俺もルルも、おまえが大好きということだ

小説

  • 異世界の獣人王と癒やしの花嫁~不思議なベビーと三人幸せ育児生活~

異世界の獣人王と癒やしの花嫁~不思議なベビーと三人幸せ育児生活~

isekai no jujinou to iyashi no hanayome

  • 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作異世界の獣人王と癒やしの花嫁~不思議なベビーと三人幸せ育児生活~

ガーシュ,狼族の国ガイストの第二王子
高原優真,21歳,医科大学三年生

その他の収録作品

  • あとがき

あらすじ

医大生の優真には「傷を癒やす」という特別な力があるが、伯父に利用されて孤独な毎日を過ごしていた。
ある日、優真の部屋に不思議な狼の赤ちゃん・ルルが現れ『みつけたでちゅ! 』と声が聞こえた瞬間、ルルと一緒に狼獣人たちが暮らす異世界へトリップしてしまう。
俺様だが雄々しく美しい狼の王子ガーシュに「俺の花嫁になるためにおまえは召喚された」と求婚され、戸惑うものの、彼とルル三人で過ごす日々は、次第に優真にとってかけがえのない大切な時間になっていって……。預言が導く、世界を越えた恋物語。

作品情報

作品名
異世界の獣人王と癒やしの花嫁~不思議なベビーと三人幸せ育児生活~
著者
墨谷佐和 
イラスト
糸森ゆずほ 
媒体
小説
出版社
笠倉出版社
レーベル
クロスノベルス
発売日
電子発売日
ISBN
9784773060980
3

(12)

(2)

萌々

(3)

(2)

中立

(3)

趣味じゃない

(2)

レビュー数
3
得点
31
評価数
12
平均
3 / 5
神率
16.7%

レビュー投稿数3

受けの再生物語

墨谷先生の作品は「オメガ王子とアルファ王子の子だくさんスイートホーム」に次いで読むのは二作目です。

最初に読んだそちらの受けが好きになれずに、今作の受けも不安でしたが杞憂に終わりました。

優真は異世界に召喚された事に戸惑いつつも、最初からガーシュには好感を抱き、甥のルルの事は可愛いと好意を抱いてました。

優真はずっと伯父に抑圧されて育って来たので自分の気持ちを上手く話す事も出来なかったのですが、ガーシュの元で徐々に自分を取り戻して行きます。

ガーシュが預言の異世界の花嫁を喜ぶ理由に、優真がちょっと拘り過ぎた所がありましたが、ガーシュがどうして大陸フラウデルを統一したいかを優真に丁寧に説明していて好感が持てました。

このお話は大陸フラウデルで覇権争いをしている獅子族と狼族の決着がテーマではなくて、優真が伯父と決別して自らの生きる道を選ぶお話でした。
だから獅子族との戦いの場面もでなければ、敵方は一度も登場しません。

優真がガーシュと一緒にルルの世話をして、家族として過ごす暖かさを思い出し、自らの夢を叶えるべく未来へ進む再生の物語なのです。

最後に優真が生き生きとしていた姿と、ルルが生意気で可愛くて、ガーシュの溺愛ぶりにホッコリしました。

3

ほのぼのとした気持ちになれる作品

初めての作家様です。
獣人が好きなので購入しました。

優真(人間)には【傷を癒やす】という特別な力があるのですが、
父親と母親が亡くなってしまったことにより、その力を伯父に利用されながら生きています。
ある日、優真が家に帰ると犬のような動物が部屋にいてー…。
犬のような子は狼の赤ちゃんのルルなのですが
ルルがしゃべったと思ったら、アッという間に狼獣人の国のガイストにトリップしてしまいます。

そこからお話が始まっていくのですが、ガーシュ(獣人)がなかなかの不器用な男で
最初は優真を怖がらせてしまったりして、あぁ~…と思いながら読んでいました。
が、彼はガイストの王子ということもありとても男らしかったです。
ガーシュとルルの関係に疑問を抱きながら読んでいたのですが
その謎はわりとすぐにとけます(*´▽`*)

途中ちょっと色々あって、胸が痛くなって泣けちゃうシーンもあるのですが
基本的にはほのぼのとしており、私は好きなお話だなぁと思って読みました。
優真が優真の世界に戻って伯父と決別するシーンも好きでした。

これからはガイストで、ガーシュとルルと
もう生まれてくるであろう子供と共に幸せに暮らしていってほしいです。

1

うーん…

この方はプロの作家さんなんでしょうか?異世界なのは分かりますが説明文不足で世界観が全く掴めません。高い買い物でした。残念。

1

マンスリーレビューランキング(小説)一覧を見る>>

PAGE TOP