コマンドレッスン ご主人様は執事に支配されたい

command lesson

コマンドレッスン ご主人様は執事に支配されたい
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神8
  • 萌×27
  • 萌11
  • 中立2
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
7
得点
103
評価数
30
平均
3.6 / 5
神率
26.7%
著者
ヘンリエッタ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
アルファポリス
レーベル
アンダルシュコミックス
発売日
電子発売日
ISBN
9784434300561

あらすじ

家族から孤立しているDom家系の御曹司・千代太にとって、信頼できる人は執事の廉のみ。でも、廉とは主従関係であることから、ありのままの自分を愛してくれる人はいないと諦めていた。そんなある日、千代太は持病の発作からか、 突然発情してしまう。 すると、発情を抑えるため、 廉と一緒に“お勉強”をするようになって――。執事と主人、DomとSub、”コマンド”によって運命を超えてゆくDom/Subユニバース。

表題作コマンドレッスン ご主人様は執事に支配されたい

鷹司廉/専属執事
三条院千代太/名門家系の御曹司

レビュー投稿数7

逆転主従関係なのが面白い

Dom/Subユニバースが好きなので、購入しました。

千代田様がショタ感と可憐さが相まって可愛かったです。廉くんも執着系の攻め様で良かったです。逆転主従関係というのが面白く、Subだけど主人、domだけど執事。そんな関係性だけど相思相愛なのが伝わってきてすごく良かったです。

1

コテコテ逆転劇

身分差主従ものとDom/Subユニバースの融合。
そして逆転!となれば…?
想像できる展開そのままのベタ展開ではあります。

主人公はDom家系の名門・三条院家御曹司の千代太、19才。
そして、お付きの専属執事、鷹司廉。26才。

千代太は実はSub。しかし、自分はそれを知らずDomだと思っている。
そして、Subだと思って接している廉が本当はDom。
というねじれ主従BLです。
舞台設定はいわばコテコテ。
そこを彩る絵柄は華やか。
名家、御曹司、執事、使用人などなど舞台はなかなか耽美的で、豪華絢爛な背景に富裕層で美麗装飾の美形の攻めと受けが堪能できます。

身分が下ながら支配側のDomである廉は、無知で無垢の年下のSub・身分では主人の千代太を騙すようにコマンドで「調教」するような。

しかし、どうやらこの2人の始まりは千代太が幼児の頃から。
一般的にDom/Subでは「運命」概念は無いようだけど、多分この2人は運命。
Domとして千代太を支配するという事以上に、千代太を守りたい、守らなければという本能に突き動かされて千代太の執事になった…という側面をもっと出したほうが良かったのではないかと感じました。
Subの千代太も、ラストでは決定権は自分だ、というような強さを見せてくれました。
ねじれたDom/Sub、そしてやはり千代太の方が上位?そんな結末が面白かったです。


が、千代太がショタっぽくて、弟・久遠のパートナーSub美鶴は女の子かと思った。2組の受けの男度が低すぎる。
そこは「しゅみじゃない」です。

1

Dom/Subユニバースの世界観!

初めて読む作者でした!
Dom/Subユニバースを求め、見つけた作品で試し読みしたのち購読させて頂きました!


内容はDom/Subユニバースの世界でdomとして育てられたsubとそのsubに仕えている実はdomの執事の立場逆転のお話で、受け(sub)視点のお話です!
絵が凄く綺麗でショタ感のある千代田様の可憐さが表現されていてよかったです!
そして立場逆転しても執事として仕える廉くんと主人として振る舞う千代田様を見てDom/Subユニバース、主従関係ありきだけどちゃんとした相思相愛ですごく素敵だと思いました!
あと個人的にエロ要素をもう少しあると嬉しいなと思いました!


Dom/Subユニバースが苦手な方には刺さらないかもしれませんが、Dom/Subユニバースや主従関係が好きな方には特におすすめ出来る作品です!

2

甘いー!!!攻め様が甘えるとかもう!

