幸福の王子様と―僕らの知らない物語―【単行本版(限定描き下ろし付き)】

kouhuku no oujisamato

幸福の王子様と―僕らの知らない物語―【単行本版(限定描き下ろし付き)】
  • 電子単行本
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神12
  • 萌×210
  • 萌5
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
116
評価数
28
平均
4.2 / 5
神率
42.9%
著者
日尾ねり 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
MUGENUP
レーベル
fujossyコミック
電子発売日
ISBN

あらすじ

【限定描き下ろし漫画付き!】
なぜ絵本には「王子様と王子様が幸せになる結末」がないのだろうか……

篠塚は披露宴会場で働くアラサーで独身のゲイ。日々、夫婦となる男女カップルを祝福し、その門出をサポートしている。
ある日、数多のカップルを目にしてきた同僚たちも色めき立つほどの“美形兄妹”がいるという披露宴が行われており、篠塚も納得の見目麗しい男性がそこにいた。しかし、その顔はどこかで見かけたような気がして―…?

ロマンチストな純朴リーマン×訳アリ王子様のちょっと切ないラブストーリー。二人の結末は、ハッピーエンドか、それとも……?

表題作幸福の王子様と―僕らの知らない物語―【単行本版(限定描き下ろし付き)】

篠塚詠一,ホテルバンケット部門主任
佐原和臣,スーパー社員

レビュー投稿数3

幸福の王子だって幸せになっていいんだよ

表紙がきれいで。読み始めたら絵がちょっとびっくりしたけど、すぐお話に夢中になりました。

佐原〜!そんなふうに考えなくていいのに!
でも反抗期や性の悩みで母親にキツく当たっていたら、死に際に家庭を持って幸せになってと言われたら…。

篠塚が優しくて佐原に寄り添いたい感じがすっごく良かったです。部下の、体をモノにしちゃえばみたいな台詞に引きましたが、そうじゃないんだよ!そんな人じゃないんだよ!

篠塚を好きになるほど辛くなる佐原。仲良くなれて浮かれてる篠塚と対照的でしたね。

そして佐原の自分は一人で…な理由が明らかになり。あのときは孤独で子供で困ってて頼れる大人もいなくて。でも汚れてなんかないよ!

何もかもを受け止めたい篠塚も王子様ですね。

幸福の王子。中学で学校祭で朗読劇したなあ。しかもバイトもホテルの宴会場で披露宴毎週やったなあ。なんか縁のあるお話かもなあ。

はぁ〜、良いお話でした。

0

優しい優しい物語

Pixivで既読でしたが、他の作品もずっと追って読んでた作家さまなので、単行本化記念に購入。

とっても優しい世界観の作品です。攻めの性格からしてもう優しい。こういう穏やかな攻め、安心して読めるので好きです。そんな攻めに、ずっと不幸を背負ってきた受けが出会い救われるという、ストーリーとしてはまあよくあるお話です。絵柄や作品としての完成度は正直高くはないです。たまにセリフが、独白形式の小説か?と思うくらいくどいですし。
ですが、この作家さまの描かれる作品は本当に嫌味のない優しさが溢れており、読むと癒されるんですよね。
ホッとできるお話が読みたいときにオススメできる作品です。

0

予測通りの展開

物足りないなという感想です。日尾えりさんの生み出す面白さがまだ発揮されていない頃の作品に感じます。

受けにそんな過去が!というエピソードが有ります。ここが一番の盛り上がりだと思うのですが、それでもすんなりとストーリーは流れていきます。

攻めの部下目線のお話が最後に有りまして、彼が日尾えりさんの生み出すキャラクターの面白さを少し垣間見せてくれます。

他の作品の方が好きなので、今後の商業での活躍期待しています。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う