小説

  • アルファに恋した氷の王子様 ~極夜のオーロラと魔法の薬~

アルファに恋した氷の王子様 ~極夜のオーロラと魔法の薬~

alpha ni koi shita koori no oujisama ~kyokuya no aurora to mahou no kusuri~

  • 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作アルファに恋した氷の王子様 ~極夜のオーロラと魔法の薬~

アルベルト(α)、26歳、グリンワルドの王子
クリストフ(Ω)、18歳、ハルネスの王子

あらすじ

君が私の腕の中にいるなんて……夢みたいだ
オメガの運命を受け入れて生きてきた王子クリストフ。そこへ妹の突然の訃報が。嫁ぎ先であった慈悲深きアルファ、グリンワルド次期国王アルベルトに真相を求めるが…。

王族と言えど、オメガ。僕たちには大国のアルファに差し出される未来しかない――北の小国ハルネスの王子クリストフは、隣国グリンワルドの次期王アルベルトに嫁いだ妹がとうに亡くなっていたと知る。英雄と名高い、慈悲深きアルファではなかったのか…! どうしても信じられないクリストフは――「会いたかったよ、クリス」疑念を抱きつつも、アルベルトの陽だまりのような眼差しに凍った心は揺れに揺れ…。甥のジークフリートにも懐かれ、降って湧いた幸福に戸惑う日々。だが、初めてのヒートが訪れて…?

作品情報

作品名
アルファに恋した氷の王子様 ~極夜のオーロラと魔法の薬~
著者
墨谷佐和 
イラスト
柳ゆと 
媒体
小説
出版社
二見書房
レーベル
シャレード文庫
発売日
電子発売日
ISBN
9784576221618
3.4

(9)

(3)

萌々

(0)

(4)

中立

(2)

趣味じゃない

(0)

レビュー数
2
得点
29
評価数
9
平均
3.4 / 5
神率
33.3%

レビュー投稿数2

期待以上

大国のスパダリα王子×金髪美人Ω王子。

期待していた以上に面白くて驚きました。私の予想をひっくり返して、且つ引き込ませるストーリー展開。もちろん一気読みです。

表紙のイメージ的に、溺愛・ほのぼの子育てものかと思っていたんですけど、実は事件色が強いです。溺愛あまあまのスパダリに愛されるのが根底にあって、その上に、嫁いだ妹の死や祖国のきな臭い動きといったシリアスパートがあるといった感じです。

一応あらすじを読んでから購入したものの、あらすじでは物語の着地点がイマイチ想像できなくて、それも購入に踏み切ったきっかけです。表紙のお子ちゃまは妹の子で甥っ子。後添い的な感じなのかな…(ちょっとそれはやだな〜)…と。でも何かワケありプンプン臭もしたので、読んでみよっとなりました。


オメガバもので、オメガが卑下されている世界観です。加えて、同じバース同士・異性間同士で結婚しなきゃならない決まりがあります。

双子の妹・ソフィアの死を知った兄・クリストフが、妹の死の謎を調べるために嫁ぎ先のグリンワルド国に潜入し、王子であるアルベルトに出会うことから物語が始まります。

クリストフは妹の死の謎を探るべく、グリンワルド国の王宮でしばらく暮らすことになりますが、次第にアルベルトに強く惹かれていきます。
クリストフ的にはアルベルトがまだ妹のことを思っているんじゃないかな…と不安や嫉妬に駆られ、自分の気持ちを抑えようとします。でもアルベルトの方は、クリストフに猛烈アピール。普通なら喜ばしい展開ですが、この世界ではこの状況は困ったことなんです。

クリストフは発情した身体を鎮めるため、度々アルベルトに抱いてもらいます。しかし、それは禁忌事項。この世界ではアルファはアルファとしか出来ないからです。
厄介な設定だけど、これがあとあとキチッと回収されますのでご安心下さい^ ^


クリストフの妹の死と、甥っ子くんの出生の秘密、祖国の禁止薬の密輸と、バース・性別間婚姻規定問題が全部繋がっています。この謎の解明と解決が、すっごく見応えあって面白いんです。

それに物語冒頭の祖国の歌。
この歌が何かと登場するのですが、まさかの強力なメッセージ性を秘めていたとは、更に驚きでした。絡み合っている知恵の輪が解ける瞬間のように気持ちいい感覚。…こんな神秘的なネタまで入れちゃうなんて贅沢すぎる。
ページ的にそんなに多くないのに、よく一冊にまとまったなと思いました。もう少しページがあっても良いくらいです。


話もとっ散らかってないし、スッキリと見やすい。それなのにBL展開も忘れがちになっていない…むしろエロパートは濃厚。甥っ子くんの可愛さも合間に挟み、ほのぼの存在も置き去りになっていません。見どころ多すぎです。

クライマックスが良かった〜!
見たいもの全部見せてもらいました。
溺愛あまあま好きな私の好みではありますが、溺愛に終始していなくて、盛り盛りの見どころがたくさんありました。おススメの作品です。

6

オメガバ

ゆと先生挿絵だしオーロラってあったから購入。得意ではないオメガずくずくコースだったので申し訳ないです中立にしました。最後はむちゃくちゃ良かったんですけど。オメガずくずく大好物な方には良いのかも。本編240Pほど+あとがき。

双子の妹ソフィアが嫁いだあと音信が無く心配していたオメガのクリストフ。異母兄が「ソフィアが亡くなった」というのを聞き我慢できずに嫁ぎ先の隣国グリンデルワルドへ訪ねていき…と続きます。

攻め受け以外の登場人物とは
ジークフリート(ソフィアの子♂2歳)、エーリヒ(受けの異母兄)、ゼア(受けに長らく仕えている人)、ユージン(攻めの側近)ぐらい?

++攻め受けについて

攻めは変態臭無し、王道イケメン王子なんだと思います。個人的にビビってくる萌ポイントはなかったかなあ。ジークを大事にしているし、ソフィアの事情をちゃんと受け止められる理性ある方で良い方なんですけど。

受けが女々しいように感じられたのと計画性あるタイプには思えなくて、苦手だったなあ。ソフィアが心配だからって国飛び出したらあかんやん、あんためっちゃきれいなんやろ、そんなん悪いやつに捕まって売り飛ばされるやん…って思うじゃないですか。その後もあれやこれや後先考えてへんやろあんた!っちゅう振る舞いをなさるんで、どうにもこうにも。ヒートきたらぐっちょんぐっちょんですし。

キャラがあまり好きになれず盛り上がれなかった一冊でした。最後、生まれた子に名付けるシーンはよかったんですけどねえ…。

もしこちら買われるならコミコミさんのペーパー付きをおすすめします!今読んだんだけど、アルベルトめっちゃエエやつ!!!って思いました!

4

マンスリーレビューランキング(小説)一覧を見る>>

PAGE TOP