アルファ野獣王子と宿命のオメガ

alpha yaju ouji to shukumei no omega

アルファ野獣王子と宿命のオメガ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
8
評価数
2
平均
4 / 5
神率
0%
著者
墨谷佐和 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
タカツキノボル 
媒体
小説
出版社
三交社
レーベル
ラルーナ文庫
発売日
電子発売日
ISBN
9784815532659

あらすじ

三百年に一度生まれる忌むべき存在のオメガといわれ、幼いリオンは森の中に捨てられた。かつて野獣族が治めていたが、悪しき魔術を操る魔獣族との戦いでどちらも滅び荒れ果ててしまった森の奥。荘厳な城に迷い込んだリオンは一人の少年に保護された。そこは僅かに生き残った野獣族が暮らす城で少年は王子ユリアスだった。彼らはある呪いをかけられていてそれを解く鍵こそオメガなのだが、リオンは何も知らぬまま十三年が経ち…。

表題作アルファ野獣王子と宿命のオメガ

ユリアス・ホーンバルト,15歳→28歳,野獣族の王子
リオン・アウレール,5歳→18歳

その他の収録作品

  • ただいま
  • あとがき

レビュー投稿数1

糖度120%のオメガバース×美女と〇獣

あらすじを拝見して購入。
この作品を端的に一言で言い表すと、オメガバース×美女と〇獣、といったところでしょうか。ネタバレ含んでいます。ご注意ください。




人、野獣族、魔獣族、の3つの種族が住まう世界が舞台のお話。

昔、領地を欲した魔獣族は、野獣族に人の住む国を襲い、領地を奪おうと持ち掛けた。が、野獣族はそれを拒否、魔獣族と野獣族は闘い、そしてともに滅びてしまった―。

間もなく5歳になるリオンは、その昔話が大好きだった。
が、リオンが5歳になった時にオメガの印が背中にあらわれてしまう。リオンは人の世界で300年に一人だけ生まれるオメガだった。そのために森に捨てられてしまうことになるが―。

というお話。

あらすじにも書いてあるのでここでも書いてしまいますが、魔獣族に襲われたときに野獣族の王子・ユリアスが呪いにかけられてしまう。そして、その呪いを解く鍵が、オメガであるリオン、と、まあそういうお話です。

オメガだからという理由で森に捨てられてしまう5歳の少年。
王であった父親を殺され、以来野獣族を守るために必死で生きてきた野獣のユリアス。
そして、たった一人生き残り、魔獣族の復活をもくろむ魔獣族の王子・グリフィス。

と、設定としてはかなりシリアス寄りなお話なんです。なんですが。

甘ーい!

めちゃめちゃ甘い。設定こそシリアスですが、ベースはかなり甘々です。
森に捨てられたリオンを庇護するユリアス、この二人の蜜月がたっぷり描かれているからですかね。ユリアスは野獣族にかけられた呪いをとくためにリオンに愛されなくてはならないのですが、決して無理強いすることはありません。まだ子どものリオンを、一心に愛し愛でるさまがなんとも紳士的でカッコいいのです。

そしてリオンも。
彼はオメガであるがゆえに捨てられてしまいますが、でも、彼の両親はリオンを守ろうと最後まで必死に抗います。そして森に捨てられてからもユリアスにでろでろに愛されて成長していくので、痛い展開になりようがない。

美女と〇獣を彷彿とさせるストーリー展開ですが、その有名な童話と大きく異なるのは、オメガバースものであること。そして、呪いをかけた魔獣族がいまだに彼らを狙っていること、そして野獣の姿ですかね。普段はイケメン、けれど本当の姿は…?といった感じ。

スパダリ攻め×薄幸受け、という風を装いながら、その実甘々なストーリー。
若干甘々すぎな感も無きにしも非ずで(個人的にはもう少し切なさとかシリアスさが加わっていた方が好きという好みの問題です)評価で悩みましたが、ユリアスがカッコよすぎて悶絶しっぱなし。でしたので、ちょっぴりおまけして萌え×2で。

痛い展開になったりシリアスに振り切ることはないので、甘くって優しいお話が読みたいときにはぴったりな1冊かと思われます。

3

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う