかけ作りはあったにしても作中を盛り上げてくれる存在かと聞かれると違うような。
当て馬が必ずいてほしいわけではないのですが、うーーん。

セッに関しては序盤にありますがそこがMAXでした。
もう少し見たかったのが本音です。
今後に期待したい作家さんだと思いました!

5

あまりエロくないゲイビ男優もの

デビューコミックとのことで、お初の作家さんなのですが絵が好みで、試し読みでも面白かったので購入しました。

ひょんなことから後ろに目覚めた受けが、同窓生と再会。その同窓生がなんとゲイビ男優で…というストーリー。
まあBLではありそうなお話なんですが、受けがSM嬢に掘られるとか、2人の過去の関わりとか、攻めの過去が関わってくると、今までにちょっとなかった目新しさが感じられました。

エロ目的で買ったつもりはなかったんですが、濡れ場がアッサリでホントにゲイビ男優か⁉︎っていう気持ちにはなりました。
とは言え、綺麗なお顔の2人なので、あまりにもドエロなのもちょっとちがうかなぁって気もするから丁度良かったのかな?

後半攻めの過去を救済(?)する展開になるのですが、片想いしてた家庭教師の彼と話し合えたのは良かったけど、どちらかと言うと親との確執の方が解決すべきじゃないのかな?
簡単に解決できるような問題ではなさそうだけど、家庭教師の彼との件はそんなに暗い影を落としていたように思えなかったもので…。

次作も楽しみにしております!

6

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う