「神楽坂律は婚約破棄したくない!」コミコミスタジオオリジナル特典書き下ろし小冊子

kagurazaka ritsu ha konyakuhaki shitakunai

「神楽坂律は婚約破棄したくない!」コミコミスタジオオリジナル特典書き下ろし小冊子
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

31

レビュー数
4
得点
20
評価数
5
平均
4 / 5
神率
40%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
笠倉出版社
発売日
付いてきた作品(特典の場合)
神楽坂律は婚約破棄したくない!
ページ数
12ページ

あらすじ

コミコミスタジオさんで購入すると頂ける書き下ろし小冊子。

本編終了後、2月のまだ寒いあるの日。
理央が帰宅すると、3匹の猫と律が寝ていて…。

表題作「神楽坂律は婚約破棄したくない!」コミコミスタジオオリジナル特典書き下ろし小冊子

沓名理央
神楽坂律

レビュー投稿数4

新婚さん♡だわね~(*^^*)

いつも帰るコールをしてるので、理央が帰り着く頃には食事がすぐ食べられるよう準備してくれている律。
でも、今日は朝からにゃんこを激写していた理央はスマホを忘れていったようで。

おでんを煮込んで、理央が帰るのを待っている内に、律は床暖房とにゃんこの添い寝の天国へ誘われ、眠ってしまう。

一方、帰ってきた理央は、おでんの匂い+床で眠っている律とにゃんこ、という天国に出迎えられる事に。
すかさず激写です( ^ω^)

寝起きのトロンとした律といちゃいちゃしていたら、そのままベッドへ(*ノωノ)キャ

いや~♡3ページ程の、結構濃厚な理央視点のえちシーン、頂きましたヾ(*>∀<)ノ゙
甘々ラブラブ(≧∇≦)

母達が勝手に決めた今のマンションも『父さんローン』を使ってマイホームにするみたいで、偽装婚約から始まった2人は、すっかり新婚さんでした(*^^*)

3

寒い夜でも我が家は(あらゆる意味で)ぽかぽかです

千本品は『神楽坂律は婚約破棄したくない!』の
コミコミスタジオ特典小冊子です。

本編後、新婚さんな2人のお話です。

立春を過ぎたある金曜日の夜、
律は昨夜から準備しているおでんに想いを馳せながら
風の強さに負けないように帰宅します。

猫達の世話をひと通りして
おでんを煮込み始めた律でしたが
ソファの背もたれの所に眠るわらびとともに
リオのスマフォを見つけることになります。

理央が朝 タラを激写していた事を思い出し
メッセが届かなかった理由も判明します。

昼におでんと言う事はないだろうと
全ての準備を完了した律は
理央が帰ってくるまで本でも読もうとしますが

床暖房のぬくもりと背中につっいてきたゼンに
天国を体験する事となり・・・

A5サイズカラー表紙(カバー同イラスト)2段組にて
とある週末の2人のお話になります。

そして帰宅した莉央もまた天国を見る事となります。

北風の中歩き続けてきた理央の心身は
リビングに入るなりおでんの匂いで一気にほぐれた上に

本を傍らに置いて床に延びた律の
背中とお腹にタラとゼンがくっついて眠っていて
皆がすやすやと寝息を立てる姿は正に激写必須!!

ソファの背もたれに忘れていったスマフォを見つけ
無心にシャッターを切り始めるのですが
アングルを変えようと近寄って猫達に気付かれた事で
撮影会は中止となります。

着かえて戻ってきても律は夢の中で
可愛いなぁと見つめていると
律が目を覚まして「おかえり」と微笑まれたら
おでんよりも律が食べたくなる

・・・というまったりこっこりラブラブな小話でした♡

母親たちが用意したマンションも
猫達のために購入する事になりそうですが
何分お高い物件なのでまだまだいろいろありそうですが

2人にとってはそれもまた励みでなって良きかな♪
と思える幕引きで良かったです。

※他店舗特典(レビュー済)
フェア特典は結婚式に関するお話、
アアマゾン特典は新婚旅行に関するお話になります。

3

ほんと新婚さんね

先にレビューいただいていた方のタイトルに深く頷いたので、私もタイトルに「新婚さん」を。本編後日談で濡れシーンもちゃんとある幸せ小冊子です。

++

二人の母がセットアップした、今二人が暮らす部屋。床暖房あるんですよね。床暖房の魔力に負けた律。理央の帰宅待っているうちに床にくっついてしまって・・というお話です。

床暖房に添い寝する猫。そして漂ってくるおでんの香り。帰宅するなりこのシチュだと幸せ満載ですよね。しかも転がっている恋人が超かわいいときたら、こみ上げる幸福感で堪らんのでは。

腹減りでは?と思うんですけど先に律で満たしちゃおうとするところが、ああ新婚さんじゃんよ!とおもうお話でした!

2

小冊子で甘さを補充

理央と律がくっ付いたのが本編終盤で、律が初恋で童貞の理央との初めてはやっぱり最後の最後でした。

なので律の頭なでなでは沢山ありましたが、両思いになってからの触れ合いはその一度きりでした。

こちらのお話は2人が順調に愛を育んでいたことが分かります。一緒にお風呂まで入ってたし、あれから何度も身体を繋げたとありました。

おでんを作って待ってた律が床暖房で猫たちと寝落ちしてたり、帰宅した理央がその姿を激写したり、そのままエッチに突入したりとかなりのラブラブ具合で微笑ましかったです。

でも、それよりもいま借りてる部屋が売りに出される事になり、「父さんローン」で購入する事になったとありました。
理央のお父さん好きなのでちょっと嬉しくなりました。

1