いやー甘い!高糖度最高です。
DomSabバースもので、一番好きな作品になりました!正直、この世界観はイマイチわかったようなわからないようなフワフワしていていたのですが、まさに一緒にお勉強できました!
sab様めっちゃ可愛いくてたまりませんでした。ヒロインです。
が!
なんといってもDomのレン様、やばいですねー!スパダリっぽいのに甘えたりもするし、めちゃくちゃ一途で悲鳴ものでした。最高すぎる。溺愛っぷりも、優しい守り方もどこをとっても素晴らしかった!ちょっとヤンデレはいるのも良き良きでしたー!はーかっこよかった。。

ロマンチックでもあるこの作品、初めてDomSabの世界観にふれる人でも入りやすいんじゃないかなって思いました。

高糖度の溺愛攻め好きならおすすめです!

3

のえ丸

すみません、Subでした(;^ω^)
誤字失礼いたしました!

どっちがしゃべってるの?

タイトル通り、どっちが、誰がしゃべっている吹き出し?という場面が多々ありました。
主従関係とドムサブの組み合わせでこうなったら一番面白いよね、という組み合わせです。王道だと思います。
絵は綺麗ですがどんどんキャラたちの性格が変わっていきすぎていたような…。
ドムサブに限らず、オメガバースなどのあるあるで、第二の性を認めてしまえば転げ落ちるように第二の性に傾倒していってしまう、それが一番生きやすいという性自認の安定ゆえだけに性格の変化があって当然なのですが、ややその変貌の振り幅が大きいと感じました。
試し読みでとても興味を惹かれ購入しただけに、最初のインパクトはとてもありました。主従関係好き、ドムサブハードなものはイヤ、溺愛攻め好きを読みたい方にはおすすめです。

4

Dom/Subユニバース

Dom/Subユニバースの主従関係モノです。

御曹司の千代太はSubなのですが自分がSubだと知らずDomだと思って生きています。
執事の廉のこともSubだと思っています。
※実際は廉はDomです。

ある日千代太は、持病の発作からか発情してしまいます。
そこからお話が進んでいきます。

普段ツンツンしている千代太がSubスペースに入ると
すっごく素直なのがとてもよかったです。
ギャップ…!


廉が千代太に何故すべてを隠していたのか…。
Domの名家の長男がSubだと言うことを両親は許すはずがなく
致死量に近い量の制御薬を与えられていた千代太。
そんな千代太を守りたくて必死だった廉。
全てがわかったときに胸が熱くなり、そして苦しくなりました。
「貴方が生きやすい世界に連れて行きたかった…」
この言葉が全てを隠してた理由の全てなんですよね。

セーフワードについてもグッとくるものがあり
執着攻めが好きな私にはたまりませんでした。

絵柄も可愛くお話も面白かったです(*´▽`*)

6

昼夜で主従が入れ替わるDomSub♡

主従ものDomSub!!しかも主人は気づいてませんが、従者がDomで攻です♡♡

大学生(には見えない!)のチヨタはお金持ちの御子息。両親の言いつけで(?)別宅で生活している。持病の薬がいつも手放せない。そんなチヨタを支えるのが、執事のレン。どうみてもDom!だが、チヨタの従者兼Subとして彼に仕えている。

ある日、チヨタは持病の発作におそわれ、レンに助けられる。別宅に戻るも、症状が治らないチヨタに、レンは“新しいお薬”を飲ませる。しかし、症状は治らないどころか酷くなってしまう。そんなチヨタにレンが『Kneel』と言うと、チヨタはその場に座り込んでしまい、そのままサブスペースへ…!こっから『コマンドのお勉強』がはじまります(ここで気づかないチヨタはダイナミクスの知識がほぼないのかなー??

そこからは、いろいろありまして、、結局いい感じに纏まるのですが(超絶雑!)、見どころはやっぱり主従逆転です。昼間は偉そうにしてるご主人様(見た目ショタ!)が夜はとろっとろでだいしゅき♡オーラ全開で執事にくっついてる姿がたまりません♡♡♡♡口に指入れがセーヘキな方はかなり楽しめるかと♡

ところどころ作画の崩れが気になりますが、総じて面白い本です。ストーリーは、重い家庭環境?にたいしてちょっと軽めだったかな?一方的支配ではなく対等な関係のDomSub。二人のラブラブな続編を期待しちゃいます。

5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う